バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民意識と乖離しすぎた政党「審議拒否したことない」のアホ加減

<<   作成日時 : 2017/06/05 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

法案成立が「自分達にとって、相当に不安を増殖」させのか、なにが何でも成立阻止
だけに「妨害を駆使する姿勢」を見せている政党やそれを援護する人々の様は、なんとも
国民意識を無視した蛮行だけなのに・・・。


画像

画像


この画像、誹謗・中傷も響かず、バカ発見器で晒された現政権批判の者達の蛮行を前もって
綴った「パロディ・コラジュ」・・・。
もっとも「褒め殺し」を理解出来ない人にとっては、素直な画像として批判もないのだが・・・。
以下のような議員の物言いが、日本国民を唖然とさせるものと同じくらい、「ダメだ、こりゃ」
の典型。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍首相が6月1日にラジオ番組の収録において、テロ等準備罪法案の国会審議について野党の
姿勢を批判したと報じられている件について、民進党の榛葉賀津也参議院国会対策委員長が激
しく反発しています。
多くの国民が不安を抱くわかりづらい法案だから「我々は徹底的に審議を求めてるわけですよ」と
語る榛葉国対委員長によると
榛葉「我々は1回も審議拒否とか、審議を止めるための議論なんかやってませんよ!」
だということで、その後も
榛葉「この善良な野党の態度に対してですね、それをあげつらうかのような、小馬鹿にしたようなこ
ういう発言を、法案提出されてるトップが言うんですよ」
榛葉「時には厳しく、時には専門的に、極めて紳士的に議論してますよ」 (抜粋)

http://www.buzznews.jp/?p=2108785
〜〜〜〜〜〜〜^〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
人のことを批判だけして、己の礼節には無頓着になると、何でもかんでも「相手が悪く」自分は
正しいとなるのだから、流石無神経な民族が傍にいると感化されるものだと、呆れる。


画像


何しろ中の人も、ぶっちゃけ「偏狭な視野」でしか物事を考えられぬ「税で禄を食む人」なのだから、
「朱に染まれば、赤くなる」の喩えは正しい
その人物のとりまきなんて、それに輪を掛けた偏狭の視野だもの「根絶させられる」側かも・・・。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


有田芳生@aritayoshifu
高世仁「安倍内閣の支持率が激減!」
異変の元は、首相のお友達ジャーナリスト山口敬之氏の準強姦事件。
報道された直後に53%程度だった内閣支持率が一気に26.7%になった!
普通の内閣なら倒れてもおかしくないスキャンダルを食らっても下がらなかった支持率がなんと
半減した。

ちぢれ麺@chidiremen11
下がった他党の支持率より、上がらない自党のことを直視しろってことです。

RK@rk_rk_is_no1
今、解散総選挙があれば、有田さんは法務大臣だな。おめでとう! 

身体で勝負のし〇りさん@prettydancer777
有田先生ねぇ、印象操作として自身も分かって書いているんでしょうが、それでは別の某所で同じ
ような調査してみて下さいよ?
自民支持率98%とかになっちゃうんじゃないですか?
それが無作為抽出の世論調査の結果に直結しますか?
こんな下らない印象操作でしか対抗出来ないとか情けないですね。

くっくり@六四天安門事件@boyakuri
日経の安倍内閣の支持率が25.4pt激減したと反安倍の方々が沸いている。あまりの減り方におかし
いなと思って元記事を見たらこうありました。

「クイックVoteの調査は世論調査とは異なり回答者に偏りがあり、全国の有権者の縮図といえるデ
ータ標本とはいえません。」

「とりわけ加計学園問題で政府に不満を持つ多くの方がアンケートに応じてくださったことで、異例
の低支持率につながった可能性があります。」
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17116690R30C17A5I00000/?df=3


はる/三春@みらい選挙プロジェクト@miraisyakai
日経クイックVoteの内閣支持率26.7%なんて全く意味がない。
加計学園というタイトルにひかれて政権に批判的な層が集まったため不支持が伸び、それを日刊
ゲンダイが取り上げたり左派が拡散した結果、組織的な投票が起こっただけだ。
こういうのを野党議員までが拡散するというのは嘆かわしい。

画像


民進で“内ゲバ” 原口一博衆院議員が「特定の議員が介入」とツイートに有田芳生参院議員が
「私が介入したというのか」

一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会が10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん
(61)の講演会を中止すると発表した問題で、民進党所属の国会議員がツイッター上で「場外乱闘」
を繰り広げている。
発端は4日、原口一博衆院議員(57)が発した「学生のイベントに特定の議員が介入したとも聞いて
いますが、何をしているのでしょうか。左右関係なく公人、議会人による権力の濫用は許されません。
考え方が違うからと講演の機会を邪魔するのは言論に対する冒涜です」というツイート。
これにかみついたのが有田芳生参院議員(65)。「原口さん、何を言っているんですか。
『ある議員』とは有田芳生を言い募るあまたの書き込みでしょう。あなたもそれを前提に書いてきたの
でしょう。問います。私が百田講演会にどう介入したというのか。ただちに具体的に明らかにせよ」
(原文ママ)と返した。
これに対し、原口氏は「有田さん、私があなたを前提にツイートしたとでも?何を根拠に?有田さんを
言い募る数多の書き込みなど見ていません。もし貴方だったら直接、聞けば済むことではないで
すか?」(原文ママ)と再反論。
有田氏は「原口さん では、あなたはだれのことを書いたのですか?すぐに明らかにできるでしょう。
ぜひ」「原口さん 起きていらっしゃるのですからすぐに具体的に答えてください」「『学生のイベントに
特定の議員が介入したとも聞いていますが何をしているのでしょうか。』こう書いたのは原口さんです。
では『特定の議員』とは誰ですか。有田芳生だと事実でないことが流布されています。原口さんは誰
のことを念頭にこうした書き込みをしたのですか。ただちに答えてください」と立て続けにツイッターに
投稿している。

http://www.sankei.com/politics/news/170605/plt1706050003-n1.html

画像


C.R.A.C. @cracjp
この本が書店で平積み展開されてるのを発展したら店員に文句を言いましょう。
わざわざ店長とか呼ばなくてよし。大声で怒鳴りたおしてよいレベルの差別扇動です。
#産経の社員でなくてよかった
https://twitter.com/cracjp/status/869487477735669760

セグトン @segutong
私どもの書店では「お客様の選ぶ自由」を尊重するため色んな本を展開しています。
店内で無闇に大声を出して怒鳴り散らすような迷惑なお客様がいらした場合、
速やかに警備会社に連絡すると同時に警察に通報させて頂いております。
店内で怒鳴る自由は尊重致しませんので悪しからず。
https://twitter.com/segutong/status/869838613151985664
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
たしなめられれば押し黙り、その憤懣をバカ発見器で爆発させる。
それが「先人が苦労して、被害者として地位を固めさせた」差別パクリだったというのに・・・。

画像


まるで「白人の蛮行」を、自称被害者の末裔が口にするのだから、救いようがない。

画像


「ストレンジ・フルーツ」の果実は、首を吊るされた黒人。
その昔のアメリカ南部の「白人の恥部」を、ここまで「無神経に出せる」偏狭さは、日本のメデイア
の、あるいは加担する政党やらの「忖度」を勘違いした「人としての一線を越えた非人間」なのだろう。
そんな人には、以下のような曲が似合うのだが、そのメロディーの軽快さは不釣合いなんだなぁ・・・。





一線を越えちまったなぁ、どうするよってな「人の道を外した」マリファナ吸いの世迷言の歌。
人の道の一線を越えるには、こんな自虐的ベトナム戦争後遺症の者もいれば、神経がぶっ飛んで
いるから、人としての振る舞いも、矜持も、まして慈愛の心なんて有り様がない。

で、以下のような以前のエントリーも参照される。

これぞ「姦流」の本流・・・、下半身犯罪と廃棄物海洋投棄
http://hagane0522.at.webry.info/201110/article_1.html

結論が以下の御本・・・。



韓国人に生まれなくてよかった
悟空出版
2017-05-25
武藤 正敏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国人に生まれなくてよかった の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国民意識と乖離しすぎた政党「審議拒否したことない」のアホ加減 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる