バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS どこぞに向かうか「日本」、怪しく操る人物

<<   作成日時 : 2009/12/28 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

権力の集中がもたらす弊害が「現れ始めた」昨今である。
この国の形はどんどんいびつになって、そのうち・・・。


画像



画像の異様さに肝をつぶした。
こんなことがたった人の男の「権力」によってなされ、それとともに思いのまま
にされる焦燥感が募る・・・。
権力を持たせてはいけない人物に、権力が集中した現在は、異常な体制である
を肝に銘じなければ、暗黒の時代がそこにやってくる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小沢一郎民主党幹事長が過去に率いた2政党「新生党」と「自由党」を解党した際、
党に残った資金の大半に当たる計22億円余を、自分の運営する政治団体に移して
支配下に置いていたことが分かった。自分の政治活動のほか、親族への支出などに
も充てていた。両党の資金には政党交付金など多額の公金が含まれており、こうし
た資金移動の手法が論議を呼びそうだ。
政治資金収支報告書などによると、小沢氏が代表幹事を務めた新生党は新進党に
移行する直前の94年12月、党本部と10支部に残った資金のほとんどに当たる
9億2526万円余を、政治団体「改革フォーラム21」に移した。党本部に限る
と5億5948万円余のほぼ全額が同フォーラムに移され、この大半は国から支給
された「立法事務費」だった。同フォーラムは、東京都千代田区にある小沢氏の
個人事務所を所在地とし、小沢氏が実質的に運営している。
また、03年9月には小沢氏が党首だった自由党と民主党の合併に伴い自由党が
解党。同党に残った15億5715万円余(うち5億6096万円余は政党交付金)
は、所属する議員らの35政治団体に各500万円が分配されたほか、
13億6186万円余が同党の政治資金団体だった「改革国民会議」に移された。
同会議は自由党解党後に一般の政治団体に変更され、小沢氏による若手政治家の
育成事業「小沢一郎政治塾」の運営母体となった。
同会議も所在地を小沢氏の個人事務所に置き、最近5年間は事務所費として毎年
1096万〜2532万円を計上、政治塾の会場費や講師への謝礼などに
2354万〜2690万円を支出している。06〜07年には農水省OBの小沢氏
の義兄に対し「組織維持費」の名目で計495万円の支出もあった。支出額は毎年
6066万〜8308万円、5年間で3億4556万円余に上る。解党時の残資金
を巡っては、政党交付金に限り他団体への寄付を禁じる改正法案が今年、衆院を
通過したが、解散で廃案となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091227-00000001-maip-pol

画像



民主党大訪中団の事前折衝で、約140人の民主党国会議員全員が、胡錦濤
中国国家主席と握手して写真撮影を行うことに中国側が難色を示したが、これ
に対して小沢一郎幹事長が 「だったら行かない」として、訪中計画を中止する
構えを見せていたことが23日、分かった。
その結果、10日夕、北京市の人民大会堂では、胡氏の前に国会議員が列をつ
くり、次々と胡主席と笑顔で写真に収まる記念撮影会が実現した。
民主党国際局長の藤田幸久参院議員によると、訪中直前の段階で中国側は、
胡氏と国会議員一人ひとりとの写真撮影について「時間がかかり過ぎる」こと
を理由にいったんは断ってきた。
だが、それを聞いた小沢氏は「そんなに時間はかからないはずだ」として、握
手撮影が実現しない場合は、訪中自体の取りやめも辞さない考えを示したと
いう。
小沢氏が握手撮影会にこだわった理由について藤田氏は「小沢氏は普段か
ら『長い演説をするよりも、握手と写真の方が重要だ』と考えており、それを中
国側にも求めたということではないか」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091223/stt0912232047003-n1.htm


★小沢氏、宮内庁長官を「あいつこそどうかしている」特例会見問題で

民主党の小沢一郎幹事長が17日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席と
の特例会見を「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾
宮内庁長官を改めて激しく批判したことが明らかになった。
小沢氏は同日、羽毛田氏について「あいつこそどうかしている。天皇の権威を
カサにきている」と批判した。国会内で関係者に語った。
記者会見など公の場での発言ではないが、天皇陛下に仕える宮内庁長官を
「あいつ」呼ばわりし、羽毛田氏が天皇陛下を後ろ盾に使っているかのような
認識を示した小沢氏の言動は、与党実力者としての良識が問われるものだ。
小沢氏の羽毛田氏批判が明らかになったのはこれで3回目。小沢氏は14日
の記者会見で「もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ。
当たり前でしょ、役人なんだもん」と述べて辞任を要求したが、羽毛田氏は応
じない考えを示している。
15日にも小沢氏は自身の政治資金パーティーで「内閣が決めたことを一官僚
が記者会見まで開いて言うものではない。言うのなら、辞めてから言うべきだ」
と羽毛田氏を批判していた。

産經新聞 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091218/stt0912180138000-n1.htm


画像



天皇陛下と習近平・中国国家副主席の特例会見をめぐり、会見が正式に設定さ
れる2日前の今月9日ごろ、中国高官が「陛下のご健康に配慮し会見を見送るな
ら、やむを得ない」と日本側に伝えていたことが17日、分かった。複数の中国関
係者が明らかにした。
11月下旬から特例会見を求め続けてきた中国側が、交渉終盤で見送り容認姿
勢を示していたことが判明したのは初めて。
10日からの訪中を控えた小沢一郎民主党幹事長の意向を受け、首相官邸によ
る政治判断で方針転換し、特例会見が実現した実態が裏付けられた。
中国筋によると、この中国政府高官は9日ごろ、日本側と中国国内で協議。
日本側が「陛下はご高齢であり、健康状態を勘案してほしい」と説明したところ、
高官は「そういう話なら会見見送りは理解できる。
共産党指導部を説得できる」と受け入れた。
中国側は同時に、宮内庁の「1カ月ルール」を守らなかった事実を認める一方で
「前向きな対応を求めたい」と主張。
「1カ月ルール」を理由とした会見見送りには難色を示したという。
この中国高官は日本大使館勤務を重ねた日本通として知られる。

岩手日報
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_s.cgi?s_politics_l+CN2009121701000876_1

画像


民主党の小沢一郎幹事長が2010年度予算編成に向けて鳩山由紀夫首相へ
提出した「重点要望」のうち、目玉項目となったガソリン税の暫定税率維持や子
ども手当への所得制限導入について、実際には各種団体や自治体からの陳情、
要望はなかったとみられることが17日、分かった。
複数の党関係者が明らかにした。
財源確保策として小沢氏ら党の独自判断で明記したとみられ、小沢氏が「全国
民からの要望」としたことに疑義が生じた格好。
鳩山政権は「政策決定の内閣への一元化」を掲げているが、与党が陳情集約
だけでなく、政策判断にまで踏み込んだ構図があらためて鮮明になったといえる。
民主党は11月以降に寄せられた計約2800件の陳情を仕分けし計18項目に
絞り込んだ重点要望を提出した。
だが党関係者によると、暫定税率維持に関しては、運輸関係団体から「仮に維
持するならば、助成してほしい」との要望があった程度。
子ども手当の所得制限を直接求めた陳情もなかった。
このほか、重点要望の「土地改良事業費の要求額半減」についても、陳情に基
づかずに盛り込まれたという。
小沢氏は10〜13日の中国、韓国訪問の前後に党内で財源確保策を検討する
必要性を指摘しており、与党幹部は「いずれも小沢氏の意向で盛り込まれた」と
述べた。

2009/12/18 02:02 【共同通信
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121701000901.html


画像



・<テレビウォッチ>民主党の小沢幹事長が16日、副幹事長ら20人を引き連れ
て官邸に乗り込み、2010年度予算と税制に関する18項目の要望書を提出した。
これまでの陳情をもとにまとめた党見解だ。
注目はマニフェストに切り込んだ部分。子ども手当に所得制限を設けたことと、
ガソリンの暫定税率を 維持するとしたこと。
赤江珠緒が「マニフェストを変えてきました」
鳥越俊太郎は、「マニフェストをもとに政権をとった初のケースで、実際に政権に
ついてみて、変更はあってもいい。オープンにしていれば、ボクはアリだと思う」
三反園訓は、「2重権力じゃなくて小沢さんのひとり試合。子ども手当では、所得
制限に賛否があり、暫定税率でも税収が少ないのにどうしようと。それに小沢さ
んが調整に出てきてくれた。鳩山さん4回も『ありがとう』といっていた」
しかし東ちづるは、「守れるものと守れないものがあるのはわかる。が、子ども手
当は、子どもは宝だからみんなで支えようという。これが新政権のカラーだと思っ
ていたのに、ここを変えるとなると、 ちょっと裏切られたような気持ちになる」という。
やくみつるは「事業仕分けはよくやったが、マニフェストの仕分けは中身が見えな
い、上からどっかん みたいな。選挙で勝つための手だてだったのかと、ちょっと詐
欺まがいにも見える」
三反園は「小沢さんは、この程度なら国民は許してくれると踏んでいる。
が、所得制限を どうやるのかは難しい」
小木逸平は「事業仕分けはよく見えたが、陳情の部分が見えない…」
鳥越「いや、見えてると思う。党がこう言ったとか、亀井さんも勝手なことを言う。
自民党だったら、一切表に出てこない。今回はみんないろいろ言っても、最後は首
相が決断すればいいんだから」所太郎は「なんでここまでかかったんだ、というの
がある。国家戦略室は枠組みを出さなかったんだと」
三反園は「調整役はやはり小沢さんしかいないんだな、というのが見えてきた」
鳥越「それがオープンになってる」(笑い)そう、そこが最大の違い。
国民との距離感の違いになっている。(一部略)
 http://www.j-cast.com/tv/2009/12/17056376.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


画像


さまざまな情報から理解出来るのは、拾った画像のような気質が「強権」へと繋がる
それを補強するかの書き込みを古い投稿から・・・。

------------------------------------------------------------
韓国がベトナムに残した癒えない爪あと (25) 見た人の数 → 3677

1 N8HD8D703c (09/10/26 15:37)
韓国がベトナムに残した癒えない爪あと

画像


当時、ビンディン省から北のクアンガイ省、クアンナム省にかけての豊かな農村
地帯は、南ベトナム解放民族戦線(以下、解放戦線)の支配下にあった。
先遣部隊に続き、派遣された猛虎師団がビンディン省クイニョンに上陸したのが、
65年の10月のこと。
猛虎師団は上陸後、海岸線に沿った国道1号線と、
中部高原プレークに至る国道19号線沿いに激しい掃討作戦を実行し、
現地で解放戦線とみなした一般市民を大量虐さつする事件や
ベトナム人女性を強姦する事件など、数々の蛮行を起こした。

http://www.news.janjan.jp/world/0910/0910131569/1.php

4 3ZzLFQlrLg (09/10/27 05:19)
「醜い韓国人」朴泰赫

韓国の歴史とはただ強い者に媚びへつらい、弱いものを
圧するというそれだけの歴史である。
大陸の宗主国の力が弱まれば新興の宗主国にくっついて旧宗主国をた
たく。 これが韓国の「真実の歴史」である。
元寇のときは元にくっついて壱岐、対馬の善男善女を虐さつしぬき、
日本が宗主国となると旧宗主国である満州人をいじめ抜き、
日本が敗戦すると日本を見下し、恐喝、強盗まがいのことを平然として、
アメリカにくっついて武器も持たぬベトナムの女子供をなぶりこ ろしにする。
これが韓国の歴史である。
こんな歴史しかないくせに「五千年の偉大なる歴史」とは笑止千万!

卑怯者とは韓国人のためにある言葉だ
------------------------------------------------------------

とまぁ、なんともな「強欲」さしか印象にない人物が、日本の中枢にいる
のは、空恐ろしい限りである。
醜い人格は、退場を促さなければ、どんどん侵食され「腐っていく」
何しろ選挙前の危惧した通り、「選挙に勝てば前言翻し」が横行し「国民の声」
という、小選挙区の投票率は全く忖度せず言い放つ御仁である。
流石に、血は争うぬ様相を呈している。
願わくば、司法の「厳正な理論」が捻じ曲げられないことを祈念する。
早々に宇宙人と共に退場をして貰いたいものだ・・・。







独裁者―その怖ろしくて滑稽な実像
グラフ社
加瀬 英明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこぞに向かうか「日本」、怪しく操る人物 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる