「公金使用の不適切展示」表現の自由の乱用は自国ヘイトとなり・・・。

ちょいと頭のおかしい人々にとっては、共通の思惑があるらし
い「ポーズ」を作ってご満悦で写真に収まって、批判が高まれ
ば、脱兎のごとく被害者面で遁走・・・。


001a 20190801-00000004-asahi-000-view.jpg


記念の集合写真を見ていると、「公金を自分達の思惑通り使え
た」満足そうな顔が並んでいて、批判集中の「中止」も公金
ウンタラのため「身銭を切るのが嫌」「立場が怪しくなるのが
嫌」の保身から出ていて、その姿に反吐が出そうである。
自分達の主張やら芸術と思うなら、押し通す気概がなければ、
「芸術を守る」なんて出来ないだろう・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1日始まったばかりの『あいちトリエンナーレ』で、ある展示
が波紋を呼んでいます。
慰安婦問題をめぐり日本と韓国の間で論争となっている「少女
像」や、昭和天皇をモチーフにしたとみられる作品です。
河村名古屋市長は税金が投入された芸術祭である点を問題視し
て、展示の中止を求める考えを表明しました。表現の自由、表
現のもたらす影響…様々な問題をはらんでいます。
波紋を呼んでいるのは1日から始まった芸術祭、『あいちトリ
エンナーレ』の展示。
2日、名古屋市の河村市長が会場へ視察に訪れました。
河村名古屋市長:
「日本国民の心を踏みにじるものだねこれは、これはいかんと
思いますよ」
いったいどんな展示なのでしょうか…。
会場の一角に展示されている「平和の少女像」。韓国人彫刻家
が製作した元慰安婦の人権回復を訴える作品です。韓国・ソウ
ルの日本大使館前支援団体が建て、日本政府は「在外公館の安
寧を損ねる」と、撤去を求めてきましたが、今は韓国の国内外
に設置が広がっています。
企画展のタイトルは「表現の不自由展・その後」。過去に様々
な理由で展示が見送られた20点余りの作品を紹介しています。
政権批判の記事を使い、強い政治的な主張を込めた作品もあり
ます。そのうちの一つ、「焼かれるべき絵」という肖像画。隣
にはその作品を焼いていく過程の写真があり顔の部分など半分
ほどが焼かれた状態の作品が掲示されています。顔ははっきり
描かれていませんが、軍服から昭和天皇と推測されます。
企画展の趣旨については、「『慰安婦問題』や『天皇と戦争』
など、公共の文化施設でタブーとされがちなテーマの作品が、
当時いかにして『排除』されたのか展示する」としています。
今回の企画展の入り口には、「写真や動画のSNS投稿禁止」
という注意書きがあります。著作権法に抵触する可能性に触れ、
私的な使用に限定。文章での投稿は自由としています。
このような注意書きはトリエンナーレの中でも、この企画展の
みの対応です。
芸術監督を務める津田大介さんは、SNSへの画像投稿の制限
について…。 芸術監督・津田大介さん:
いちジャーナリストとして思いを持っている一方で、芸術監督
は全体をみて、全体の安全管理、運営の責任を負う立場でもある。
今も県の問い合わせ電話が鳴りやまない状況になっているらし
いですけれども、そういう状態は容易に想像できる企画である」
実際、愛知県には1日までに電話やメールで400件の意見が
あり、ほとんどが
「なぜ税金を使った芸術祭であのような作品を展示するのか」
などの抗議。2日も批判が殺到したそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00023670-tokaiv-soci

001a aichi09.jpg


津田大介氏「変更含め検討」 表現の不自由展、抗議殺到
朝日新聞

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督でジャ
ーナリストの津田大介氏は2日午後、名古屋市内で記者会見し、
企画展「表現の不自由展・その後」の展示について、「内容の
変更も含めた対処を考えている」と述べた。トリエンナーレ実
行委員会や、企画展の実行委員会と協議し、具体策を決める。
会見は午後5時前、急きょ開かれた。開催理由について津田氏
は「一番の理由は抗議電話が殺到し、対応する職員が精神的に
疲弊していること」と明かした。
津田氏は、少女像の展示をめぐる河村たかし名古屋市長の発言
などにも触れ、「行政が展覧会の内容に口を出し、認められな
い表現は展示できないとなれば、それは憲法21条で禁止され
た『検閲』にあたる」と主張。「表現の自由が相当制限されて
きた公共施設で、行政と作家が協議し、自己規制や検閲なしに
展示できる実例を示したかった」と話した。
津田氏は開幕前、朝日新聞の取材に「感情を揺さぶるのが芸術
なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が
制限されるケースが増えている。政治的主張をする企画展では
ない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と話
していた。
電話は、開幕した1日で約200件。テロ予告や脅迫と取れる
もの、職員の名前を聞き出して、ネットに書き込むような事例
もあるという。津田氏は「攻撃は予想以上だった。政治家の発
言もあり、企画展は当初の趣旨を超え、政治問題になりつつあ
る」と述べた。「一緒に企画を作ってきた仲間への攻撃はつら
い。なんとか状況を好転させたい」と心情を語った。(黄澈)

https://www.asahi.com/articles/ASM825W48M82OIPE01R.html


001a aichi.jpg


慰安婦「少女像」展示、抗議1日700件…
文化庁「詳細知らず」

愛知県で1日から開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナ
ーレ2019」で、いわゆる従軍慰安婦を象徴する少女像の展
示に抗議が相次ぎ、芸術監督を務める津田大介氏は2日、記者
会見を開き、作品撤去など対応策を検討することを明らかにした。
少女像が展示されているのは、名古屋市東区の愛知芸術文化セ
ンターで開催されている「表現の不自由展・その後」。表現が
不適切とされ、表現機会を失った作品を集めている。会見での
説明によると、開幕日の1日だけで電話が約200件、メール
が約500件寄せられたという。
あいちトリエンナーレを約7800万円の補助金事業として採
択した文化庁は「採択の前には詳細な内容を知らなかった」と
し、愛知県に展示内容などについて詳細な説明を求めている。
トリエンナーレは1日~10月14日に開かれ、県が約7億
8000万円、名古屋市が約2億1000万円をそれぞれ負
担している。


001a aichi01.jpg


アートとカルチャー
2019年08月03日 17時35分 JST
表現の不自由展」中止に。慰安婦を表現した少女像めぐり抗議
殺到
慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるな
どした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到するなど
していた。
愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2
019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展
「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。慰安婦を表現し
た少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点
を展示しているが、抗議の電話が殺到するなどしていた。
津田氏は開幕前、朝日新聞の取材に「感情を揺さぶるのが芸術
なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が
制限されるケースが増えている。政治的主張をする企画展では
ない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と話
していた。
津田氏によると、少女像をめぐって、抗議する電話が開幕した
今月1日だけで約200件あった。テロ予告や脅迫と取れるも
の、職員の名前を聞き出してネットに書き込むような事例もあ
り、「対応する職員が精神的に疲弊している」と説明していた。
一方、河村たかし・名古屋市長が2日、トリエンナーレ実行委
員会会長である大村秀章・愛知県知事に対し、展示中止を含め
た適切な対応を求める抗議文を提出。「日本国民の心を踏みに
じる行為」などと主張し、津田氏らが対応を検討していた。
津田氏は2日に開いた記者会見で、企画展について「表現の自
由が相当制限されてきた公共施設で、行政と作家が協議し、自
己規制や検閲なしに展示できる実例を示したかった」と説明し
ていた。

(朝日新聞デジタル 2019年08月03日 17時23分)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/aichi_jp_5d45462ce4b0acb57fccde0c


001a aichi04.jpg


津田大介さん「ジャーナリストとしてのエゴだった」。中止され
た“表現の不自由展”の責任を痛感 (あいちトリエンナーレ)
「元慰安婦の苦痛を記憶する」ための象徴として手がけた「平和
の少女像」をめぐって抗議が相次ぎ脅迫も「あいちトリエンナー
レ2019」での「平和の少女像」展示について、記者会見する芸術
監督の津田大介氏(ジャーナリスト)=8月2日、名古屋市東区
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展の一つである「表
現の不自由展・その後」が8月3日で中止されることになった。
慰安婦をテーマにした少女像の展示に抗議が続き、脅迫行為も
あったという。
あいちトリエンナーレの芸術監督を務める津田大介さんは同日
夕方に会見を開いた。「表現の不自由展・その後」への抗議や
中止は開催前から想定の範囲内だったことを明かした一方、
「これを続けるとトリエンナーレそのものが成立しない」とし
て、「わずか3日で作品を撤去するのは断腸の思い」と苦渋の
決断だったと明かした。
その上で、「表現の自由」というデリケートなテーマを「民間
よりも表現の自由が薄い」と言われる公立美術館でやることで
「物議をあえて醸すことに意味がある」と思っていたという。
ただ、「鳴り止まない電話」のような予想を超える反響が事務
局などに寄せられたことに「ジャーナリストとしてのエゴだっ
たとも感じています」と打ち明け、責任を「大きく感じている」
と話した。

■あいちトリエンナーレとは?

※省略

その中の一つで、韓国人彫刻家が「元慰安婦の苦痛を記憶する」
ための象徴として手がけた「平和の少女像」に関して、抗議電
話が8月1日だけで約200件あった。河村たかし・名古屋市長が
展示中止を含めた適切な対応を求める抗議文を提出していた。
こうした動きを受けて、芸術祭の実行委員会の会長を務める大
村秀章・愛知県知事が、3日午後5時から記者会見を開いた。
「テロ予告や脅迫と取れるような電話やメールが来て、安全
な運営が危惧される」と述べ、少女像だけでなく「表現の不
自由展・その後」を4日から中止すると発表していた。
その後、同じ場所で津田さんの会見が開かれ、「表現の不自
由展・その後」を企画した経緯について次のように語った。

■津田大介さん「物議をあえて醸すことに意味があると
思った」

僕自身は、ジャーナリストとしての知見を、どうトリエンナ
ーレに生かせるのかということを2年間考えてきました。美
術業界の中での男女格差について問題提起をしたいという
立場からジェンダー平等というのを打ち出して、それは良
い形で問題提起できたと思いました。
そして、自分がジャーナリストとして、この「感情に裏打
ちされたバッシングが非常にネット上などで起きていて、
それによって表現の自由が狭まっているんじゃないか」と
いう問題意識が個人として、すごくあった。
芸術祭で、ジャーナリストがジャーナリストらしさを持っ
たまま美術の企画としてやるとしたら何があるんだろうと
考えました。
それで2015年に見た「表現の不自由展」という企画が頭
に浮かび、これを排除されがちな「民間よりも表現の自由
が薄い」といわれがちな公立美術館でやることに大きな意
味があると思いました。
物議をあえて醸すことに意味があると思ったんですけど、
物議を醸した結果、企画と全く関係ない人にところまで火
花が飛び散るようなことが起きてしまった。その体制を作
った責任というのは、僕は大きく感じております。
ジャーナリストって個人ですよね。ただ、トリエンナーレ
ってチームワークですので、個人としての思いをチームワ
ークでやろうとしたときには、そのギャップが今回のよう
な物を起こしたと思ってますし、「表現の自由」というの
をテーマにした物議を醸すような企画を国際芸術祭という
パブリックセクターのお祭りでやること。そのこと自体に
意味があると僕は思っていて。
一定の意味があったと思っていますけど、それが、こうし
たハレーションを起こしているということも事実。それは
自分のジャーナリストとしてのエゴだったのではないかと
も、感じています。

2019年08月03日 19時23分
https://www.huffingtonpost.jp/entry/tsuda-art_jp_5d455808e4b0aca3411e3f5f


少女像「展示は続けられるべきだ」=日本ペンクラブが声明
8月3日(土)20時3分 時事通信

愛知芸術文化センター(名古屋市)の「表現の不自由展・その
後」展について日本ペンクラブ(吉岡忍会長)が3日、「展示
は続けられるべきだ」との声明を発表した。
 声明は芸術について「制作者が自由に制作し、受け手もま
た自由に鑑賞する。同感であれ、反発であれ、制作と鑑賞の
間に意思を疎通し合う空間がなければ、芸術の意義は失われ、
社会の推進力たる自由の気風も萎縮させてしまう」と強調。
 河村たかし名古屋市長が展示中止を求めたり、菅義偉官房
長官が補助金交付で事実関係を確認すると発言したりしたこ
とに触れ、「発言は政治的圧力そのものであり、憲法21条
2項が禁じている検閲にもつながるもの。人間を人間たらし
め、社会の拡充に寄与してきた芸術の意義に無理解な言動と
言わざるを得ない」と批判している。 

時事通信社]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

税金を使った芸術祭であのような作品

以下のポーズには、下のような意味が込められているそうです。
【裏ピースキタ━(゚∀゚)━!】この不思議な二本指ジェスチャー、
在日韓国人の方によれば 「チョッパリ=日本人豚野郎と軽蔑
する物」だそうです。


001a moon01.jpg


まぁ、「やべぇ、一線を越えちまった」と感じたら、お祈り
ついでに下の楽曲を耳にして、覚悟を決めたし・・・。




すごいですねぇ、「公金を使って、知事自体がヘイト」をやら
かして、すんなり中止で済む問題でしょうか?。
神奈川では「ヘイト・スピーチ」にとっても関心がある人も
いるようだが、それは「特定の人種」のみの「やはり特権化」
したものか・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【時代の正体取材班=石橋 学】インターネット上の差別書き込
みで人権を侵害され続けているとして、川崎市川崎区の在日コ
リアン3世崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(43)が横
浜地方法務局に救済を申し立てた問題で、法務局はブログサイ
ト「アメーバブログ(アメブロ)」の運営会社「サイバーエー
ジェント」に削除要請を行い、同社が応じていたことが28日
分かった。業界最大手の対応はプロバイダー各社にも影響を与
えそうだ。また、法務局は同日、ユーチューブを運営するグー
グルに対しても4件の動画を削除するよう要請した。
削除されたのは、アメブロに載った二つの文章。6月中旬に書
き込まれ、それぞれ「【川崎デモ】崔江以子、お前何様のつも
りだ!!」「クソ忌々(いまいま)しい在日チョンの崔江以子
め、いい気になりおって。」と題されていた。
直前の同月5日、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)を繰り返す
男性により川崎市中原区で行われたデモが市民の抗議で中止
に追い込まれていた。ブログはいずれも、抗議活動に参加し
ていた崔さんをインタビューした新聞記事に触れ、一市民に
過ぎない崔さんへのいわれのない非難と、朝鮮人を差別する
言葉を用いた誹謗(ひぼう)中傷を浴びせている。
崔さんが9月16日に行った申し立てを受け、法務局は今月
27日に削除要請し、二つの書き込みはその日のうちに削除
された。
運営会社のサイバーエージェントは「要請を受けて確認した
ところ、個人が特定され、かつ誹謗中傷と認識できる内容だ
ったため、削除した」と話す。同社の利用規約では、誹謗中
傷や侮辱、名誉を傷つける行為・表現▽人種、民族、性別な
どによる差別につながる表現・内容の送信などを禁じており、
違反した場合は削除やサービスの利用停止ができるとしてい
る。崔さんは、ツイッターとユーチューブに投稿された自身
と長男の中根寧生(ネオ)さん(14)に対する差別書き込
みも削除要請しており、運営会社である米ツイッター社とグ
ーグルの対応が注目される。
寧生さんへの攻撃はすでに法務局が「人格権を侵害する違法
行為」と認定し、10月6日に4件分の削除要請を米ツイッ
ター社に出している。同社は3週間以上要請に応じておらず、
人権問題に詳しい三木恵美子弁護士は「一つのツイートが人
の生き死にを左右する事態を招いているという認識があるの
か。新興メディアとして自由さと多くの人に利用されること
を哲学としてきたのだろうが、社会の公器として企業倫理を
確立する時期にきている」と話している。

【解説】行政の要請に意義

膨大な差別書き込みにも諦めることなく人権被害申し立てに
踏み切った崔江以子さんの行動は、行政の働き掛けの効果が
示されたという点で意義深い。会員数4千万人、業界最大手
のサイバーエージェントは「今回は禁止事項にはっきり該当
するケースだったが、自分たちだけでは判断がつかない場合
も少なくない。人権侵犯に当たると国が示してくれれば即座
に対応できる」と要請自体を前向きに受け止める。
適正で迅速な対応が促されるだけではない。行政による取り
組みそれ自体が啓発と抑止につながる。
何より被害当事者の負担が軽減される。拡散した書き込みを
個人がプロバイダーに削除要請するのは物理的に困難で、確
認作業は多大な苦痛を伴う。自身が被差別者なのだと、その
たびに再確認することを強いられるからだ。単なるプライバ
シー侵害や名誉毀損(きそん)ではない差別書き込みである
からこそ、行政が被害者に代わって要請することに意味があ
る。今回対応したのが、ヘイトスピーチ解消法の施行を受け
て法務省人権擁護局に新設されたヘイトスピーチ被害相談対
応チームであったように、新たな取り組みの模索が始まって
いる。すでに独自に取り組む自治体もある。広島県福山市は
インターネット掲示板を毎日1時間チェックし、差別書き込
みを発見次第、管理者に削除を求めている。兵庫県尼崎市も
モニタリングを行い、地方法務局へ削除要請を依頼している。
削除要請は公権力で表現の自由を制約するものではなく、あ
くまでプロバイダー各社が定める利用規約にのっとり適切に
運営するよう求めるものだ。国にはためらう理由はないばか
りか、業界を促し、野放しの人権侵害を防ぐという同じ地平
に立った有効なルールづくりを急ぐべきだ。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12152-208918/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前の記事を持ち出しても、「ヘイト」については敏感に
反応するのが「行政の長」のはず・・・。
それが
以下のポーズには、下のような意味が込められているそうです。
【裏ピースキタ━(゚∀゚)━!】この不思議な二本指ジェスチャー、
在日韓国人の方によれば 「チョッパリ=日本人豚野郎と軽蔑
する物」だそうです。


001a moon01.jpg





問題が起こったから「中止」にしたからでなく、やらかした
ポーズに弁明したところで、「そりゃもう遅い、遅すぎる」
ってなもので、行政の長となれば、それなりの責任の取り方
を身をもって取られるだろう。何しろ力を込めたヘイトである。
一般の国民は、散り際の潔さで「花火」で犠牲になった人々
に寄り添う・・・。





夏の夜の「潔く一瞬で消える大空の花」に鎮魂の思いも・・・。
そして行政の長は、もちろん県民のためなら、潔く自分の行為
の責任を取らなくちゃ、草野球のキャッチャーと笑われる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック