メティアの絵空事と現実の犯罪、天地程の隔たりはいかにして

過去の出来事を「反省しつつ、前を向く」のは、それなりの 姿勢として「当たり前」と認識出来るのだが、それを後生大事 に「継承させ得る」となると、なんだかなぁと成長を拒否した 「人知外」を見せつけられているようで・・・。 この「捏造のメディア」の功罪とくれば、口を尽くして 「反省」が先に出れば、それなりに国民も「許す姿…
コメント:0

続きを読むread more

騒動がおかしな方向へ、紅衛兵化する「デモ参加者」

火種が残ったままだったのか、それとも他の火付けが突如とし て、起こったのか、「ポリコレ」の極地のような騒動が広がり 「あらっあら」な展開していると、裏でほくそ笑む「やから」 が、いたりして・・・。 画像のような「極端な思考」への警鐘には頷けてくるし、 騒動の展開が「歴史修正」へと動けば、裏での暗躍が忍ばれて 「い…
コメント:0

続きを読むread more

自国民が褒められれば怒り、貶されれば喜ぶ、とっても変な人々

人の品格やら民度には、自ずと土壌の脈々と息づく「伝統」と かも作用して、突然変異が起きたものではないのだが・・・。 画像の「兎跳び」の根性論には、今では批判も集まりそうだが、 これを個人が延々と続けている分には、他のものがとやかく言う のはどうかと思う。 何よりこの場面でも分かる「何かを得ようとか、下心とか」で …
コメント:0

続きを読むread more

「バカ発見器」の活用も、ヤラセのテレビ・メディアの胡散臭さに惑わされる

年々メディアの劣化具合が酷くなり、信頼される報道がなくな って久しいが、自己保身に長けている「やから」は自己責任は 回避しながら、それをよそに押しつけるのは得意と来ている。 テレビ・メディアも「世論を形成」するのでなく、「世論を 作り出す」を映像の裏でせっせとやらかし、台本を読むアナウ ンサーも「文字読みロボット」…
コメント:0

続きを読むread more

ロンダリングに見える少数の「問題提議」、いやらしい手法はありか?

ロンダリングすることで、雪だるま式に「賛同が増えている」 と、一部の人の意見を大衆化のツールとして「バカ発見器」の 有用性を悪用すれば、世論喚起が出来そう・・・。 この問題が急速に広がる原因は、さて「どごぞの手法」を まねた「少数意見を多数に見せかける」怪しさ全開で、国民の 関心があるとは思えないし、第一芸能関係が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ・メディアの汚鮮度、救いがたく国民からそっぽを向かれる。

テレビ・メディアの「偏向報道」も、巣ごもりしている多くの 人々の目に触れるからか、即座に「批判が集中」して謝罪に 追い込まれると「監視の鋭さ」に戦々恐々、真っ当な報道は とうの昔に廃れているのは「汚鮮度」の表れか・・・。 アンケートを取れば、「批判のみ」の政党など論外であるを 如実に表れて、国民意識の高さは示される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗黒大陸の「四面楚歌」と偏向メディアの忖度

これまでだったら「大型連休」には、民族移動みたいなもので あちこちへの情報が溢れるものだったが、この騒動は、「習近 平」をもじった警鐘となって、ひっそりとしかし怒りは三密 を強いる「武漢ウィルス」へと向かう。 当然の回帰として、発生源への究明は誰でも異論のないものだ ろう。 なにより「まるで暗黒大陸」みたいな様々…
コメント:0

続きを読むread more

「社会常識に欠けている」のは、知らせるべきメディアやトンデモさんの人では・・・。

災害やらの起った時の言動によっては、その地金が現れて、 とたんに信頼失墜へと追い込まれる、普段は理想的戯れ言を 並べていた「やから」の多いこと・・・。 その代表なのが「メディア」の中の人ってな具合で、地金の 隠されていた「差別意識」がひよっいと出て来て口あんぐり。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
コメント:0

続きを読むread more

隠避体質という独裁政権とパフォーマンス乞食の小物感

そもそもの元となれば、中共の隠避体質が拡大の一途を辿る 元となったのはめいはくなのに、如何せん情報統制に長けた だけに「批判の中心」からずれるのに懸命で「情報の一元化」 で、感染のそもそもが一向に明らかにされない・・・。 陰謀論でなくとも「そもそもの元」が、原因究明に乗り出し て「原因究明」に各国と協力すれば、防護…
コメント:0

続きを読むread more

寄生先も、映画どころでないというのに・・・。

パニックに陥り、「自分の言動」があやふやなのを自覚してい ないらしい「人々」は、つい先日までの「運動の目的」すら 忘れてしまい、「報復に躍起」で醜態をさらすと・・・。 哀れを通り越して、「人間として付き合い」出来ぬと悟る。 「運動」も尻つぼみで、「いつでも怒っている」とかでは、 いくら日本のメディアが「唾を飛ばして…
コメント:0

続きを読むread more

気色悪い書き込み、先導するメディアの愚劣さ・・・。

感染拡大と共に、何かと騒動を大きくしたい勢力とかが「不安」 を煽るやり方が目につくのだが、その裏にある「命の重さ」の 軽視ともとれる言動はいかに・・・。 感染の広がりと「検査不足」を繋がれば、騒動を大きくしたい 人にとって格好のものと映るのか、なんともな言動は慎むべき と思うのだが・・・。 ~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつまでたっても一つのことにこだわった政治活動は、国民生活に全く寄与しない。

「コスパ」がいいとかの言葉が費用対効果の良さを表して久し いが、さて国会の経費と議論の様はいかがとなれば・・・。 トホホとしか・・ 国会中継を見ていたら、いつの間にか退席した議員とかで テレビ画面は空しい空間からイメージ映像を延々流すという 苦肉の策を垂れ流し、それを見ていれば「コスパ」のなさに 嘆かわしい限りと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「罵詈雑言」を繰り返すのは・・・。自己嫌悪に陥らない不思議なメンタルかいな

言葉を紡ぐ行為というのは、「心のストリップ」の側面もあり、 ときたま「良くこんなこと書けるなぁ」と関心いや軽蔑して しまうなんてのは散見つれるのだが・・・。 それがメディアであったなら、売文屋が一丁前にと・・・。 とりわけ「かの国」が絡むと、空恐ろしく「極度の忖度」が 滲んで、読んでいる方が恥ずかしくなるジャーナリ…
コメント:0

続きを読むread more

ヘイト、ヘイトで陽が暮れる。なんとまぁ、国民意識とメディアの乖離は・・・。

今年も暮れていきます・・・。 感情を押し込んででも、嫌悪出来ないこんな世の中じゃ・・・。 メディアのしたり顔は、まったくうんざりだ。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ (社説余滴)日韓慰安婦合意の悲哀 箱田哲也 日本と韓国が交わした何とも不憫(ふびん)な約束である。 ちょうど4年前の昨日、…
コメント:0

続きを読むread more

歳費を浪費するあるいは国民を愚弄する「やから」、日本の議員、メディアとしての品格はあるのか

「桜を見る会」ウンタラでの「問題化」が、メディアやらの思 惑と国民意識が隔離して、倒閣へと進まないのは、単に日本メ ディアの影響力の低下が、国民に周知された結果か・・・。 テレビ・メディアでも「アアタラ。ウウタラ」と垂れ流されて も、「「そりゃ、良かったね」と聞く耳持たずと・・・。 何より慣例となった催し物となれば…
コメント:0

続きを読むread more

言論駆使してもフェイク臭が漂えば、いつものせせら笑いされるメディアの哀れ

さすがにこれまでの捏造・偏向ぶりが周知されてしまったメデ ィアの凋落ぶりは、自業自得なのだが、そこがおこなった過ち に、今後も国民は苦しめられるとしたら・・・。 こんな画像の批判も頷けるメディアは、今更ながらに「信頼」 から一番遠い存在として、今日も今日とて「相変わらずな 言い分をまき散らす」。 匿名だから誰だか…
コメント:0

続きを読むread more

「虚栄心」を「プライド」とか、クレーマーに付き纏う事大主義の事なかれがつけ上がらせる。

クレーマーの典型的言動を見せてくれる「反面教師役」を演じ る「かの国」について、誰でもうんざりさせられるしつこさだ けは、ある程度参考にする薬味の貴重さはあるかも・・・。 ただし「つけあがる精神」がない日本ならではあるが・・・。 一つの騒動を見るだけで、さすがに政治でもスポーツでも「クレ ーマー」の元祖、本家は「か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「内心の自由」を謳歌すれば、「要らないものは、要らない」

要るか、要らないかとなれば、圧倒的に「ある種のクレーマー」 なぞ、誰でも「要らない」となるが、それではならじの「勢力」 がとち狂ったように「ヘイト」と泣き叫べは、国民は「どん引 き」して、ますます「要らないものは、要らない」になる。 一年前の出来事を「忘れるものではない」はずだが、都合良く 「加害者側にたつと」忘却…
コメント:0

続きを読むread more

自国の目線を持たぬ「元祖火付けメディア」、一丁前の文句垂れだが国民は「馬耳東風」

「表現の自由」が脅かされるとかの「戯れ言」を延々垂れ流す メディアの言も、今では鼻でせせら笑われる「品格のなさ」は、 偏狭な人々には受けるが、それ以外にはまさに・・・。 「芸術ウンタラ」とか抜かすのなら、この画像のようなもの なら、それなりの鑑賞の価値はありそうだが、無理矢理名付 けた「流用作品」を、まっと…
コメント:0

続きを読むread more

「公金使用の不適切展示」表現の自由の乱用は自国ヘイトとなり・・・。

ちょいと頭のおかしい人々にとっては、共通の思惑があるらし い「ポーズ」を作ってご満悦で写真に収まって、批判が高まれ ば、脱兎のごとく被害者面で遁走・・・。 記念の集合写真を見ていると、「公金を自分達の思惑通り使え た」満足そうな顔が並んでいて、批判集中の「中止」も公金 ウンタラのため「身銭を切るのが嫌」「立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more