バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦略と経費算定は、事前の対処のはずだが・・・。

<<   作成日時 : 2010/03/23 18:53   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

政策実行に伴う事務経費と「費用対効果」が下調べで分かっていれば、
大概のものが「経費倒れ」に終わるなら、やらない選択肢も存在する
はずである。
何しろ「無駄な税金」は使えない。事務経費もその範疇に入るものであり、
だからこそ公務員削減の人員整理も政府の大切な施策の一つに上げら
れるものである。


画像



民間であるなら、マーケティングを徹底して経費対効果はおのずと
図れて、事業化するしないの結論が予め予想出来る・・・。
そうでないと限りある資金の困窮は「企業の終了」に直結することになる。
然るに、アドバルーンを揚げたはいいが、それへの経費見込みがない
という政策は、完全な欠陥ではないのか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算

・菅財務相は23日の閣議後の記者会見で、政府が6月までに行う2011
〜13年度の 歳出と歳入の見通しを示す「中期財政フレーム」の取りまと
めにあたり、子ども手当の支給額や財源などを試算する考えを示した。
菅財務相は「マニフェスト(政権公約)通りに実行すればどのぐらいの費用
がかかるか、逆にそれが難しいとなった時に、例えばどのぐらいであれば
税との関係がどうなるかなどを想定して試算する」と語った。
民主党は10年度は月1万3000円を支給する子ども手当について、11
年度からは月2万6000円に引き上げると公約している。満額支給には
約2兆5000億円の新たな財源が必要になることから、試算の結果によ
っては見直し論議につながる可能性がある。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100323-00000456-yom-pol

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この答弁には呆れ返る。選挙公約であるはずのものなのに、それへの
事務経費を算出せず、「政権交代が景気対策とか、子ども手当てで内需拡
大」とか根拠もなく言い放ち、ふたを開ければ「これから・・・」、これでは財政
は「不安定な政策」に寄る事務経費増大で、経費倒れしてしまう。
そうなるとマスコミがネガ・キャンといっていた自民党の政策批判動画こそ、
正しいものの見方となって来る。





このような足を地に着けない「行き当たりばったり」な物言いで、政権をとったら
「担当能力」はなかったでは、国民は「お先真っ暗」である。
早々に「自分達の失態から、潔さを発揮して、総辞職・解散」を挙行するのが、
国の最高機関の議員としての「矜持」である。


画像



この画像の人物比較が、とても的確であるを改めて認識する。
どこで拾ったかさへ今は覚えていないが、作者の洞察力に拍手したい。
そして「子ども手当て」の行き先には、以下のような画像があり、さて「子育て
支援」名目と「遊興」に使われるものがどれほどか・・・。
勿論、性善説カルト脳は数値的判断はしていないだろう。


画像



母子加算でも、憂慮された「遊興費」に回る確率が高いのは分かりきっている
だけに経済効果は、とんと知れたものである。
その一方で「遊興費」の第一に上がる「私営賭博場」は、てぐすねであろう。
税金の使い道も、効果が最重要だろう。

で、政策には「賛成・反対」がつき物で、反対する人達はデモという手段で
意思表明をする。
その意思表明でも、費用対効果はそれなりに図られなければならない。
市井の人々の「デモ」には、金の掛けられぬ事情があるだろうし、そして
どれほどの「効果」も手探りだろう。
それでも、声を上げるのは賛成である。




「そよ風 デモ」

この風景には、下の「デモ」との違いが一目瞭然である。
金の有り余る「労働組合」は、なにをおしても「のぼり旗」を押し立てて・・・。




「ソマリア自衛隊派遣反対デモ」

一人一つ「のほり旗」を用意して、その上この「デモ」日付を見たら「金曜日」
である。流石に「闇専従」とか批判されたから、「昼休みデモ」という姑息な
タイトルを使って正当化を図るのだが、準備は、そして昼休みは大概一時間
であろう。その場に行くのに「徒歩零分」のところに職場があるのか。
のぼり旗は「代行」なのだろうか・・・。
ここで「労働組合」の幹部は、動員という「強制」を掛けたのだろうか。
この準備にも「労働組合」の組合費は使われているのだろう。
それも「天引き」という、集金要らずの「搾取」だと、末端が思っていても、
そ知らぬ顔で「闘争」に明け暮れる、それが「平和」を叫ぶ、どこか狂っている
としか思えない。そんな金があるなら、その金を分配してしまった方が、組合員
も家計の足しになると思うのだが・・・。
上と下の「デモ」の違いは一目瞭然で、のぼり旗をおったてて、自分達の存在を
知らしめるでは、ただの「参加する意義」よりも、チェック怖さの付き合いも見え隠
れ、そんなところの末端の組合員は「上納金」を納めるだけの存在では奴隷と変
わらないのではないのか・・・。
容易く脱会が出来ればいいが、それが足抜けとか言われるのでは、ホニャララ団
と違わない組織になって来る。


画像


沖縄の人達も、一説に言われる「交通安全週間」のボランティアと同じで
「お礼金」が支払われていたりして・・・。
それじゃアルバイト感覚だわな・・・。

画像



何にもまして、将来への「ツケ」では、政策とはいえないものである。
その前に「景気対策」と「行政改革」が、政権の運営には必須なもの
である。





景気対策なくして構造改革なし
東洋経済新報社
原田 和明

ユーザレビュー:
夢をあたえることみん ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



不況の歩き方
主婦の友社
佐藤 昌弘

ユーザレビュー:
不況は誰でも乗り切れ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
事務経費欠念が財政を揺るがす
子供手当ての「外国人給付」について、その理不尽な取り扱いには国民に 不満が渦巻き、その扶養数の「デマ」が大きくなれば、火消しに躍起になり あわてて支給要件を各自治体に送付し、それをマスコミを通じて「ちゃっんと やってます」とでも言いたげだが、さてでは「事務経費」予測はついていて その代金の清算はどうなのだろう・・・。 ...続きを見る
バック・ストリートを歩く影の独り言
2010/04/07 23:57
「政治主導」無駄削減を叫び、無駄増やす。
「政治主導」という言葉が出て久しいが、現実はどこにもそんな痕跡もなく、 実際は官僚に教えを請う始末で、発言の変遷がそれを如実に物語って しまうと、一体何がやりたくて「政治家」になるの根本的疑問が湧いてくる。 ...続きを見る
バック・ストリートを歩く影の独り言
2010/07/03 00:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦略と経費算定は、事前の対処のはずだが・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる