バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 世論喚起に躍起になったものの「沈没してしまった集団」を猛烈に評価するメディアの負け惜しみは醜悪すぎる

<<   作成日時 : 2016/08/23 00:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

どうにも「世論を動かす」役割を担うのは、荷が重すぎた集団が解散して、
それをクローズアップしすぎて顰蹙を買うメディアの信用度の凋落は、
日本の「民意」にとっての「害虫並みの集団沈没」として歓迎だが・・・。

画像


メディアを風刺するたった一枚の画像のインパクトと、要点のはっきりしない長文のメディアの
論調では、ジャーナリズムとしては「風刺されたメディア」のまけっぷりが哀れである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(街頭政治 SEALDsが残したもの:3)野党共闘呼びかけへシフト 候補乱立で落選、変えたい
2016年8月20日05時00分

第2次安倍内閣が憲法の解釈を変え、それまで禁じられていた集団的自衛権を使えるようにする
閣議決定をした2014年7月1日から数日後。奥田愛基(あき)(24)ら学生約20人は東京・新宿
の居酒屋で、掘りごたつ式の個室にいた。
中央にいた奥田は、特定秘密保護法の廃止という特定の目標を掲げたそれまでの活動から、民
主主義や立憲主義を無視するようなやり方に抗議の声を上げる構想を披露した。
一人で書き上げた企画書には、「自由と民主主義のための学生緊急行動」という英訳の頭文字
から取ったSEALDs(シールズ)の目指す理念が網羅されていた。
奥田は、愛読する小熊英二の「〈民主〉と〈愛国〉」の一節を挙げてこう呼びかけた。「憲法に基づき、
自由と民主主義を守るために行動していこう」
名称にはあえて「緊急」という言葉を入れた。期限を区切らず活動を続けることはしんどい。さらに
1970年安保闘争の学生運動のように組織の論理が優先され、活動に賛同してくれる普通の学
生や一般市民の気持ちが離れてしまいかねないとの思いもあった。
こうして、翌15年の憲法記念日である5月3日、シールズは誕生した。活動の期限を16年夏の
参院選までと定め、それをもって解散することも決めた。
シールズはデモを行うだけの集団にとどまるつもりはなかった。脱原発デモが何十万人もの人を
集めて盛り上がりながらも、12年衆院選や13年参院選では野党が候補者を乱立させ、脱原発
や反原発を唱える候補者の落選が相次いだ。メンバーたちは、この流れを何とかしたかった。
結成間もない15年6月27日、シールズは渋谷ハチ公前で開いた安全保障関連法案の抗議集会
に元首相の菅直人や共産党委員長の志位和夫らを招いた。維新の党からも衆院議員の初鹿明
博が参加。野党共闘のはじまりとも言える瞬間だった。
音楽に乗り、奥田はマイクで「憲法違反のものをいくら議論しても、憲法違反なんだよ」と叫ぶ。
すると、議員が「違憲の安保法案は廃案」と呼応した。
9月18日夜、安保関連法が成立する数時間前のこと。国会では採決を強行しようとする与党に対
して、野党が抵抗していた。このとき、国会前デモの真ん中で本間信和(21)はコールを変えた。

 「野党はがんばれ!」

本間はその言葉に強い思いを込めた。「シールズは今日まで、デモを大規模化して国民の声を可
視化するフェーズだった。これからは野党共闘を求める活動に変わるんだ」
声に引き寄せられるように共産の志位が現れ、「皆さんの力による後押しで、野党が反対で結束で
きた。この野党共闘を、どんなことがあろうと今後も発展させていく」と語った。奥田はすかさず「次
の選挙、期待していいんですね」。志位は拳を突き上げ、うなずいた。
安保関連法は19日午前2時過ぎ、与党などの賛成多数で可決した。午前5時、奥田がマイクを握った。
「俺、全然信じてないですよ。また選挙の前になったらバラバラになるかもしれない。俺、支持政党
もないし、政治家からカネをもらっているわけでもないから言えることがある。野党が協力して国民
に向かってください」
(藤原慎一) 、
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12519811.html?rm=150
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昔であれば「ごく潰し」並みの存在の「レクチャーされなくちゃ行動出来ない集団」を、気味悪く
持ち上げるメディアも憐れではある。
幾ら長文を書き連ねても、それが響くことないものなら「消費され廃棄される無用なもの」
要は「ゴミくず」なのだが、別の面をみれば、これでも「禄を食める」となれば、いささか優雅な
職業ではある。



リンクしたものは、以前「ギターイントロ」で記憶に残るものはとかの記事を見て、いささか違った
感想を持ったので、ギター・イントロならこっちだろうというものを、それも「それが好き」な人々の
動画をリンクしてみた。
最初はブラック・サバスもの。違ったものがランクされていたがイントロとしてはこちらだろう。
ダサい文章と、懸命に演奏する「好きなものを、演じる者」の比較してみると、批判ばかりの駄文
に反吐が出て、懸命に演奏する姿が微笑ましくなる。
こういった比較をすると、ロックに政治を持ち込むなの「ブシロック」の批判も、当たり前となりそう。
反体制の存在だったものが、市民権を得ていった過程を知らなければ、こんなこともないのだが
「世間知らずの政治批判」は、さて擁護してくれるメディアか、批判しているネットか・・・。
まずは「なんでもイチャモン・メディア」の醜悪さ加減を・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲った体操の内村航平選手に対し無礼な質問をした記者を
擁護するかのような発言を朝日新聞の記者がTwitterで流し批判を浴びています。
これは朝日新聞のリオデジャネイロ特派員が語っているもので、外国人記者が「審判に好かれている
からいい得点が取れると感じていますか?」とあたかも採点がフェアではなかったのではないかとの印
象を与える質問をしたのに対し、内村選手が否定するとともに銀メダルを獲ったウクライナの選手が
「そういう質問は無駄だと思う」と一喝したシーンについて質問をした記者を擁護するかのような発言
をして批判を浴びています。
この記者は朝日新聞の記事を添付して「記者のテクニックだ」と主張。
「記者は時に、嫌がられたり的外れに思えたりする質問をわざとぶつけて選手の本音を引きだそうとし
ます。それもテクニックの一つ。この記者はいい反応を引き出しました。」
発言に先立っては内村選手に批判的とも言えるこんな言葉も投げていました。
「海外のアスリートでは、たびたび見かける光景です。日本からも、記者会見でこういったやりとりがで
きる選手が出てきて欲しいなと思います。」
この記者の意見に同意するという声は殆どありません。そもそも採点が公正ではなかったのではない
かと感じさせる質問は審査員を侮辱している上に、選手の反応を引き出すためなら手段を選ばずやる
べきだと受け止められる考え方にも嫌悪するとしてこの朝日新聞記者に対しては強い不快感を示すコ
メントが次々と寄せられています。
またこうした姿勢が「上から目線」「慢心」「驕り」といった印象につながっており、朝日新聞への不信感
を増幅させているようです。
「この場合その感想は不適切・不快です。それともこれが朝日新聞の社是でしょうか」
「あまりに上から目線で不愉快です」
「本人は『公平だった』としか答えてないからこの記者はテクニックすらなかったみたいですね」
「煽って怒らせるだけなら中学生でもできますよ」
「『報道無罪』ってことなのかな?記者は何やってもいい、と」
「非礼な質問をすることを『テクニック』と呼び肯定してしまうことに世間とのズレを感じました」
「朝日はこういった愚劣な質問を肯定するということですね?」
「いつまで経っても上目線のブン屋。偉そうに下衆なテクニックを語るな」
「貴方のような慢心した記者が報道の質を下げている自覚はありますか?」
「公平な審査をした審査員を侮辱した発言だ」
「選手たちはエンターテイナーではない」
「相手を不愉快にさせるようなテクニックなど。朝日新聞は普通にこんなことやるのか」
「他者を不快にするのがテクニックですか。程度が低い」
「また朝日の記者か。特権階級か何かと勘違いしてる人間のクズしかおらんのやな」

http://www.buzznews.jp/?p=2081367
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アサヒる言論機関の「ズレっぷり」は、こんなところにも発揮されて・・・。



ツッエペリンでは、載っていたハートブレイカーよりはこれが印象的なギター・イントロ。
そして「発狂メデイア」の醜悪さは、記者会見のしつこい「失言と言質とり」にありとばかり、
それに違和感あるところは、そのまま記事化しているのが笑える。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
記者「軍事的組織の自衛隊のトップとしてうかがうが、日中戦争から第2次世界大戦にいたる戦争は
侵略戦争か?」
稲田朋美防衛相「政府の見解は首相、官房長官に聞いていただきたい」

記者「侵略戦争か」
稲田朋美防衛相「侵略か侵略でないかというのは評価の問題であって、それは一概に言えない」

記者「あなたは侵略戦争だと思わないか
稲田朋美防衛相「個人的な見解をここで述べるべきではないと思います」

記者「答えられないならその理由を言ってほしい」
稲田朋美防衛相「ここで答える必要はない」

記者「軍事的組織のトップだから答える必要がある」
稲田朋美防衛相「何度も言いますけれども、歴史認識において、最も重要なことは客観的事実」

記者「侵略だと思うか思わないかと聞いている」
稲田朋美防衛相「この場で私の個人的な見解を述べる立場にはありません」

記者「防衛相としての見解を聞いている」
稲田朋美防衛相「今のご質問について答える立場にはありません」

記者「満州国を作ったのは侵略ではないのか」
稲田朋美防衛相「この場は歴史論争をする場ではない」

記者「歴史学者は普通、侵略と言う。侵略というのが一般の常識」
稲田朋美防衛相「最も重要なのは客観的事実」

記者「中国、韓国のリーダーと侵略かどうか知りませんと言って議論するのか」
稲田朋美防衛相「そういう単純な質問はないと思う」

http://www.sankei.com/politics/news/160805/plt1608050014-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
煽り立てをして「災いを呼ぶ」とか、全くもって「騒動に発展させる火付け役」に、
それらにシンパシィーを持つ人は、以下のようなあおりで批判に役立てる。

情報提供稲田防衛相が就任後の記者会見で、日本の戦争が侵略戦争か自衛戦争か
アジア解放の戦争だったか答えられず。


これは過疎ってる「ランキング」の中に見つけた表題ものだが、記者を無視しても
いいものを丁寧答えれば、こういった反応して「批判したいだけ」の見本。
火付け盗賊と、それを煽り立てる扇子持ちみたい・・・。



それらを想像するに「あの火病を発症したあちらの顔」が浮かんで来てゲンナリしてしまう。
この動画のような、緊張の中に楽しさを感じ懸命に演奏する姿とは、やたら違って見えてしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウが今年3月、若い女性たちが本人の意思に反してアダルト
ビデオ(AV)に出演させられている被害実態をまとめた報告書を発表して以降、AV業界をめぐ
って注目すべき大きな動きがあった。
政府は6月上旬、内閣府が民間団体からAV出演強要の被害状況をヒアリングするという閣議決
定をおこなった。また、6月中旬には、AV撮影現場に女性を派遣したとして、大手AVプロダクショ
ン(マネジメント会社)の元社長ら3人が労働者派遣法違反の疑いで摘発される事件もあった。
こうした一連の流れをどうみればいいのか、AV出演に関するトラブルに巻き込まれた女性たちを
支援する団体「ポルノ被害と性暴力を考える会」(PAPS/https://paps-jp.org)で、相談員として
活動している金尻カズナさんに聞いた。

●大手メーカーでも止められない「流れ」ができている

;AV出演に関するトラブルの相談状況は?
大手プロダクションが摘発された6月には、AV出演に関する相談が20件ありました(PAPSとライト
ウハウスの共同相談支援事業)。従来は多くて月10件ほどでしたから、突出した数字です。
このプロダクションに関する相談も多数ありました。沈黙を余儀なくされた人たちが「困ったことを
相談してもいいんだ」と思ったようです。
この事件は「被害の可視化」につながったと思います。「被害はごく一部」ではなく、むしろ「氷山の
一角だ」ということが証明されたと考えています。このプロダクションに所属する女性からの相談は、
もともと複数あって、注目していました。
;事件を受けて、AVメーカー(制作販売会社)でつくるNPO法人「知的財産振興会」(IPPA)は業界の
健全化に向けてプロダクション側に働きかけていく、という声明を発表した。どう評価するか?
わたしたちとしては一定の評価をしています。メーカーは映像を処分できる権限をもった「権利者」
です。そのメーカーの責任にもとづいて積極的に被害救済に取り組んでいただければと思います。
ほかにも、いろいろな団体が被害救済に向けて動いています。「被害をなくしたい」という考えは同じ
だと思うので、情報共有も必要になります。AV事業者全体の改善に向けて、ぜひ被害救済という観
点からご尽力いただければと思います。

〜続き・詳細 は引用元をご覧ください〜

弁護士ドットコム 2016年08月12日 10時05分
https://www.bengo4.com/other/n_4984/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この動きもいささか胡散臭い。
働きかけなら「現行の法律」の厳密運行なら、完璧に潰せるものだが、金を稼ぐのに
これしかないと思えば、いささか「売春の必要悪」ってなことも・・・。



このイントロも、聴いた時は衝撃的な気分だった。
何よりラテン風味の音調も新鮮だったし、これが入っていなかったのは意外だった。
ブラックマジック・ウーマンとかの言葉と「慰安婦」が被さって来て、古今東西古典的
職業は、なくなることなく続いていくなんて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国メディア・鳳凰網は中国版ツイッター「微博」を通じて3日、韓国メディアが
伝えた北朝鮮の“風俗嬢の実態”について紹介した。

韓国メディアが撮影・公開した動画で、北朝鮮の風俗業界の実態が初めて明ら
かになったという。
北朝鮮の貧困家庭の女性たちが家計を支えるために売春をし、特に辺境地帯
ではこうした女性たちが安く体を売っている。
インターネット上では過去に、「中国の農民がコメで北朝鮮の女性を買い、妻に
している」との情報も伝わった。
報道は2013年10月に中国新聞網が報じた内容と写真もリンクで紹介した。
この報道に中国のインターネット・ユーザーたちからコメントが殺到した。
一部を拾ってみる。

「中国に嫁に来るのは北朝鮮の女性だけど、中国で売春しているのは韓国人
じゃないの? (北京の)三里屯を歩いてみれば分かる」
「北朝鮮の女性が中国で売春って、聞いたことがない。韓国人は多いけど」
「真偽はおいといて、韓国人は人が売春するのを嘲笑する資格があるのか?
仮に売春したとしても、北朝鮮の人は生きるためだぞ。韓国人は?」
「本当だと思う。数年前に何かで読んだ。筆者の大学の友達のお兄さんの奥
さんは、こういう風に北朝鮮から嫁いできた人だったって」
「北朝鮮に行ったことがある。貧しくて閉鎖的だけど、売春や賭博はなさそうだった」
「そんな勝手に北朝鮮のこと悪く報じない方がいいぞ!」
「多くの女性が売春する理由は貧困。たくさんの国で同じようなものだ」

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/394301/

旧日本軍の慰安婦に対する日本政府の謝罪や賠償を求めている韓国の支援
団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の尹美香常任代表は12日、韓
国訪問中の村山富市元首相を「慰安婦問題に非常に大きな傷を与えた政治家
だ」と批判した。挺対協が毎週水曜日にソウルの日本大使館前で開く抗議集会
で述べた。
挺対協は、村山政権が進めた「アジア女性基金」による元慰安婦への償い金支
給について、日本政府が法的責任を認めたものではないとして受け取りに反対
してきた。
尹氏は村山氏について、野党時代の社会党(当時)は日本政府の責任を追及し
ていたが、首相になると立場を変え「日本政府は戦後補償をできない」と言い始
めたと指摘。「被害者の反対にもかかわらず、基金による(償い金)支給を強行
した」と主張した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140212/kor14021222460007-n1.htm

画像


前回の当欄(6日付)では平成5年8月、政府が慰安婦募集の強制性を認め
た河野談話と慰安婦に関する調査結果報告を発表するに際し、内閣外政審
議室がまとめた記者会見用の想定問答の「嘘」について指摘した。
今回は、同様に情報公開請求で入手した外務省による想定問答の「矛盾」を
指摘しておきたい。
A4判30枚、計24問について予想される質問と模範解答を記した文書では、
こんな質問が記されていた。
「(河野洋平)官房長官談話においては、朝鮮半島出身の従軍慰安婦の募集
などについて特記されているが、朝鮮半島と他の地域との間で慰安婦の募集
形態などに相違があったのか」
これに対する答えはあっさりとしたものだった。
「朝鮮半島と他の地域との間で、慰安婦の募集形態などに特段の差があった
とは考えていない」
また、関連して「朝鮮半島出身の従軍慰安婦の募集などについては、
『総じて本人たちの意思に反して行われた』と記述されているが、
これは、朝鮮半島と他の地域との間で慰安婦の募集形態に相違があったこと
を示しているのではないか」と追及された場合の回答文も全く同じだった。
ここから、外務省が河野談話の発表時点で、朝鮮半島もそれ以外の地域も、
慰安婦の募集形態は基本的に同じだったと明確に認識していたことが分かる。
現代史家の秦郁彦氏によると、慰安婦の約4割は日本人で、朝鮮半島出身者
は約2割だった。
想定問答に依拠すると河野談話は、理屈の上ではこの日本人慰安婦について
も募集の強制性を認めたものだとなる。
河野談話は慰安婦募集に関し「業者が主としてこれに当たった」とした上で、こ
う記述している。
「官憲等が直接これに加担したこともあった」
だが、進んで慰安婦になった者は少ないにしろ、日本で官憲(警察官や役人)が
慰安婦の強制的な募集に直接加担した悪辣(あくらつ)な事例があったと、これ
まで耳目にしたことがない。
日本がそうであるならば、想定問答が「募集形態は同じだった」と明言する朝鮮
半島でも、そんなことはなかったとしなければおかしいが、河野談話の趣旨は明
らかに異なる。
相互に矛盾する河野談話と想定問答の書きぶりから浮かび上がるのは、
結局、当時の宮沢喜一政権が韓国のご機嫌をとるためにやってもいないことをや
ったと認めただけであり、そのことを外務省も十分、自覚していたということだろう。
そう考えると、慰安婦問題の追及に熱心ないわゆる人権派が、
なぜ日本人慰安婦には無関心なのかという疑問も氷解する。
彼らは韓国をはじめ諸外国の元慰安婦に謝罪することで、「私は良心的だ」との
満足を得たいだけなのではないか。
筆者は12年10月、元慰安婦に一時金(償い金)を支給するアジア女性基金の理
事長だった村山富市元首相にインタビューし、こう問いかけたことがある。
「慰安婦の多くが日本人だったことはどう考えるのか。
今後は、日本人も一時金の支給対象とするつもりはあるのか」
すると、それまで能弁だった村山氏は「うっ」と言葉に詰まったきり、何も答えられ
なかった。
同胞の元慰安婦のことなど、それまで意識になかったのだろう。
(政治部編集委員)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140212/plc14021212470007-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140212/plc14021212470007-n2.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今更の以前の記事を見ていても、対外的交渉の「強行出来ぬ体質」が日本には
あり、それを汲んでくれる海外もないをメディアは理解しながら、追い詰めるのに
躍起になった後を見ているよう・・・。



ここも違ったものがリストされていたが、イントロとなればこれが完成形ではないか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
007 名無しさん (2014/02/13(木) 15:19:06 ID:EIH5GgBgmk)
散々殴打され、結局、元売春婦の前で「強制土下座謝罪」を
させられるソウル大学の李栄薫教授

画像


学生に殴られて、文化大革命みたいになり、結局は土下座。

画像


町中でも「併合時代はいいこともあった」と言っただけで
老人が撲殺される国。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
空恐ろしい「空気感」をかもし出している「一から十まで、歴史事実」なんてものは
なく、広めたものが真実になる恐怖は、御免被りたいものだ。



おっさんだって音楽を楽しみたい。
そしてこの人の曲がリストされていなかったのは意外だった。
一キロ先からでも、誰のギターか分かると「ジョン・レノン」に言わしめた人なのに・・・。
曲も「嵐のような女」って強烈だし・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オバマ米政権1期目に対日政策を取り仕切り、
「アジア重視外交」を推進したキャンベル前国務次官補は13日までに、
ワシントン市内で時事通信のインタビューに応じた。
キャンベル氏は、日韓関係悪化の要因である従軍慰安婦問題について
「法律ではなく『人道的視点』で取り組むことが鍵だ。
深い人間的なレベルで日本の同情と支援を示せばよい」と助言した。
キャンベル氏は、歴史問題をめぐる
「韓国の反応に日本が幾分疲れているのは承知している」
と理解を示した上で、
「日韓には共有する目標と価値がある。両者の国益に資する関係を見いだすこと
は可能だ」と述べ、関係改善への取り組みを促した。
昨年12月の安倍晋三首相の靖国神社参拝で日米関係がぎくしゃくしたことに関し
ては「日米間の信頼の度合いを心配している。
水面下の中傷も耳にした。
しかし(靖国参拝への)米国の立場や懸念は日本に十分に伝わっていると思う」
と指摘。
「日米は互いの関係と協力がいかに重要かを自覚する必要がある」と語った。
一方、現在の米中関係を「とても難しい」と述べ、
中国が南シナ海に防空識別圏を拡大した場合には
「中国が領有権を主張する南シナ海の『九段線』への懸念をはっきりと主張する」
と警告した。
他国の領有権問題に関与しない原則を転換し、フィリピンなど他の当事国と共に
中国の主張が国際法に違反しているとの立場を明確にすると言明した。
また、オバマ大統領の4月下旬のアジア歴訪について
「アジア重視の外交政策の深化と継続を明確にする意味がある。
現在の地域の緊張を踏まえれば、重要なメッセージになる」と主張。
中国近隣の米同盟国である日韓比3カ国訪問が、対中けん制になるとの認識も
示し‥

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140213-00000147-jij-n_ame

「慰安婦は売春婦」裏付ける米公文書の存在

義偉官房長官(65)は21日の記者会見で、従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍
の関与を認めた河野洋平官房長官談話の根拠となった元慰安婦による証言内
容を検証する意向を示した。
河野談話を発表した1993年当時、首相官邸の事務方トップとして関与した石原
信雄元官房副長官(87)が20日の衆院予算委員会に参考人として出席し、元
慰安婦の証言に基づき作成したが、裏付け調査はしなかったと明らかにしていた。
また、菅氏は米カリフォルニア州グレンデール市の日系人住民らが市に対し、旧
日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像の撤去を求め提訴したことに理解を
示した。
「史実を世界に発信する会」の茂木弘道事務局長はこう指摘する。
「慰安婦に関する最も重要な事実を記載してあるものとしては『アメリカの公文書』
が存在する。当時ビルマのミートキナを制圧した米軍が捕らえた韓国人慰安婦
20人に尋問した記録をまとめたもの。証拠価値が高いのは、直接の尋問記録で
あり、また別に訴訟のためではないから、変な誘導尋問をしているわけではなく、
客観性がかなり高い」
その「序」に「慰安婦は売春婦、もしくはプロのキャンプ・フォロワーにすぎない」と、
いわば結論が書かれているという。
「ヨーロッパでは、軍について商売するため売春婦がついていったようだが、それ
を『プロフェッショナル・キャンプ・フォロワー』と呼んでいる。公文書にも『戦場の
売春婦』と書いているわけである。それだけではない。慰安婦の生活状況がか
なり詳しく書かれている」(茂木氏)
生活状況の一部として、その稼ぎが記されている。平均して総計1500円稼ぎ、
そのうちの半分はマスター(前借りをした売春宿の主人)に払うので、750円稼
いでいると書かれているという。
「当時の日本軍の上等兵の月給は10円ほど。兵士の75倍の高給を稼いでい
たのが、韓国人慰安婦だった。
兵士の75倍稼ぐのが本当に『奴隷』なのでしょうか」と茂木氏。
日本がこのような情報発信をしない限り、米国で慰安婦像と決議案が増え続け
るだろう。

東スポWeb: 2014年02月23日 08時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/237461/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんな分かり切っていたものを、焚き付けて広げて「加担したメディア」の行状は
許されるものではない。
まして若者を利用・・・、この場合「洗脳して行動させる」というロボツト化も含む
から、その昔の反体制の行動様式から派生したロック音楽とでは、次元が違い
過ぎるってなものである。



こうして生まれてもいない時代の曲を懸命に演奏するティーン・エイジャーも
バカではない。
利用されていると悟れば、反発するものだ。それがないだけ「へんな集団」の
やり方はメディアや偏った思考法の人々の「思惑違い」になるのは当たり前である。
それにしても武道館で五百人しか入らなかったバンドの曲も、こうして語り継がれる
のは、誠に嬉しい限りである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世論喚起に躍起になったものの「沈没してしまった集団」を猛烈に評価するメディアの負け惜しみは醜悪すぎる バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる