バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 優柔不断な「スネカジリ」に、翻弄される沖縄

<<   作成日時 : 2009/12/05 16:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ごねることにかけてはお上手だった人々の上を行ってしまう「スネカジリ」に、
今度は自分達の職域やら領分を侵された如くの「ぶれ方」にやきもき・・・。
結果的にすべての関わる人が振り回される、なんともなリーダーをいただく
この国は、いっそう相手にされない国に成り下がるか・・・。


画像



兄弟ともども「スネカジリ」が判明してあきれ返る一方なのに、その「優柔不断」
の真骨頂のように、八方美人という「自分の信念」のなさを露呈してしまうリーダー
には、二本の「ノムヒョン」と揶揄されるがそれ以上な存在では、何しろいくら笑われ
ようが、あちらは国を思ってのこと、かたやこちらは「宇宙」的発想で、「国のあり方
分からない」人であるから・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相が北沢防衛相に対し、「新しい
場所を探してほしい」と述べ、日米合意に基づく米軍キャンプ・シュワブ沿岸
部(名護市辺野古)以外の移設先を探すよう指示していたことが3日、明らか
になった。
首相の指示は、移設先の検討を事実上仕切り直すよう求めたものと受け止
められている。 移設先を見つけるには時間がかかることから、首相は年内決
着を先送りすることにしたとみられる。
首相は3日夜、「年内に決めなきゃいけない、という議論をしているわけでは
ない」と記者団に述べ、年内決着を見送る考えを公の場で表明した。
これに先立ち、首相は3日夕、首相官邸で平野官房長官、岡田外相、北沢防
衛相と会談し、4日に都内で開く日米外務・防衛当局の閣僚級作業部会に向
けた協議を行った。首相は「連立は大事だ。米国とは誠実に協議してほしい」
と述べ、移設問題の決着が遅れても、米側の理解を得られるよう指示した。
首相はここ数日、平野氏らと連日協議を重ねており、新たな移設先の検討指
示もこの中で出た。
複数の関係者によると、首相の念頭にあるのは、米領グアムだという。首相は
3日、普天間移設を2014年までに完了すると日米が06年に合意した米軍再
編のロードマップ(行程表)について、「柔軟性を持って臨むことは可能だ」と記
者団に語り、移設の時期や場所などを 軌道修正する可能性を示唆した。
一方、北沢防衛相は3日、社民党の阿部知子政審会長らと防衛省で会談し、
移設問題について首相から「丁寧、慎重に時間をかけてやってほしい」と指示
されたことを明らかにした。
政府は、一連の方針を与党側と調整するため、近く、連立3党の各党首が参加
する基本政策閣僚委員会や、党首や幹事長らによる政府・連立与党首脳会議
を開く考えだ。また、米側に対しても、4日の日米作業部会で概要を伝える方針だ。
首相が新たな移設先の模索を指示したことで、首相がオバマ大統領に約束し
た「迅速に結論を得る」対米公約は果たせなくなり、日米関係は大きな打撃を
受けることになった。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091204-00000058-yom-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
当然な帰結は、もともと分かっている「合意」に対するみみっちい強がり、
ただ「朝令暮改」を繰り返すうち、いくらマスコミが擁護しようが「無能なリーダー」
は知り渡り、印象操作が酷ければより「非情な反感」をどっと食うことになる。
本人の自覚のないままの発言には、携わる人々に気の毒としか言いようがない。

画像


現職の大臣として、国益を損ねる発言に対する批判が起こらずに、単に政権与党
の政局にばかり目が行って・・・、反対するはいいが対案なし。
あるわけはない、何しろ「軍隊不要、無防備都市宣言」の党なのだから・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は3日午前の党常任幹事
会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、鳩山内閣
が2006年の日米合意通り同県名護市辺野古に移設することを決めれば、社
民党として連立政権からの離脱も辞さない考えを示した。
福島氏は「辺野古の沿岸部に海上基地をつくる決定を内閣が行ったら、社民党
としても私としても、重大な決意をせねばならない」と述べた。
普天間移設問題について、鳩山内閣は、民主党と連立を組む社民、国民新両
党が年内決着に反対していることなどから、政権の枠組みを重視して結論を来
年1月以降に先送りする方向で調整に入っている。一方、米側は日米合意の早
期履行を強く求めている。福島氏の発言は、鳩山由紀夫首相に対し、辺野古へ
の移設を受け入れないよう強く迫ったといえる。
http://www.asahi.com/politics/update/1203/TKY200912030168.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いくら新政権になろうとも、国益を害してまでその政権を支えるとは少々常軌を
逸している。
それでなくとも「ご当地には給料を食みながら、反対をする」という奇特な人々が
暗躍しているのだから・・・。

画像


基地反対なれど、職場はなくなってくれるな・・・。
どだい無茶な「ごねぶり」を披瀝していては、賛同は得られるものではない。
ましてひそかに「基地存続」を願いながら、表面上は「基地反対」を唱える
では、本当になくなったら、明日の暮らしに支障をきたす・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 来年度予算案の概算要求の「事業仕分け」で、政府の作業チームが、
いわゆる思いやり予算のうち、基地で働く日本人の給与水準を
「見直すべきだ」と結論づけたことを受けて、沖縄の基地従業員の
労働組合が3日、沖縄県の仲井真知事に対し、見直しを行わないよう
政府に働きかけてほしいと要請しました。
沖縄の基地従業員でつくる全駐労=全駐留軍労働組合の沖縄地区
本部の與那覇栄蔵委員長は3日、仲井真知事と会談しました。
思いやり予算のうち、国内のアメリカ軍基地で働く日本人の給与の
水準について、政府の作業チームは、地元の民間企業の賃金と
比較したうえで、「見直すべきだ」と結論づけました。会談の中で與那覇
委員長は「給与は本来、労使間で決定するものだ。ただでさえ沖縄の
賃金水準は全国の6割から7割しかないのに、給与が引き下げられれば
地域の経済や雇用に大きな影響を与える」と述べ、給与水準の見直しを
行わないよう政府に働きかけてほしいと要請しました。
これに対して仲井真知事は「話はよくわかる。ぜひいっしょに動いてい
きましょう」と述べ、沖縄県としても給与水準が見直されないよう
政府に要請する考えを示しました。この問題をめぐっては、沖縄県議会
でも給与水準の見直しを行わないよう政府に求める超党派の意見書を
まとめる動きが出ています。NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014182491000.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
露骨な訴えだが、基地そのものがなくなれば、こんな削減ではすまない
ものだろうに・・・。
結果的に削減が及べば、基地存続容認が表面化してしまう。
「ねじれる」精神か、はたまた「ごね得」狙いか・・・。
さすれば「翻弄」されるではなく、本音が透けて見える・・・。


画像


優柔不断の副産物は、「翻弄される地の利益のありか」にありそうで、
反対を叫びながら、あるいは解決を叫びながら、結論が出ては困る人々の
存在を浮き彫りにしてしまうといったところか・・・。


あばかれた「神話」の正体
祥伝社
鴨野 守

ユーザレビュー:
マスコミに就職する人 ...
丹念な取材に基づく検 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



沖縄戦「集団自決」の謎と真実
PHP研究所
秦 郁彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
優柔不断な「スネカジリ」に、翻弄される沖縄 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる