バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 何にも立案出来ない内閣、トレースが最善策とは・・・。

<<   作成日時 : 2010/03/31 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何をさせても「駄目な人」という人の存在が如実にそこにあり、あらゆるこ
とに自分の理念がないから、拝聴する意見がそのまま政策に反映してし
まい、「あちら立てれば、こちら立たず」になれば、前言翻しは朝飯前で
「一体全体何考えている」と皆から総スカンを食らう体に完全に陥れば、
あれほど「国営漫画喫茶」やら「アニメの殿堂」と批判したものが、「特区」
なる中国並みの言葉で蘇りでは・・・。


画像



自分の言葉では「政治理念」といいながら、反対されようものなら「何だって
いい」とばかり、発言反故は当たり前、決意は「法に触れない」とか詭弁も
飛び出して、やることといったら「アニメ」・・・、ああ「混乱の局地のカルト脳」
は、彷徨いだしたら金星まで飛んで行く・・・、いや飛んで行って帰ってくるな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
政府の知的財産戦略本部(本部長・鳩山首相)は30日、「知的財産推進
計画2010」の骨子を決定した。
海外でも人気の高い日本のアニメなどコンテンツ(情報の内容)を創作する
「特区」の創設などを盛り込んだ。
具体的な工程表を含めた計画を副大臣級の委員会で詰め、政府が6月に
まとめる新成長戦略に盛り込む。
骨子は知財活用による競争力強化など三つの重点戦略に応じて計82項目
の取り組みを列挙した。
電気自動車やスマートグリッド(次世代電力網)などの国際規格づくりを主導
する具体策を10年度中に打ち出す。
コンテンツ分野では海外進出を支える官民共同ファンドの創設、関連業界向
け優遇税制の導入などに着手する。

3月30日20時39分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000898-yom-bus_all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アニメについては猛烈な批判を浴びせたのがマスコミという、アニメで食わさせ
貰っている自我も崩壊して、搾取が出来なくなる危機に、しゃべくりが異を挟む。

画像


マンガも描けない漫画家がしゃしゃり出て、ヒステリックに叫べば、それに同調し
頷くだけの無知のコメンティーターの構図は、醜悪の図を見せられる国民にとっ
て最悪の時間帯・・・、自分で自分の首絞めつつ、舞台から去らねばならぬ哀れ
を感じて・・・。

画像


どんどん幻想から醒めると、欠陥しか目に付かなくなる。
すると前政権の政策も検討課題に挙げ、なんとか面目を守ろうと「泥縄で
溺れるものは藁をもつかむ」では、議員の矜持はないに等しい・・・。
それを擁護していたマスコミは逃げ足早く、風を読むといいつつ論調に変化
を持たせ、しかし如何せんネットのない時代ではない。
それらの発言内容は素人ブログに記録されている。
そのなものの一つを引用。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国民の意識行動を見誤させるマスコミという害虫

ひところ無駄の象徴としてマスコミの総攻撃にあっていた前政権の施策に
「アニメの殿堂」とか「国営マンガ喫茶」とかという揶揄されたものがあった。
それが象徴的に攻撃材料とされ、イメージ的に前政権の施策そのものがま
るで駄目であるという印象を。国民に与えて・・・。そのマスコミ絶賛の政党
が政権を取って三ヶ月、見るも無残な体たらく、そのうえご丁寧に、あの騒
動の時「日本のアニメ・まんがは追い抜かれた云々」と、妙な人々を使って
言い放っていたが・・・。

画像



特に南朝鮮のアニメだかマンガを殊更強調していた自称文化人という職業
の人がいたのだが、さてそのあちらでの人気ランキングには、何ともな結果
が現れていて、さてさて「見たことも聞いたこともない」公共放送くらいが同胞
のよしみで日本国民の受信料で買ってやっていた日本の基本的な手法の下
に、独自色も出せずにいるものと、どちらが優れているかは読者が一番知っ
ている結果・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■「けいおん!」、11月中の最多売り上げ

(韓国)国内で出版された単行本漫画の中で先月11月に最も多く売れた
作品は「けいおん!」であるとの集計結果が出た。
漫画オンライン総合ショッピングモールのコミックストーム(www.comicsto
rm.co.kr)が集計した結果によれば、11月中に読者から最も多く愛された
作品は、1位は「けいおん!」、2位「パンドラハーツ9巻 ダイアリー限定版」、
3位「ワンピース 54巻」の順となった。
1位となった「けいおん! 2巻」は、日本の漫画家であるかきふらいが芳文社
の漫画雑誌「まんがタイムきらら」に連載している4コマ漫画が原作だ。部員
が不足して廃部の危機にあった高校軽音楽部に集まった4人の同年齢女子
高生のストーリーである「けいおん!」は、TVアニメーションとなって大人気を
呼んだ。2位「パンドラハーツ 9巻」は望月淳原作のミステリーファンタジー物
だ。特に今回の9巻にはパンドラハーツの主人公らのスペシャルイラストが入
った2010年ダイアリーが含まれている。
このほか3位は「ワンピース 54巻」(尾田栄一郎)、4位「ハヤテのごとく!20
巻 カレンダー 限定版」(畑健二郎)、5位「BLEACH 40巻」(久保帯人)の順
だった。

■11月の漫画単行本ベストセラー TOP20 (コミックストーム集計結果)
1位 「けいおん! 2巻」
2位 「パンドラハーツ 9巻」
3位 「ワンピース 54巻」
4位 「ハヤテのごとく!20巻」(カレンダー限定版)
5位 「BLEACH 40巻」
6位 「是 -ZE- 8巻」
7位 「神のみぞ知るセカイ 4巻」
8位 「生徒会の一存」(J NOVEL)
9位 「乃木坂春香の秘密」(EX NOVEL)
10位 「とある魔術の禁書目録 SS〈2〉」(NY NOVEL)
11位 「スキップ・ビート! 22巻」
12位 「鋼の錬金術師 23巻」
13位 「ハヤテのごとく!20巻」
14位 「To LOVEる 14巻」
15位 「バクマン。 4巻」
16位 「クロスゲーム 15巻」
17位 「アクセル・ワールド」(J NOVEL)
18位 「バンブーブレード 11巻」
19位 「百鬼夜行抄 18巻」
20位 「河伯の新婦 10巻」(尹ミギョン・作)
http://www.cocanews.com/?doc=news/read.htm&ns_id=4162
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本のランキングかと見がもう結果に、さて人気というものの販売実績は
嘘をつかないものだし、まして読者にとって「良いものは良い、駄目なもの
は駄目」である。それを懸命に貶して、持ち上げるべきものは「実力不足」
を何でカバーしていく・・・。
下のように古い記事にある「国のサポート」にあるとなれば、日本のアニメ
やらマンガにとって、箱物があってもなんらおかしくないし、観光の目玉と
なりえた施設・・・。
マスコミぐるみで「サブ・カルチャー」を潰す国、政府ってのは、いかがした
ものか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
京畿道(キョンギド)富川市(プチョンシ)の、『韓国マンファ(以下=マンガ)
映像振興院』が最近完成して運営を開始した。
富川市によれば17日、達美区(ウォンミグ)上洞(サンドン)の映像文化団
地内にある韓国マンファ映像振興院が今月の初旬に完成して、この日から
今月末までマンガ関連機関と団体、企業、そしてマンガ作家が入居する。

◇韓国マンガ映像振興院現況

画像


振興院は、富川映像文化団地内の2万6千500余uに、地下2階、地上5階
の建物2棟が新築され、延べ面積は2万3千700数u。
これはマンガ関連機関の建物としては国内で唯一、最大規模であり、アジ
アでも最大の規模だ。
振興院の敷地は市の所有物で、建築費637億ウォンは国費319億ウォン、
京畿道費127億ウォン、市費191億ウォンなどが用意された。
40人余りの幹部と職員が常住して運営と管理を受け持ち、有名マンガ家
のイ・ヒョンセ氏が振興院の理事長、富川マンガ情報センター常任理事の
イム・ヒョンテク氏が院長にそれぞれ任命された。
振興院には、富川マンガ情報センターと富川国際学生アニメーションフェ
スティバル組織委員会(PISAF)、富川国際ファンタスティック映画祭組織委
員会(PIFAN)など、マンガ映像関連団体や機関及びマンガ博物館、マンガ
図書館、アニメーション上映館、キャラクター商品館、ビジネスとコンベンシ
ョンホールなどが入ったり配置される。
また、それぞれ5倍と2倍の入住競争率を通過した22人のマンガ作家と17の
マンガ業社が入住して、創作と製品生産活動が行われる事となる。

ソース:NAVER/富川=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0002816414

▽中韓アニメ漫画発展基地を着工
 10月19日、河北省保定市で国家アニメ漫画産業発展(保定)基地の起工式
が行われた。今後、関連産業を集約し「アジアのハリウッド」を目指すという。
国家アニメ漫画産業発展(保定)基地は中国、韓国から60億元(約900億円)
が投資される大型プロジェクト。保定市には漫画、雑誌、書籍、アニメ、ネット
ゲーム、携帯ゲーム、キャラクターグッズなどの関連企業が100社を超えるが、
国家新聞出版総署認可の産業発展基地建設が新たな飛躍のチャンスにな
ると期待されている。
関係者によると、省政府および市政府の支持の下、すでに中国、韓国、日
本、米国、スイスなどの企業が同プロジェクトに参加しており、今後企業の
参加増が見込まれる。娯楽産業の中心地として発展するだけではなく、観
光客を集めて年中盛大なイベントを行うアジアのハリウッドとして発展するこ
とが期待される。
http://tsukurukai.webdeki-bbs.com/tsukurukai_topic_pr_243.html


画像



 「『アニメの殿堂』という言葉が独り歩きしてしまった。誤解を受けたのは大
変残念」−−。09年度補正予算に建設費117億円が盛り込まれた「国立メ
ディア芸術総合センター(仮称)」の基本計画が26日、公表された。しかし、
民主党は政権を獲得した場合、関連予算の執行を停止する方針。漫画家で
設立準備委員の里中満智子氏は会見で、「殿堂ではない」と同党にも理解
を求めていく姿勢を示した。
基本計画では、アニメやマンガだけではなく、ゲームや映画、エレクトロニク
ス機器などを使った「メディアアート」と呼ばれる表現ジャンルなども総合的に
扱う施設とすることを強調。「諸外国では施設整備が進んでおり、中国や韓
国なども国を挙げて各分野の振興に取り組んでいる」として、拠点整備の重
要性を訴えた。
里中委員は「『殿堂』は持ち上げて褒めたたえるためのものだが、この施設
は国内外への情報発信、若手育成などの機能を重視している。民主党にも
中身を知ってもらえれば理解していただけるはず」と述べた。
【加藤隆寛】

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090827k0000m040117000c.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
理解する気もなく、ただ単に日本を貶せれば何でも良く・・・。
その象徴的なマスコミは、販売促進の広告宣伝でも過激に「中吊り」広告に
言葉を躍らせるものだ。
常識的に「自分の見識」で記事を書き、未来予想図を描くものだろうが、その
未来予想図が、とんでも八分となれば、最初に出てくる言葉は「不見識」に対
する読者に対する「詫び」であろう。


画像



未来予想図は「バラ色」だったはず・・・。それが三ヵ月後。


画像



いくらなんでも自分で持ち上げたものに対して、こき下ろす前に読者への
「不見識」ぶりを詫びるべきだし、自分の不明に恥じ入るべきで、ここはそ
の不見識と「温暖化対策」に協力する意図をもって、廃刊にすべきだろう。
でないと、読者は「躁鬱病」を悪化させられる。
そうなってくると、正に害虫である。
下のような「警告の書」みたいなアニメにも、頭が上がらないだろう。



結果的に見通せる予想が的中してしまったアニメに、上の害虫雑誌は、
どう応えるか。ここはやはり廃刊が、森林保護にも役立つし・・・。

http://erath0515.at.webry.info/200912/article_4.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて「民主党らしさ」とかのたまったその口から「アニメ」が出てくると、
良いとこ取りのどこぞの国と何も変わらず、この男、最低なりを表明している
ようで、ますます国民から嫌われる・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何にも立案出来ない内閣、トレースが最善策とは・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる