テーマ:ニュース

罵詈雑言は「自然災害」に勝てるか?

超大型らしい台風が沖縄からのルートを通るという異例の注意喚起を「気象庁」 が行ったらしいが、さて「罵詈雑言」を垂れ流す「かの国」は自然災害に耐えられ るか・・・。 沖縄での災害警戒は相当なもので、大変な心配ではある。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 沖縄に26日最接近=台風15号…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぜひとも挙行してもらいたい「韓流好きのおばさんたちのデモ」

「かの国」のトップの妄言が原因なのに、いつの間にか日本の「マスコミ」も 含めて、それらに対する「自制」が合言葉となって、なんたら「お互いに」 と訳の分からぬ論理が横行しているが、メディアであるなら双方の自制の前 に原因のありかを追求するのが、ジャーナリストとしての責任ではないのか。 震災が癒えた時期でもないのに、蛮行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政の尻拭い、国民の義務か?

これまでも相当にいい加減な行政として「厚労省」は叩かれてきたが、そこが なんともな「年金穴埋め」に躍起となり、出てきた政策が「悪質加入」云々の 厳罰化だとかだが、ちょっと待って欲しい「身内のへの粛清」をしてからにしな いと「農林省」の通達みたいに「三日で訂正」になりゃしないか・・・。 この加入しない選択肢が「金銭的負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他には「強弁」、自は「岩を島にする詭弁」

国際機関の「大陸棚」の認定に、早速「噛み付いてきた中共中国」の言い草が 「岩」だとかだが、自分達も「島」と分かっているが、本当の「岩」を領土として 見なして「横取り岩」には、知らぬともでもほざくのか・・・。 無理やりな言動は見た目には微笑ましいが、それが領土問題となれば、相当に 敏感なものとして注目を浴びる。 にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宵越しの金」を持たないと豪語する浪費家に「投信」する人々

「宵越しの金云々」とは、勿論昔の江戸っ子が、「もともとない金」を昨夜の 内に使ったことにして「見得のため」の方便であり、こんな粋がった「嘘」なら 微笑ましいとなるのだが・・・。 相手から「金を引き出すのに、嘘を撒き散らす」ことになり、そこに「詐欺」が 発生してくるのだが、泥沼にはまり込むのは・・・。 ~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタンドプレー」でも格段の差は矜持の違いか・・・。

領土問題が渦巻く地域での「民間地権者」から地方行政がその地を買い取る という「国土」としての「決断」にはたとえ「スタンドプレー」と揶揄されようが、 快挙と呼べる言動ではないのか・・・。 東京都に編入されて、そしてそれを国に「賃貸」するという図式なら「個から 公」への移転で済み、その上「地下資源開発」でも、どこからも文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「職務怠慢」に、自動集金システムで「労働貴族」安泰・・・

組合活動の資金源といえば、勿論組合員による組合費の徴収金がそれに 当たるが、それが現在のように「天引き」になったために、幹部にとっては 「打ち出の小槌」宜しく、本来の職務よりは組合活動に熱心でいられる・・・。 何事も「集金」をする人は気苦労が耐えない。 それらのデメリットと合理化が「天引き」というシステムを進めて、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「反戦」が象徴する「偏向」気味の論調の恐ろしさ

オレオレ詐欺にしても、真に迫った演技で「騙される」。 騙しの手口にはいろいろあれど、後でそれと知れば「腹も立つ」のだが、 それでも「騙し」一向に減らない。 そんな「騙し」の中でもマスコミが加担してしまうと、一層その信憑性と失墜する 信頼感から「何を信じていいかわからない」人々を多く生み出す。 「端から疑ってかかれ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳内妄想なら、白馬の使者だったのに・・・、誰にも評価されないって

外交におけるセオリーも、委細構わず「挙行」してみたら、すっきりと 利用されただけ・・・。 こんなはずではとでも思っているのかも知れないが、総スカンを受ける外交 最高顧問という部署もきっぱりと「削除」すればいいものを・・・。 流石に何がしたいか分からぬ政権与党の「迷走ぶり」ばかりがクローズ・アップ ではげんなりしてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまでも「構ってちゃん」では誰でも辟易だし、手が出ては「ダメポ」

近隣に迷惑な人がいれば、それはそれは暗雲がいつも垂れ下がっている ような気持ちであり、神経的にも「存在を無視」したいものである。 ところが、「構ってちゃん」は脳内妄想が偏りすぎているから・・・。 罵詈雑言をたどたどしい日本語で告げるのも、それはそれで「構ってちゃん」 の歪みすぎた性格からの発露。 だが個人の哀れ過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かけた情けは忘れても、受けた恩は忘れない

日本人の美徳の一つとして「恩着せがましい」態度は取らないというものが あるが、その精神も劣化し過ぎた人々によって、塗り替えられてしまうかも・・・。 台湾の震災時の「善意」には驚かされたり、感銘を受けたりしたが、それへの 反応は当然としても、民間と政府ではその温度差に著しい違いがあるようで、 流石に「民主党政権」は、古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政サービスに生産性なし、だが組合が存在し「御託を並べる」異常

官民格差が広がり、大不況の民間は目減りする給与から消費が伸びずに いるが、公務員という「親方日の丸」には、それらのカゲが忍び寄らず、そして またお手盛りの「手当て」という充実した福利も存在して・・・。 この画像でも、一斉に「勝どき」みたいな気合を込めるのだが、行政サービス でしかない「組合」が何に対して、気勢を上げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラルの崩壊した政党の人々は、何でもあり

財政が厳しい折、増税を国民に願い出ながら、自分達はせっせせっせと、 「小金集めに」に懸命で、その上「脱税」までもしていたら、「そりゃないよ」 の国民の嘆きも出てくる・・・。 「非常識」を通り越して、無神経な議員矜持のなさをあからさまに示して、それ でも議員ですとのたまうのだから、妄想脳の病理は深すぎる。 ~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拠り所はいつも「祖国」なのに、選挙権は無視する二枚舌

あくまでもパフォーマンスとしての「ナショナリズム」を表向き発揮しながら、 いざ権利が与えられても、それには見向きもせず「反日」にのみ熱を上げる となると、果たしてその「ナショナリズム」は生きるための方便? 権利が行使出来ると、一頃は喜んだはずのものも、いざ蓋を開ければ 登録者数は微々たるものとなると、「やはりいつもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強?、最狂の間違いか、人材の枯渇政権

政権が国民からそっぽを向かれている状況に、小幅な内閣改造など誰も 期待もしていないのに、流石は「民主党脳」は自画自賛に勤しむ・・・。 改造の組閣をすれば、どこかに転がっている「適材適所」から「最善、最強の 布陣」と、どの口がいうのかと「がっかり」させてくれる・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「嘘」を強硬に主張すれど、その滑稽さと面の皮には呆れと哀れも伴い・・・。

またぞろゾンビの如く、喚きちらして「売春」がいたいけな少女の犠牲とか 現代の「売春婦輸出」には目をつむり、戦時中だけ「慰安婦」の存在が、 哀憫の対象と、時空を超えた絵空事は戦争突入でも続けるのか・・・。 勇敢なスタンド・ブレーに、さぞや自己満足と共に自国での賞賛が待ち受け ているのだろう・・・。 ただし、北の暴走が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「火付盗賊改方」という特別な部署も必要かも・・・。

「靖国神社」が放火されたらしい・・・。 朝鮮半島の不穏な雰囲気が、何かの「合図」のそれか、それとも「単に錯乱 した人物」の暴挙か・・・。 なにやら「犯行予告」も報じられているが・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 26日午前4時10分ごろ、東京都千代田区九段北の靖国神社で、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少子化対策に障壁になりそうな「孤軍奮闘」

人間のエゴはあらゆるところに顔を出して、他人から見れば「眉をひそめた くなる」ものでも、その人にすれば「意義深い」のならば、本人以外は理解 出来なくとも・・・、ただその事象が「問題の障壁」ともなれば・・・。 難しい問題を孕んだ以下の人物の「孤軍奮闘」を読んでいると・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後のセーフティーネット、「相互扶助精神」は負担で見直される?

度々不正が発覚する「生活保護制度」だが、不況と震災で利用者が急増 とかだが、厳正な運用わ実施して、なおかつ「相互扶助」をしなければ ならないのであれば、それは日本国民の「相互扶助」なのだから・・・。 ただその生活にどっぷり浸かり、抜け出そうとする意欲ない人を、いつまで その「ぬるま湯」で利用させるのかの問題は、「利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「広告宣伝」の信頼性裏づけと連座制が消費者を守る。

通販商品によって「健康被害」を受けた時、その通販企業は「宣伝広告」として 相当の料金によって「テレビ広告」をしていたとなると、一連の「消費者被害」に ある意味加担していた・・・。勿論ギャラを貰うタレント同様に「連座制」を・・・。 この問題も、「自己責任」なる言葉を発する人々がいるが、危険性を広告で 謳っているはずもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルマで増える「幽霊」とか、どんなオカルト?。

嘘ばっかり・・・、こんな言葉がピッタリ来る政権も、いつまでもつのやら・・・。 党員・サポーターが減少とかで「ノルマ達成厳格化」って、マニフェストのノルマ 厳格化が先に行うべき「行動様式」だろうに・・・。 そして「年金債」の問題先送りで、それらをすべて増税で賄う腹積もりでは、 いくら厳格化された「ノルマ」でも、幽霊大量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一度やりたかった」の者達の矜持のなさは国賊もの

「一度やらせてみてください」とかの政権交代時のへりくだりが、今では 「そんなこと言ってましたっけ?」となり、二枚舌を駆使して政権にしがみ 付いて醜態を晒して、ますます日本の沈降に励んで・・・。 他人への批判は厳しく自分に甘い体質だから、ボロが出れば弁解に努め 責任という二文字はさらさらない集団は、「国旗」とか「国家行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

批判に即反論でなく、身を改めてからにしろ

批判には過剰反応をするが、時に「自分より上」の存在に対しては「だんまり」 を決め込む「事大主義」は、傍から見ていると「滑稽な存在」と映るものである。 「外交能力の乏しい者達」は、どこかの得意な「はったり」に例のフレーズを 使うのだが、それが「国内向けのポーズ」と見て取ると、その外交は、相手の ペースのまま、押し切られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「内外で揺れる」日本の政治の混迷度合いは、思いの欠落

環太平洋うんたらの「自由貿易」とかの交渉のテーブルにつくかどうかで議論 が伯仲しながら、予めの意思の「演出」とも取れる議論も、簡単に口する「国際 公約」同様、あっさりと会議で参加を表明しそうな「政治主導」の面々に政権交 代の悪夢は続く・・・。 楽観させるような「論旨」もある参加・不参加だが、「関税自主権」を放棄する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不適切」でなく、モロ背信行為

「領土問題」について、著しい「偏狭のナショナリズム」を駆使して、あの手 この手を使う「かの国」に組する日本の団体が、これまた「公金で禄を食む」 集団というのには、納税者たる「国民」は唖然とさせられる。 組合の「醜悪」な面は、幹部と呼ばれる一部の人間の「偏狭思考」が強制と なって「下層部」へと伝達されていき、どこの組織…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

立脚点の齟齬は「哀れさを」そそる・・・。

日本のマスコミも「自主的立脚点」はあやふやで、責任のなさから「どこそこを 見習え」とかの丸投げで自国への提言も出来ぬヘタレ振りだが、一方「かの国」 のマスコミときたら、「偏狭過ぎるナジョナリズム」に恥ずべくもなく、その論は 「幻想」と「自己批判無し」の押し付けしかない。 そんなところの「リーダー」も、これまた大変だなぁと・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タカリ」に屈する「国民の生活が第一」政党

未曾有の大震災を被り、瀕死の状態へと追い込まれている「国内」の惨状 には「増税で応え」、デフォルト寸前の「仮想敵国扱い」の「迷惑すぎるかの国」 には、「タカリ」的融通をしてしまう「国民の生活が第一」政党は、流石に・・・。 「大人気」とか「世界制覇」とか、すべからく「はったり」しかない「劣等国家」 に対する「優しい過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ奏者でも、これでは「音」以外で聞くのを「勘弁して」だろう

女性楽器奏者という「演奏以外」のビジュアルである程度認知され、人気に なるものだが、ただその言動が「痛い」ととんだ顰蹙者として認知されてしま うと、果たしてその後、聞いて貰えると思う?。 まずは大人気として報道された人の記事。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 台湾で最も有名な日本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「経済不安」で擦り寄ってくる・・・。

誇大妄想を口にしても、経済のそれが「危うく」なれば、そんなこといって ましたか?と、擦り寄ってくるのが予想出来ると、矜持はいう言葉は ない・・・、いや「存在しない」もっとも恥もないのだから・・・。 地図でも「誇大妄想」を発揮すれば、上の画像のように大きく見せる情けなさ を見せてしまって・・・、そして国内経済といえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下半身騒動・・・、かの国特有の原始的文化及び産業か

下半身に特化した「かの国」の犯罪と産業には、あの戦争時と同じ「構図」 が保たれ、搾取の構造はどこにも蔓延って・・・。 そして搾取されてもなお、「それ以外の選択肢」を放棄すれば、恥ずかしげも なくデモを起こすのだから、根は相当に「年代を経て」いると見るのが妥当 だろう。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more