バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「外国人参政権」に外国人住民基本法?

<<   作成日時 : 2009/11/13 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国民という言葉を使われれば、大概の人は「日本国民」と理解しよう。
しかし好んで「国民の生活が第一」と使った人々は、その意識がとんと
ないようで、「どうでいいですよ、そんなもの」の法案には熱心となって
政権交代は景気後退という選挙前の批判も、批判でなくその通りの
流れとなって・・・。


画像



景気対策には疎くても、強力な後援をされた勢力には「いい顔しないと」
という思惑と、何より「金の切れ目が縁の切れ目」を恐れる者にとっては・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

民主党内で検討中の永住外国人への地方参政権(地方選挙権)付与法
案の概要が9日、明かになった。永住者である中国人にも参政権を与え
る一方、当面は国交のない北朝鮮の出身者には与えない内容となっている。
これによると、相手国に住む日本人が地方参政権を与えられている場合に
限り、日本もその国の国民で日本での永住者に地方参政権を与えるという
「相互主義」については、採用を見送った。このため、たとえば民主主義国
ではない中国の国民でも、日本の永住者は地方参政権を得られる。
また、「当分の間」の措置として、日本と外交関係のある国の国民か、それ
に準ずる地域の出身者に対象を限るとした。
ただ、連立与党では、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が否定
的な見解を唱えているほか、民主党の保守系議員にも異論がある。平野博
文官房長官は9日の記者会見で党内の意見集約が必要と重ねて強調し、
「タイト(窮屈)な(今国会の)日程で本当に出し得るのか、わからない」と述
べ、慎重な見方を示した。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091110/stt0911100012000-n1.htm

画像



「相互主義」はとらず 民主、外国人参政権付与法案2009年11月10日3時33分

民主党が臨時国会に提出を検討する永住外国人への地方参政権付与に関
する議員立法の概要が9日わかった。対象は国交のある国や「準じる地域」
の出身者に限定。日本人に同様の権利を認める国の永住外国人に限る「相
互主義」はとらない方針だ。
参政権付与の対象者は、朝鮮半島など日本の旧植民地の出身者とその子孫
である特別永住者と、一定期間日本に住んだり、日本人と結婚したりして許可
を得た一般永住者。
ただ、「我が国と外交関係のある国の国籍を有する者やこれに準ずる地域を出
身地とするものに限定する」とした。特別永住者については当面、国交のある
韓国籍を持つ人か、「準ずる地域」として国交はないが交流の活発な台湾の関
係者に限る立場をとる。朝鮮半島出身者やその子孫で、韓国籍でない人は適
用外になる可能性が高い。
鳩山由紀夫首相が顧問、岡田克也外相が会長を務めていた民主党内の推進
派議員連盟が08年に提言したものと同様の内容になっている。
参政権付与は小沢一郎幹事長の持論で、山岡賢次国会対策委員長が議員立
法を今国会に提出する意向を表明。鳩山首相も5日の衆院予算委員会で「前向
きに考えていきたい」と答弁している。

http://www.asahi.com/politics/update/1110/TKY200911090373.html?ref=rss
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この法案の推進議連とか言う人たちの「日本人後援者」は、この法案に対して
賛成している人達なのだろうか・・・。
大概に地方区であれば報告会なりがあり、その中で熱心に「法案」成立に対して
説明をし、またその意義を説いているだろうか・・・。
マニフェストが「国民との約束」であるなら、この法案に対する唐突な提案も、支持
者には理解されているものとみなせば、相当に「博愛主義」が日本を被い尽くし、
何より「外国人犯罪」に対して寛容であるを物語っていることになりそうで・・・。


画像



犯罪率の多さを見れば、いかような理解を示せば賛成できるものなのか・・・。
相当な悪辣な数字が画像にはあるものだが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
政府・民主党は11日午後、首相官邸で首脳会議を開き、永住外国人に地
方参政権を付与する問題について、法案提出の是非や提出する場合の内容、
時期などの判断を小沢一郎幹事長に一任することを決めた。
首脳会議には政府側から鳩山由紀夫首相、平野博文官房長官ら、党側から
小沢氏と輿石東参院議員会長らがそれぞれ出席。
席上、小沢氏は、地方参政権の問題に関し「私に引き取らせてほしい」と述
べ、首相らも了承した。
小沢氏はかねて、永住外国人への地方参政権付与に意欲的。民主党内には、
議員立法での今国会への法案提出を目指す動きもあるが、小沢氏自身は先に、
政府提出が望ましいと主張。平野長官は来年1月召集の通常国会に、政府が
法案提出することを検討する考えを示している。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000250-jij-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
時系列に並べた記事だから、重複しているようでこの「一任」が結果的に、様子見で
だした後の結論で、予想外の反発に「このくらいで許してやろう」の棄て台詞もどき
を記事にしたため、その代わりにこっそり記事にならないが参議院には請願を出す
という姑息な真似を・・・。


画像


にしても外国人には選挙権がなく、これほどまでにして「成立」させたい意図は、
議員よりはその周辺にあり「圧力」のなせる技という側面が垣間見えるし、支持者に
知らせぬ「暗躍」もありそうである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
26 :Ψ:2009/11/11(水) 16:25:04 ID:zdH7GHfv0
本当に驚きました。
外国人参政権のみならず このような議案が請願されているのをご存知でしょうか?

外国人住民基本法
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/171/futaku/fu17100650948.htm


「外国人住民基本法」でググってみました。
http://www.pusan-jchurch.org/gaikokuzinkihonhou.pdf 
http://www.ksyc.jp/gaikikyou/tikujyoukaisetu2005.pdf#search='外国人
住民基本法' 

「外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会」第12 回全国協議会で
作成とあります。
この組織は????
http://pusan-jchurch.org/ ここでしたw

読んでみると凄い法案です。
日本にどんな方法であっても 3年以上住めば 日本人と同じ権利を与える。
二重国籍であろうが 本国の選挙権があろうが 犯罪者であろうが関係は無い。
選挙権・永住権・戦争賠償 その他諸々全ての権利が保証され 尚且つ 外国
人としての不当?な扱いに対し 撤廃させる権利を持つ。

外国人住民基本法とは・・・
・日本政府と日本人を長年縛ってきた「単一民族国家観」を廃し、「他民族共
生社会(※国家ではない)」へと方向転換することを大目的とする
・不法入国者であろうが不法滞在者であろうが、3年間滞在すれば、永住権を与える
・不法入国者であろうが不法滞在者であろうが、日本国内で出産した場合、その子供
には永住権を与える
・永住権を得た外国人は、どのような不法行為を行っても、国外退去処分はされない
・永住資格者には地方参政権を与える
・永住資格者には公務員になる資格を与える


本当に真面目に読んでください。
日本が日本でなくなってしまう可能性があります。

この法案を提出しているのが 「円より子」参議院議員です。
http://www.madoka-yoriko.jp/ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もとより「名指しされている議員」にも支持者はいるだろう。
その選挙の時、投票した人達が「法案を知っているか」という根本的なものは、議員が
説明しているものなのだろうか・・・。
もし知らぬまま「選挙の投票」を行っていれば、これは選挙民への「背信行為」に他なら
なくなりそうで、アメリカ並みの訴訟大国への門とが開かれる。
何より「選挙公約」にもないものが、そっと請願され「知らされぬまま」の選挙民では、
信義に反する行為をする国会議員となってきよう。

「知らせぬ」という卑劣な行為は、情報開示の流れにも著しく叛くもので、マスコミ共々
相当に重い犯罪行為と同等であろう。
この法案が粛々と成立してしまう議会制民主主義とは、結局のところ「数による独裁」
と同義語になってしまい、これから進むべき道が「崖ッぷち走行」の転落寸前・・・。
何より「寄生虫」は、宿主が潰えれば、同じく潰えてしまうものだ。
そこのところの理解が出来ない人々は、最終的に「自己酸化」という微生物同様、
滅ぶことを祈念しているのか・・・。
何はともあれ、日本の国会議員の品性を疑わざる得ない。
これでは「先人」達も、浮かばれないだろう・・・。




東アジア「反日」トライアングル (文春新書)
文藝春秋
古田 博司

ユーザレビュー:
イスラエル・パレスチ ...
「反日」は止まらない ...
現代日本において魯迅 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



「反日」日本人の正体
小学館
井沢 元彦

ユーザレビュー:
日本を蝕む獅子身中の ...
この本の内容を「常識 ...
国を売って金をもうけ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「外国人参政権」に外国人住民基本法? バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる