「内心の自由」を謳歌すれば、「要らないものは、要らない」

要るか、要らないかとなれば、圧倒的に「ある種のクレーマー」 なぞ、誰でも「要らない」となるが、それではならじの「勢力」 がとち狂ったように「ヘイト」と泣き叫べは、国民は「どん引 き」して、ますます「要らないものは、要らない」になる。 一年前の出来事を「忘れるものではない」はずだが、都合良く 「加害者側にたつと」忘却…
コメント:0

続きを読むread more