感染が収まらないのは・・・。感染不明とか言うメディアの「変な優しさ」

そもそも「感染症」の感染者が存在しない限り、感染症が広が る要素は皆無なはず・・・。 島国ともなれば、それこそ入り口閉めれば感染爆発が起こり よう無いはずなのにの現状・・・。 何よりな「感染不明」なる原因追及の曖昧さは「人権意識」で 徹底できぬと相成り、メディアは感染の広がりのみを警鐘する 「どうでもいいお知らせ…
コメント:0

続きを読むread more

ヘイト、ヘイトと連呼し、権利拡大へ突き進む「怪しい思惑」

一頃、「黒人ウンタラ」で差別ウンタラが盛り上がったが、 その裏側の深層がばれれば、いつしか沙汰止みに・・・。 やっていることが「暴動」のそれでは、ついて行く人も疑義を 深めてしまい、政権が変われば沙汰止みになっていくのは、後 々検証すれば、いかに「怪しい運動」だったかが透けて見えて くる。 で、それに続く「武漢か…
コメント:0

続きを読むread more

役にも立たず、恩着せがましい態度、嫌われるのは必然だ

早いもので、もう十年も経ったのか・・・。 それへの事象を鑑みると、ダメなやつは心底ダメなのを、 一層深く理解する。 同調圧力もあるだろうが、こんなもので相手へのプレッシャー とする「腐った思考法」はどこから来るのだろう。 ますます自分の首を自分で絞めて、悦に入るとなると「変態」 集団となりそうなのに・・・。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

何にでも噛みつくのは・・・。

何でも噛みつき、ちょっとズレた感覚を披露して顰蹙を買う を厭わない人って・・・。 それこそ「嫌なら見るなよ」の感想とか出ないのだが、 そこに屁理屈を並べ立て、あっちの国の精神性を見せつけら れると、どっとため息も出るというものである・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ スマホのゲ…
コメント:0

続きを読むread more

不寛容さを加速させる歪曲メディアの「重箱のの隅」突き

全力で潰すことのみに傾注し、そこにある違和感はほったらか しのまま、「言葉狩り」のそれと気づけば、どこかの勢力の横 暴と、後になって気づくかも・・・。 善良そうな顔つきで、分かり易く解説ウンタラの裏に潜む思惑 なんてものに踊らされ、後になってほぞをかむにならないよう な賢明さが必要な時代になってきたのかも・・・。 …
コメント:0

続きを読むread more

悪弊な旧態依然としたメディア的精神構造をあざ笑う、目覚めた古き良き時代の価値観

自ら「火付け」を行って、それが延々炎上し続けているのに、 それらをすっかり忘れた「行状」を見ていると、「人心を忘れ る」鬼化とは、こんな人々についての指摘かいなと・・・。 少しでも目立てばの「思慮深さ」の全くない行状は、呆れ返り そして軽蔑と共に、哀れみを感じ、と同時に「近寄らない」 警戒心を保たせてくれる・・・。…
コメント:0

続きを読むread more

オールド・メディアの影響力低下と市井の情報発信の差が露わになる

フェア・トレードなる運動の経済活動の反面、搾取体質の企業 の様が話題になると・・・、さてさて・・・。 それでなくとも日本開発の農作物の「流失」には、開発努力の 甲斐もなくと、なんとも理不尽な・・・。 そこに搾取企業の、なんともはやのCMのあざとさは、炎上商 法かいなと・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~…
コメント:0

続きを読むread more

自己都合ばかりのメディア情報、フェイク臭の漂い

これまでも、これからも「メディアの作り出す巧妙なフェイク」 が国民意識を惑わされるかも・・・。 「報道する自由」と「報道しない自由」の使い分けをみていて も、その悪辣な様は反吐が出るが、それが身内となると、以下 のような「窃盗と同等の悪質な行為」だというのに、恥ずかし げもなく「厚顔無恥さ」を披露してくれるのだから…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ次第ながらの方策なれど、税金の無駄削減への道程は良し

日本では「抵抗勢力」と評する「やからども」が、政府決定に いまだに異を唱えて、言いたい放題だが・・・。 米国では「排除の論理」が徹底して、同じ価値観を持てない 者たちへの警戒が顕著のようだが・・・。 覇権主義が大手を振ってまかり通る「共産国家」のそれは、 「民族浄化」と言うなのもとに侵略を繰り返し、世界から 警戒…
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率の優遇を受けるトンチンカン・メディア、贔屓の引き倒し「上級学会」擁護

「軽減税率」を適用されているメディア。 もちろん「報道」が公共のそれとして国民にされているという 認識の元、「生活必需品」と共になのだが、その一部には「と ても公共に資する」とは思えぬ処も散見されて・・・。 以下のような取材記事を報道したら、それを目にした国民に すれば、「こんな誰でも考えつく提言」に税金かいと「一…
コメント:0

続きを読むread more

「学問という名の利権」の闇を、反論にもなっていない言で喚くトンデモさん

「日本学術会議」なる団体の推薦から六人だけ「任命」されな かったことが、とんだ騒動となって「メディアやらトンダモさ ん」が躍起になって「文句垂れ」に終始しているが、「税金を 消費される」国民にとって、好きな学問を税金を使わなければ 「学問が出来ない」って、摩訶不思議・・・。 任命された九十九人とされなかった六人。 …
コメント:0

続きを読むread more

「税金にたかる」ナンタラが、政権批判のコント

税金の使われ方で、理不尽でもなく生活困窮の国民のための 「給付金」でも、やはりというか「不正」が行われ、それこそ 「貰えるものは、何でも貰え」的輩の暗躍と、その税金をなん ともはやの用途に使われていたとなると・・・。 給付金の申請のやり方が簡素で、起こりうるべくしての報道 と、「学術研究というもっともらしい…
コメント:0

続きを読むread more

便利な言葉「差別ウンタラ」実情は特権取得

怪しげな被害者救済運動というものに、それが静まっていくと、 裏に見えてくる思惑が透けて、なんともはや「特権獲得」の 相も変わらぬ「自己益」追求・・・。 この画像の運動も「被害に遭った人と犯罪」とを勘案すれば、 とても広範に運動をする類いのものかと・・・。 その国の中での人口比率と犯罪率を勘案すれば、取り締まる に…
コメント:0

続きを読むread more

煽っておいて、思惑通りに動けば、他人事の無責任のみっともないメディア

メディアの報道姿勢には、如何せん感情を排したとかの「公正」 など一切がっさい、今では消失しているようで・・・。 何より正確を期すなどというものは皆無となり、アジテートの 優れた者が「金を貰える」のかの劣悪の言は、同一民族のそれ とかけ離れてしまったのだから、メディアに入り込んだ「やか ら」が何者か気になるところでは…
コメント:0

続きを読むread more

メティアの絵空事と現実の犯罪、天地程の隔たりはいかにして

過去の出来事を「反省しつつ、前を向く」のは、それなりの 姿勢として「当たり前」と認識出来るのだが、それを後生大事 に「継承させ得る」となると、なんだかなぁと成長を拒否した 「人知外」を見せつけられているようで・・・。 この「捏造のメディア」の功罪とくれば、口を尽くして 「反省」が先に出れば、それなりに国民も「許す姿…
コメント:0

続きを読むread more

騒動がおかしな方向へ、紅衛兵化する「デモ参加者」

火種が残ったままだったのか、それとも他の火付けが突如とし て、起こったのか、「ポリコレ」の極地のような騒動が広がり 「あらっあら」な展開していると、裏でほくそ笑む「やから」 が、いたりして・・・。 画像のような「極端な思考」への警鐘には頷けてくるし、 騒動の展開が「歴史修正」へと動けば、裏での暗躍が忍ばれて 「い…
コメント:0

続きを読むread more

自国民が褒められれば怒り、貶されれば喜ぶ、とっても変な人々

人の品格やら民度には、自ずと土壌の脈々と息づく「伝統」と かも作用して、突然変異が起きたものではないのだが・・・。 画像の「兎跳び」の根性論には、今では批判も集まりそうだが、 これを個人が延々と続けている分には、他のものがとやかく言う のはどうかと思う。 何よりこの場面でも分かる「何かを得ようとか、下心とか」で …
コメント:0

続きを読むread more

「バカ発見器」の活用も、ヤラセのテレビ・メディアの胡散臭さに惑わされる

年々メディアの劣化具合が酷くなり、信頼される報道がなくな って久しいが、自己保身に長けている「やから」は自己責任は 回避しながら、それをよそに押しつけるのは得意と来ている。 テレビ・メディアも「世論を形成」するのでなく、「世論を 作り出す」を映像の裏でせっせとやらかし、台本を読むアナウ ンサーも「文字読みロボット」…
コメント:0

続きを読むread more

ロンダリングに見える少数の「問題提議」、いやらしい手法はありか?

ロンダリングすることで、雪だるま式に「賛同が増えている」 と、一部の人の意見を大衆化のツールとして「バカ発見器」の 有用性を悪用すれば、世論喚起が出来そう・・・。 この問題が急速に広がる原因は、さて「どごぞの手法」を まねた「少数意見を多数に見せかける」怪しさ全開で、国民の 関心があるとは思えないし、第一芸能関係が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ・メディアの汚鮮度、救いがたく国民からそっぽを向かれる。

テレビ・メディアの「偏向報道」も、巣ごもりしている多くの 人々の目に触れるからか、即座に「批判が集中」して謝罪に 追い込まれると「監視の鋭さ」に戦々恐々、真っ当な報道は とうの昔に廃れているのは「汚鮮度」の表れか・・・。 アンケートを取れば、「批判のみ」の政党など論外であるを 如実に表れて、国民意識の高さは示される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more