バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「老害」ジャーナリストの性根が女性に伝播した結果、無謀な突破力という活動家並みの操作加担

<<   作成日時 : 2018/06/01 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

メディアの劣化加減が「簡単に印象操作やらフェイク」と即座にバレてしまい、その上
「老害」と化している高齢者の「昔取った杵柄」でのみの発言の様は、公器としての役割
を自ら放棄しているとしか思えない。


画像



この画像は「日本放送協会」の番組キャラのものだが、ここでも「あからさまなインチキ」を
堂々披露して、即座に「嘘八百」が、バレてしまって信用度を自ら落としている。


画像



この画像の食堂「シナ料理」が看板にありを、わざわざ切り取っての「ラーメン」の命名だが、
演出を「露骨な差別」にしてしまうから、裏方の悪質さが滲んで、とたんに面白さが失われる。
まさに「嘘にまみれた」ところから真実へと塗り替える途上みたいな悪辣な意図を含んでいる。
これが政治に向かえば、「疑惑は深まった」と根拠なき戯れ言でも、一応は情報発信している
格好にはなる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「疑惑が見えますとか、そういう根拠のない質問はすべきではないと思う」。

菅義偉官房長官は28日の記者会見で、学校法人「加計学園」(岡山市)の大学獣医学部新設をめぐり、
民放番組の報道などを引用しながら繰り返し質問する東京新聞社会部記者に苦言を呈した。
記者は、安倍晋三首相が24日の神戸市での講演で、獣医学部の限定的な新設を「中途半端な妥協」
と表現したことに関し「(首相)秘書官の考えた(講演原稿)中にはなくて、(首相が)『あまりにもむかつ
いたから言った』ということだそうです」と述べ、政府の受け止めをただした。
菅氏は「事実かどうかまず確認した上で質問していただきたい」と求めた。それでも「疑惑の説明責任を
果たすべきではないか」などと質問を繰り返す記者に対し、相当の忍耐を強いられていたようだ。

http://www.sankei.com/politics/news/170628/plt1706280050-n1.html


画像



菅義偉(すがよしひで)官房長官は29日の記者会見で、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏に
薬を飲まされ乱暴されたとして、女性が警察に被害届を出した問題をめぐり、捜査に関わっていたとされ
る当時の警視庁幹部について、菅氏が報道関係者に「将来的に警察庁長官を考えている」と語ったかど
うかを問われ「あり得るわけがない」と不快感を示した。東京新聞の社会部記者の質問に答えた。
記者は、警視庁幹部を名指しした上で「この方の判断で当日の逮捕が取りやめられたことが事実として
出ている」と指摘。「私が取材したマスコミ関係者に聞いた」などとして事実関係をただした。
これに対して菅氏は「そういう憶測の質問は控えてほしい。本人の将来に関わることだ。質問されるので
あれば確かな事実をもとに質問すべきだ」と述べた。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20170627_24728
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
憶測の質問は控えてほしい

「疑惑は深まった」で、その根拠はなしってな「言いがかり」を続けて、疑心暗鬼に誘い込めば「上出来」
では、まさに「洗脳装置」付きジャナーリズムってことになる。


画像



「嘘も百編言えばウンタラ」なんてのは、日本では通用しないものなのに・・・。
そういえばここの社の「テレビコマーシャル」を見るが、出ているタレント、国民の意識からしたら
マイナスにしかならないと思うぞ・・・。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
望月衣塑子(もちづき・いそこ)/慶應義塾大学法学部卒。東京新聞社会部記者。千葉、神奈川、埼玉の
各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。著書に『武器輸出と日本企業』など

委員会採決省略の強行採決、実在した「怪文書」……。「安倍一強」のもと、自民党はなぜここまで傲慢
になってしまったのか。その源流を「政・官の関係」「派閥弱体化」「小選挙区制」の現場で考察し、いかに
して現在の一強体制が作られていったかを明らかにする。AERA 2017年6月26日号では自民党を大特集。
加計学園問題にからむ記者会見で、菅官房長官を動揺させ話題となった、東京新聞の望月衣塑子に話を
聞いた。

*  *  *
なぜ、こんなに追及が甘いのだろう? テレビで菅義偉官房長官の記者会見を見て、もやもやとした歯が
ゆさを感じていました。私は加計学園問題の取材を進めるなかで、キーマンは菅官房長官ではないかと
考え、発言を注視してきました。しかし、文書を「怪文書のたぐい」と切り捨て、「再調査は必要ない」と繰り
返すばかり。記者も二の矢、三の矢の質問をしない。これでは政府は動くわけがないと危機感が募りました。
私は政治部でなく、社会部の記者です。社会部で警察や検察の幹部とやりとりをしてきたなかで、執拗に
質問しないと、肝心なことを答えないことを、身に染みて知っています。答えをはぐらかし、時にはウソもつ
かれます。
官房長官会見での質問は1社あたり2、3問程度と低調な印象。番記者が官房長官を囲んで事実関係を確
認する場もあり、記者は「後で聞けばいい」かもしれませんが、それでは国民に伝わりません。
会見で、私は「再調査をしない理由」を繰り返しただしました。菅官房長官もはぐらかすのですが、「総理、
官房長官が(再調査不要と)判断したのでは」という問いには「あり得ません」と語気を強め、「現役の文科
省職員の証言はウソだと思うか」との質問には、「ウソだとは言っていない」と即座に言い返すなど、明らか
な変化もありました。会見が短くなったり、質問は1社1問までと制限が厳しくなったりと、官邸の嫌がらせを
危惧する番記者がいたかもしれません。各社の主張の違いはあっても、権力監視の観点では記者側は一
枚岩になるべきです。

(構成/編集部・作田裕史)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170620-00000047-sasahi-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ジャナリストなら、足で稼いで真実を自ら見つける気概を持てなのに、権力監視
の姿勢でなく、言葉尻を捉えてだけだから、全く「餌を与えて貰っての言いがかり」程度の楽な
仕事と貶される。


画像



そして耄碌して「足で稼げない老害」ともなると、その口も「ずれた感覚」を披瀝して、国民を唖然
させているなんて自省の精神なんてなくなってしまったから、国民から見れば「そろそろ大人しく
していてね、話は分かったから」と聞き流しになってしまう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
次々と新たな事実が明らかになるモリカケ問題。ジャーナリストの田原総一朗氏は、問われるべきは
安倍首相の進退だが、自民党の沈黙姿勢に苦言を呈する。

*  *  *
5月22日に新聞各紙が一斉に大きく報じた。2015年2月25日に安倍晋三首相が加計学園の加計孝太
郎理事長と面会していた、という記録が愛媛県の文書にあったというのである。
加計理事長が獣医学部の新設を目指していることを説明すると、安倍首相は「それはいい考えだ」と
積極的に応じたという。さらに、実はその前に加計学園側が、当時官房副長官だった加藤勝信氏と会
って、獣医学部の設置が「厳しい状況にある」と訴えているのである。加藤氏は記者会見でそのことを
認めている。
安倍首相が15年2月に加計理事長に会っていたとなると、すべてが極めてリアリティーを帯びてくる。
5月10日の衆参両院の予算委員会では、参考人として国会に呼ばれた柳瀬唯夫元首相秘書官が、
15年2月ごろから3回にわたって加計関係者と会っていたことがわかった。
少なからぬ大学が獣医学部の新設を政府に申請している中で、加計関係者とだけ、しかも3回も会
うというのは、どう考えてもえこひいきであり、表沙汰になれば、あきらかに問題になる。
しかも柳瀬氏は、首相から一切指示も受けていないし、報告もしていないというのである。
首相秘書官がえこひいきを手前勝手にやる、などということがありえるのか。そんなことをすれば、上
司である首相から怒られるはずである。私は柳瀬氏を経済産業省の課長時代からよく知っているが
、そんな手前勝手なことをする人物ではない。
国民のほとんどが、柳瀬氏は虚言を続けているのだろうと強く感じているはずだが、柳瀬氏はなぜ虚
言を続けなければならなかったのか。
安倍首相が15年2月25日に加計理事長と会い、加計の思惑に積極的に対応していたとなると、柳瀬
氏の行動がすべて納得できる。柳瀬氏は安倍首相の強い指示を受けて、加計の目論見を実現させ
るために頑張っていたわけだ。それではなぜ安倍首相の指示もなく、報告もしなかったと虚言を続け
たのか。
それは安倍首相を守るためである。
安倍首相は国会で、17年1月20日、つまり加計の獣医学部問題がすべて落着するまで、「何も知らな
かった」と言い切っていて、もしも柳瀬氏が「指示あり」「報告した」などと言うと、安倍首相のウソがバ
レて、首相の座が危うくなるからである。
だが、15年2月25日に加計理事長と会っていたとなると、安倍首相の国会での発言はウソだというこ
とになる。当然ながら、安倍首相は加計理事長と会っていたことを否定した。だが、国民の多くは安
倍発言を信用していない。
さらに、森友問題でも大変な事実が露呈した。安倍昭恵氏と問題の国有地の関わりが文書に記され
ていたことがわかった。こうなると、基本的には安倍首相はアウトである。
だが、現在の野党には安倍首相を辞めさせる力はない。そして、自民党内にも今度の問題で安倍首
相の責任を問うという声は起きていない。いってみれば、自民党議員のほとんどが安倍首相のイエス
マンになっているのである。それに、5月21日発表の朝日新聞の世論調査では、安倍内閣の支持率
は前回より5ポイント増の36%で、読売新聞では3ポイント増の42%と、いずれも増えている。安倍首
相はこうした中で、強引な突破を図るだろう。国民の一人として、それをどう捉えればいいのか。

※週刊朝日  2018年6月8日号
https://dot.asahi.com/wa/2018052900038.html?page=1


画像



トークショー終盤、観客からの質疑応答の場面で印象的な場面があった。質問を投げかけたのは現在、
大学1年生という18歳男性。自民党の「一強多弱」の状況を象徴するような「いまの若者の本音」に二人
はどう反応したか、そのやりとりをお届けする。

男性 私は18歳で、たぶんこの会場の中では一番若いと思うのですが…私はいま、この国にとても絶望
しています。一番まともに見える党が自民党で、ほかの野党はボロボロ、マスコミはマスコミでもう何やっ
てるかわからなくて…。

田原 ボロボロってどういうこと?

男性 なんというか…支持者があまりにも少ないように見えます。

田原 なんで少ないと思うの?

男性 信用されてないからでしょうか。

田原 違う。

男性 違いますか?

田原 あのね、日本というのは世界で極めて特殊な国なんですよ。アメリカでもヨーロッパでもだい
たい二大政党。アメリカで言えば共和党と民主党、イギリスでいえば保守党と労働党。
これは片方は保守で、片方はリベラルでしょう。

じゃあ保守とリベラルとどう違うか。保守は自由競争。政府は社会のことに介入しない。
自由競争だと、勝つほうが少なくて、負けるほうがどんどん大きくなる。そうなると、次の選挙でリベラル
が勝つ。リベラルは格差をなくすために、規制を設ける。そして、負けた人間を救うために、福祉・社会
保障にどんどん力をいれる。そうすると、財政が悪化する。そして次の選挙で保守が勝つ。つまり、ア
メリカでもヨーロッパでも、保守とリベラルが政権を変わりばんこでやってるわけです。
ところが日本は、自民党は保守政党なんだけど、やってることはリベラル。リベラルってことはバラマキ
をやってるんですよ。だから、保守なのに、1千兆の借金がある。一方で、民進党もリベラルでしょう。
だから自民党に対抗する対案が出せない。

(男性に)で、なんであなたは自民党に支持が集まると思うの? こんなにバラマキやって、あなたの頃
には年金なくなっちゃうよ?

男性 そうですね…でも(自民党が)「他よりマシ」という風に見えて仕方がないんです。

越智 逆に質問なのですが、我々があなたぐらいの年齢のとき、圧倒的に安保反対で、左の支持層が
多かったわけですよね。しかし、田原さんとあなたのやりとりを聞いていると、いまは若い人の意識がか
なり変わってきていると。これはどういう風に考えればいいんでしょう? 私たちの頃と比較して、あなた
たちはどう変わっているのでしょうか?

田原 そう、いまは二十代、三十代のような、若い層の方が自民党支持が多いでしょう? 年寄りの方
はわりに自民党支持が少ない。これをどう考える?

男性 なんといいますか、正直、「強い日本」への憧れがあると思います。かつての「経済大国ニッポン」
とか「アジアに広がる日本」というものへの憧れが…。

田原 それは何、中国や韓国に侵略したいってこと?

男性 侵略とはいいませんが…。「経済的に」というか。

田原 日中戦争や満州事変なんて、全部侵略戦争じゃない。それがいいわけ?

男性 いえ、人が死ぬというのはイヤなんですけど、「強い日本」というものが欲しいと感じています。

越智 私は、家内に面倒を見てもらうものと思って生きてきたのですが、どうやら家内の面倒は私が見な
ければならないようで(笑)。夫婦っていうのはしょうがないもんで、すぐ喧嘩になるんですね。喧嘩しない
でやっていくのは大変なことなんですけれども、それをやらずに進歩できることが「強さ」だという風に思い
返す日々です。ですから私があなたに言えることは、ぜひ「強さ」というものについての見方を鍛えて、あ
なた自身の「強さ」というものをなるべく早く掴んで頂きたい、ということですね。

田原 でもね、彼の言うことはよくわかる。あのね、自民党の歴代総理大臣は、誰も日本の安全保障に
ついて考えてこなかった。

ぼくは田中角栄以降、すべての総理大臣に取材してきた。例えば、竹下登というのがいる。
彼に「自衛隊というのはまったく戦えない軍隊だが、そんなんでいいのか」と聞いたことがある。
すると彼は「だからいいんだ」と。どういうことかと聞くと、「軍隊がいれば戦ってしまう、戦えないから日本
は平和なんだ」と。中曽根康弘という男がいる。彼は若いころから憲法改正、憲法改正と言っていた。
しかしいざ総理大臣になって、僕が憲法改正したらどうかと聞いてみると「悪いが田原さん、いまそれど
ころじゃないんだ」と。というのは当時レーガン大統領で、日本は(貿易の)自由化を必死にやらないと
いけなかった。

もう一人、小泉純一郎というのがいる。彼が総理大臣のとき、幹事長だった山崎拓が「そろそろ憲法改正
しよう」と提案した。それに小泉はOKして、舛添や与謝野たちが憲法草案を作った。
そして、いざ「憲法改正に打ち上げよう」となったとき、小泉は「それより郵政民営化が先だ」と。
そのとき山崎は頭にきて、ぼくに電話をかけてきた。「小泉の野郎が逃げちゃった!」と。

つまり、麻生太郎までは安全保障を考えるのがイヤだった。誰も安全保障について考えてこなかった。
そんなものはアメリカに任せとけばいいや、と。

だからいまになって「じゃあ日本はどうするんだ」という雰囲気が出てきていて、右翼の本が売れている。
「強い日本」を主張する、具体的に言うと、韓国と中国の悪口言うような本がよく売れているわけ。

http://blogos.com/article/229870/


画像



「安倍やめろ!」市民が大集会 加計問題幕引きは許さない
2017年06月22日 15時12分 日刊ゲンダイDIGITAL

新文書が次々出てきて、加計疑惑は底なし沼だ。国会が閉幕しても、安倍政権に対する国民の不信感
は高まるばかり。21日は参院の議員会館で、「安倍やめろ!!緊急市民集会」が開かれ、会場となった
講堂には満員となる200人以上が集まった。

国民の不信感は高まるばかり(C)日刊ゲンダイ
集会ではジャーナリストの高野孟氏や元経産官僚の古賀茂明氏らが登壇。森友・加計疑惑の徹底追及を
訴えた。
「国会会期末において安倍政権1強の堤防に穴があいた。これは安倍政権の“不潔感”によるものです。
安倍首相も菅官房長官も人格的に汚い。こうなったら、政権は弱くなる。だから、『このまま幕引きさせまじ』
という運動が大変大事になってきます」(高野孟氏)
菅官房長官を会見で追い詰めた東京新聞社会部記者の望月衣塑子氏が急きょ姿を見せると、会場は割れ
んばかりの拍手に包まれた。
「政権を敵に回してでも、自分が前に出なければと思った。皆さまのお力が私たちの原動力です。
良い政治を実現していきましょう」(望月衣塑子氏)
批判のうねりは安倍退陣まで続く。

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-398505/

冨永 格@tanutinn 5時間前
経験則だけど、有名無名のネトウヨが盛んに反応してくるのは彼らにとって痛いところをツイートされた時かな。

ミスターK@arapanman 5時間前
金子勝さんはそういう反応があると「効いてる効いてる」って嬉しくなるってラジオで言ってました。

冨永 格@tanutinn 4時間前
私は性格がいいのでそこまでは(笑)

https://twitter.com/tanutinn/status/878804602916712450

冨永 格
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3b/cd/7ea7483043ca4097b0e326c0fdd11a10.png

「天声人語」を6年間担当
http://www.asahi.com/shimbun/company/csr/journalism/topic2j.html


https://mobile.twitter.com/komoriku_n/status/878240628261269504
小森敦司
@komoriku_n
ひとつだけ確かなのは、福島の責任を果たさないというなら、東電はつぶすべきだということ。。
twitter.com/nhk_news/statu…

朝日新聞の記者がTwitterで「福島の責任果たさないなら東電つぶすべき」などと語り強い批判を浴び
ています。
これは朝日新聞経済部の記者が6月23日の夜から24日にかけて、東京電力の新会長による記者会見
発言を取り上げた記事を添付して語っていたもの。
「東電川村新会長『福島の責任を果たす』」と題されたNHKの記事の中では、6月23日に新会長に就任
した川村隆氏が同日の会見で「東京電力が稼ぐ力を備えた企業に生まれ変われれば、福島の責任も果
たすことができる」と述べ賠償や廃炉といった責任を果たしていく考えを示していました。
すると朝日新聞経済部の記者が「原発事故の対応費用の捻出のために原発の再稼働を。。
やっぱり、そういうことですか」とした後にこう語ったのです。
「ひとつだけ確かなのは、福島の責任を果たさないというなら、東電はつぶすべきだということ。。」
記者はその後も「コレだけは譲れません」と強調し、再度同趣旨の発言を投稿。
「何度でも書く。福島の責任を果たさないなら、東電はつぶすべき。そのために資本主義の原則を曲げた。
とーってもシンプル。」
川村新会長の発言については、その後公開された朝日新聞の記事によれば新潟県の柏崎刈羽原発の
再稼働による収益改善が柱のひとつ、とされていることからこうした事情を踏まえての発言だったと見ら
れますが、この記者の発言は多くの人々の感情を逆撫でしてしまったようです。
慰安婦報道問題で朝日新聞は責任を十分に果たしたと言えるのかという点からの「お前がいうな」的な
反応が多数寄せられている他、東京電力を仮に潰した場合に首都圏への電力供給をどうするのか考え
た上での発言なのかという疑問、更に一企業を「つぶすべき」とまで踏み込んだ発言が大手新聞社の記
者としては適当の範囲を超えているのではないかとの指摘も少なくありません。
但し、この記者は6月25日の朝、問題視されている発言については過去の連載記事からの引用だった、
と「種明かし」しており、感情に任せて書き綴った文章だったというわけではないようです。
「実は2016年はじめの連載『電力を問う』に登場させた官僚の言葉を借りました→嶋田(隆/現通商政策
局長)は15年夏、経産省に戻った。去り際、東電の幹部社員にこう言い残した。「東電は福島をやるため
に資本主義の原則を曲げてまで、つぶさなかった。福島を切り離すならつぶしたほうがいい」」
発言主の記者は「日本はなぜ脱原発できないのか:『原子力村』という利権」の著者でもある小森敦司氏
で、問題の発言は「東電はつぶすべき」「何度でも書く」と冷静さを失ったかのような書き口であったことか
ら反響を呼びましたが、実は他者の言葉を借りていたという「真相」が明らかになったところで改めて鮮明
になったのは未だ多くの人々が朝日新聞に対し強い不満を抱いているという点だったと言えそうです。
小森記者にぶつけられていたコメントの数々。


画像



「朝日新聞は日本国民にかけた迷惑の責任をきちんと取ったのか?」
「東電をつぶして被災者への賠償はどうするんだ」
「慰安婦問題の責任は取り終わったと思っているから言ってるの?」
「その理屈だと朝日新聞は解体が必要だな」
「他人の会社に口出す前に自分の会社をなんとかしろよ」
「えっらそうに。放射能が来る、とか言ってなかったかい?」
「新聞社の人間がこんな簡単に潰すとか口にしていいのか」
「新聞記者程度が偉そうに勘違いしてるんだろうなぁ」
「で、東電つぶした後の電力供給をどうするかまで説明してね」
「他人には厳しすぎるほど厳しいよなこういう連中は」
「朝日の中にだって良心的な記者はいるんだろ?何とか出来んのか」
「東電はなくなったら困るが朝日はなくなっても全く困らない」
「電力供給の責任も負ってないし、マスコミは無責任でいいねぇ」
「新聞記者ってそんなに偉いの?何でこんな調子乗ってんの」
「社の見解とは関係ないって都合良すぎるんだよ」
「こういう連中が書く新聞の程度などお察し」

http://www.buzznews.jp/?p=2109256


画像



1年以上にわたって国政を揺るがせた森友学園問題で、大阪地検は財務省前理財局長の佐川宣寿
(のぶひさ)氏ら国側の当時の関係者をいずれも刑事罰に問わないと判断した。8億円に及ぶ国有地
の値引き、国会をだました悪質な文書改ざんと意図的な廃棄。どれもが何ら罪にあたらないことに、
正直、釈然としない思いを禁じ得ない。
財務省は不起訴処分を受け、週明けに調査結果を公表する。政権はこれで一連の問題に区切りをつ
けたい構えだ。だが現段階で言えるのは、検察は現行法の枠内で犯罪にしないとしただけであり、社
会の良識や公務員倫理に照らして問題がなかったとの免罪符まで与えたものではないことだ。
最も重要なのは、9割近い金額がどのような経緯で差し引かれたのか、文書の改ざんと廃棄はだれの
指示でなぜ行われたのか、そのプロセスの解明にある。国の会計経理を監督する会計検査院も昨秋、
地中ごみの積算根拠の不十分さを指摘したが、文書廃棄を理由に調査を阻まれていた。検察も不起訴
を理由に経緯の詳細を明らかにしておらず、さまざまな疑惑はなお解消されないままだ。
国権の最高機関である国会は財務省の隠蔽(いんぺい)行為に翻弄(ほんろう)され続けてきた。
今こそ党派の枠を超え、調査の先頭に立つべきではないか。地検に資料提供を求め、捜査を理由に証
人喚問で核心部分の答弁を避けた佐川氏らを再招致する。重要法案を審議する通常の委員会とは別
の場を立ち上げる方法もある。過去にはロッキード事件で調査特別委員会が設けられた例もある。
国有地売却で過大な値引きが行われたのなら、被害者は税金を負担する国民だ。公文書の改ざん・
廃棄は民主主義への明らかな背信行為である。政治と官僚組織への信頼を回復させるためには、中
途半端な幕引きは許されない。

大阪社会部長 杉林浩典
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL504V8HL50PTIL017.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1年以上掛けて「自分達で大騒ぎした結果」が、何にも出来なかったの鬱憤晴らしの「文言」を
誰に読ませたいのか。
大騒ぎのしたが結果がなされない責任は自分に帰結するものだが、相手に責任を持たせるなら、
自分にも責任をとる覚悟はあるはずだが、天のまにまにでも住んでいるかの感覚で、ただ垂れ流した
「疑惑」なら、さっさと自分達で回収するべきだろう。





外国人に指摘されるまでに、そのみっともなさを自省しないと、国民からは見放される。
まして「あの変態」の持ち上げ方は、以下のような人にとったら、笑止の的だろう。
一年近くの「疑惑」も、たったの二行くらいですべて解決してしまう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
前川出会い系バー学園長に「お陰さまです」の心があるのだろうか。東大卒の学歴で生涯世渡りをして
きた人間から漂う「俺様は選ばれた人間」の鼻もちならないエリート臭。だから平気でお世話になった省
庁までも裏切れる。文科省ばかりではなく、こうしたデタラメ官僚がどれほど国益を毀損してきたことか

— 村西とおる (@Muranishi_Toru) 2017年6月15日


中小企業のお父さんは優秀な大学を出ても社会に出て使いモノにならない人間を大勢知っている。暗記
や計算には長けていても、人間の心の動きにはほとんど無知だからだ。社会に出てからは人間関係が
すべて。さしたる能力もないのにここまでやってこられたのは、ひとえに「お陰さまです」の心があったから

— 村西とおる (@Muranishi_Toru) 2017年6月15日


加計問題であぶり出されてきたのは、前川出会い系バー買春理事長という元高級官僚のどうしようもな
い人間失格。想像してみるがいい。出会い系バーに何十回も通ってこの男は鼻の下をのばし、貧困弱者
の女性を舌舐めずりをして獲物にしていたのだ。週刊文春のヤラセの記事などに惑わされてはならない

— 村西とおる (@Muranishi_Toru) 2017年6月17日


加計問題は森友問題と同じように一人のインチキ野郎が振り回した空騒ぎ、野党やメディアは正義のヒ
ーロー扱いをした籠池さまが詐欺で大阪府から告発されている事実をどう釈明するのだ。前川出会い系
バー買春友の会顧問に買春されました、の女性の存在があるのは客観的事実。天網恢恢疎にして漏らさず。

— 村西とおる (@Muranishi_Toru) 2017年6月18日


AKB総選挙の沖縄開催。豪雨で観客が入れず無観客の会場。吉本の沖縄映画祭にみられるように、なん
でも沖縄振興資金をアテにしてのイベントが招いたファン無視の結末。沖縄が梅雨のこの時期に、カネ目
当てでやっているからこんなことになる。メガネブタもカネに目がくらんでヤキが回ったのだろう

— 村西とおる (@Muranishi_Toru) 2017年6月18日


フジテレビ亀山社長さまが元所属女子アナの中野美奈子さまとのW不倫を暴露され、責任をとらされ社長
更迭。隠蔽に加担した遠藤専務は詰腹を切らされ、社長の座を逸す。かくてフジの社員にも春が来たが、
妖怪メリーと組んでSMAPを解散に追い込んだ日枝天皇の院政がどこまで続くか、やってみればいい

— 村西とおる (@Muranishi_Toru) 2017年6月19日


菅官房長官に23回の質問をぶつけて狼狽させた、と得意満面の望月衣塑子東京新聞記者。
記者とは名ばかりの活動家。安倍総理を糾弾する会に出席して壇上でアジテーション演説。
本来公正であるべき報道を私的な政治感情で歪めているとんだクワセ者。東京新聞はいつから活動家
の御用新聞になりしか

— 村西とおる (@Muranishi_Toru) 2017年6月20日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年のものを見ても、「疑惑」も「女性記者の存在」も、一刀両断。
無駄な時間の浪費は、メディアの劣化を加速させたようである。
世代によっては、ある程度の道程としての覚悟は、しているようだが、そういった覚悟をメディアの
人は持ち合わせないのだろうか・・・。





皆俺達を押さえつけようとしやがる(俺の世代について語ってんだ)
俺達があちこちウロウロするからって(俺の世代について語ってんだ)
奴らがすることはめちゃくちゃ冷たく見えるぜ(俺の世代について語ってんだ)
俺は年寄りになる前に死ねればいいと思ってる(俺の世代について語ってんだ)

これが俺の世代 これが俺の世代なんだよ、ベイビー

お前ら皆失せちまえよ(俺の世代について語ってんだ)
俺達が言うことに突っ込みいれようとすんじゃねぇ(俺の世代について語ってんだ)
俺はセンセーションを起こそうとしてんじゃねぇんだ(俺の世代について語ってんだ)
俺はただ俺の世代について語ってんだ(俺の世代について語ってんだ)

皆俺達を押さえつけようとしやがる(俺の世代について語ってんだ)
俺達があちこちウロウロするからって(俺の世代について語ってんだ)
奴らがすることはめちゃくちゃ冷たく見えるぜ(俺の世代について語ってんだ)
うさ、俺は年寄りになる前に死ねればいいと思ってる(俺の世代について語ってんだ)




「官僚とマスコミ」は?ばかり (PHP新書)
PHP研究所
橋 洋一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「官僚とマスコミ」は?ばかり (PHP新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「老害」ジャーナリストの性根が女性に伝播した結果、無謀な突破力という活動家並みの操作加担 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる