バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝える手法、くみ取れる語学力・・・。

<<   作成日時 : 2018/04/04 23:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

咄嗟の時の行動力は良しとしても、それを文字で伝えるメディアの配慮の根源は、以下のような
突発の時、読む人に誤解を与えて仕舞うかもの危惧は・・・。

画像


地方メディアの記事を読むと、「なんて旧態依然とした組織」と憤懣が上がりそうだが、同時に
動画を見てしまうと、活字のあやふやさが即座に浮かぶ。
それこそメディアの「印象操作」が活用されれば、批判が高まるだろう・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
京都府舞鶴市で4日に開催された大相撲舞鶴場所で、土俵上で多々見良三市長があいさつ中に倒れ、
複数の女性が土俵上で心臓マッサージなどをしていた際、女性は土俵から降りるようにとの場内アナウ
ンスが数回にわたり行われたことが分かった。

4/4(水) 19:37
京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000065-kyt-l26



他ソース
<春巡業、市長が土俵上で倒れて病院搬送 京都・舞鶴>
4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で、大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」の
あいさつをしていた多々見良三舞鶴市長(67)が土俵の上で倒れ、市内の病院に搬送された。
市によると、市長は意識があって会話はできているといい、命に別条はないとみられる。持病は把握
しておらず、原因については、精密検査で詳しく調べている。
巡業は、舞鶴市の市制施行75周年を記念して行われていた。
サンスポ 2018.4.4 19:43
http://www.sanspo.com/sports/news/20180404/sum18040419430003-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


7名無しさん@1周年2018/04/04(水) 22:52:01.96ID:h9HClY+s0

最初の女性2人が救命処置をしているときは放送無し
後から別の女性が来たところで「女性は下りてください」

付け加えると、救急が到着後、土俵に上がった女性がいたから「アナウンス」したものと思われ・・・。

だとすると、余計な人達の排除は現場の混乱を最小限に収める手段ではある。


画像


メディアでも、こんなところもあるし・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
森友問題での公文書改ざん、厚生労働省によるデータ捏造、保守系の自民議員が教育現場に介入
するなど、政府・与党の不祥事が相次いでいる。
その影響は、支持率の急落にあらわれた。朝日新聞が今月17、18日に実施した世論調査によると、
安倍内閣の支持率は31%で、前回調査の44%から13ポイントも急落。第二次安倍政権以降の5年あ
まりで最低の数字となった。不支持率も48%(前回37%)にのぼり、支持率を17ポイント上回った。
他社の世論調査も傾向は同じだ。支持率だけを記すと、毎日新聞は12ポイント減の33%、日本テレビ
(NNN)は13.7ポイント減の30.3%。
野党の攻勢は6月20日までの国会会期末まで続く可能性が高く、支持率が30%を割り込む「危険水域」
に突入寸前となっている。
与党内からは安倍批判が出始めた。22日には、伊吹文明・元衆院議長が「役人に対して国会議員にな
れば何でもできるという風に思っているのが、支持率が大きく下がってきた原因だ」と指摘。
公明党の井上義久幹事長は23日、前川喜平・前文科事務次官の授業について自民文科部会の幹部が
文科省に問い合わせをしたことに「極めて強い違和感を持っている」を批判した。
厚生労働省の不祥事に始まり、政治とカネ、そして政府関係者の自殺で内閣支持率が急激に
低下──。27日には国会で佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問があり、安倍政権がさらに大きな打撃
を受ける可能性が高い。
支持率低下の原因を並べると、失意のうちに退陣したあの内閣を思い出す人も多いだろう。そう、2006
年9月に発足し、わずか11カ月で崩壊した第一次安倍政権だ。
63%の高支持率でスタートした第一次安倍政権が「危険水域」に近づいたのは、07年6月。朝日新聞の
世論調査(07年6月2、3日実施)で、前月まで44%あった支持率が、30%に急降下した。この時、事務所
費の不透明な計上で野党の追及を受けていた松岡利勝・農林水産大臣(当時)が自殺。
そのほか、年金記録のずさんな管理で約5千万件のデータが宙に浮いていたことも発覚していたが、
対応が後手に回り、国民から厳しい批判を受けた。
支持挽回の時間もなく、そのまま7月の参院選に突入。その結果、民主党の60議席に対して自民党は
過去最低の37議席しか獲得できず、参院で与野党が逆転した。安倍首相は惨敗後も続投を表明した
ものの、8月に辞任に追い込まれた。
現在の安倍内閣の支持率は、すでに第一次安倍政権末期の水準にまで落ち込んでいる。自民議員
の危機感は日々、強くなっている。
第二次安倍政権以降で推進されている経済政策は、「アベノミクス」の名で官邸主導で進められている。
そこで事実上の政策の決定機関となって いるのは、「規制改革推進会議」や「未来投資会議」など、
安倍首相の諮問機関だ。
選挙に選ばれたわけでもない民間議員が政策決定に大きな影響力を持つことに、自民党内の反発は強い。
「彼らは、経済政策を決定できる権限があるのに、株式投資の制限もなく、資産公開も求められない。
あからさまに自分の所属する会社に利益誘導している民間議員もいるのに、政策は官邸から頭ごなし
に降ろしてくる」(自民議員)
アベノミクスでは地方政策が置き去りにされた。16年には、財界寄りの農業政策を推進してきた奥原正
明氏を農水省の事務次官に異例の抜擢。
現在は国有林の民間委託や漁業権の開放などの政策を進めようとしている。農水官僚も嘆く。
「農水省では農業の効率化と地方政策の両方を進めてきた。それが奥原次官になってから地方政策は
できなくなってしまった」
支持率急落を受けて、自民党内では官邸主導のアベノミクスに対する不満が爆発寸前だ。前出の自民
議員は言う。
「今の政策に対する党員の不満はかなり強い。今後は、現場無視の規制改革推進会議に対抗軸を作る。
これは党員の声なんだ」
今年秋に予定される総裁選では、党員にも投票権がある。ポスト安倍政権に向けて、自民党内の政局
が動き始めた。
「自民党が3月、党員らに対して行ったサンプル調査で、安倍首相支持は10%以下という厳しい結果が
出て幹部らに衝撃が走ったそうです。総裁選に出たら、石破(茂)さんはかなり地方票をとるだろう」
(自民党関係者)
このまま安倍一強が続けば、「07年の悪夢再来」を警戒する声も出始めている。
参院選では、地方の1人区が選挙の帰趨を決める。16年の参院選では自民の22勝11敗だったが、
「来年の参院選はそうはいかない」(前出の自民党議員)との見方が強い。
自民のベテラン議員は、こう話す。
「野党が参院選で一つの塊になって闘えば、このままでは与党は万事休すだ」
しかも来年は「亥年」。政界で亥年といえば、参院選と統一地方選が同じ年に実施される12年に1度の
「選挙イヤー」だ。第一次安倍政権が惨敗した07年参院選も、何が起こるかわからない「亥年の選挙」
だった。
このまま安倍政権でいくのか、それとも……。自民党の選択はいかに。

https://dot.asahi.com/dot/2018032300085.html?page=1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
悪意のある作文をやらせたらピカイチ。
ただ「便所の落書き」に近づいているのを、ジカクデキテイルカ・・・。

動画で見てみれば、何のことはない問題も、活字の悪意も滲めば、どんな顔で書いているのか
想像すると、きっと、あの目のつり上がった四角い顔で必死こいてが想像できて、うんざり・・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝える手法、くみ取れる語学力・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる