バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤松口蹄疫事件」の検証なしに、支持率が上がる不思議・・・。

<<   作成日時 : 2010/06/08 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前政権の副総理という役職は、何かあったら総理代行を司る政権運営
の「一蓮托生」システムのものではないらしく、首が据え変ったら、あら不
思議、軒並み支持率が「嘘のように」上がって、それでいて「赤松口蹄疫
事件」で被害に遭われた「宮崎県」には支援の輪が広がっている・・・。
で、支援する人には、きっと電話は掛かっていかないシステムなのだろう。
感染源への追求もなく、「疫病」に対する無能振りを発揮した政権の印象
と、国民感情はマスコミによって強制的に乖離させられた?。

画像


新たに「農水大臣」に、滑りあがったこの人、「種牛殺せ!」の先頭にたって
いた人だと思うが、この無能対策に対して全国の「畜産関係者」は、憤りを
覚えるのではないのか・・・。
するとアンケートの電話取材は、きっと「畜産関係」やら、「民主党の弱い地
域」を除外して、ランダムに統計を取ったら、「こんなん出ました」がね下の
数字か・・・。

-------------------------------------------------------------
・調査は5日、6日に行いました。新総理に選ばれた菅氏について
「支持できる」と答えた人は66.7%、「支持できない」と答えた人は32.0
%でした。
鳩山政権発足時の去年9月の内閣支持率は80%を超えていましたが、
先月の段階ですでに20%台にまで落ち込んでいました。
民主党の支持率は前回より11ポイント以上アップして30%を超えています。
自民党はやや支持率を減らしたのに対し、連立政権を離脱した社民党は去
年10月以来8か月ぶりに支持率2%を超えました。
夏の参議院選挙でどの政党に投票するか尋ねたところ、先月は共に16%と
拮抗した民主党と自民党ですが、今回は民主が27%と自民を10ポイント以
上引き離しています。しかし有権者の4割を占める、いわゆる「無党派層」に
限って見ると、その7割近くが「まだ決めていない」と答え、大方が様子見の
状況であることがうかがえます。
民主党は夏の参院選で非改選議席と合わせて単独過半数を目指しています
が、こうした結果を望む人は2割弱にとどまり、国民新党と合わせて過半数を
望む人が、4割以上という結果になりました。
菅氏について最も評価できる点は「人柄や雰囲気」がトップで、「政策や政治
姿勢」、「クリーンさ」と続き、「指導力」と答えた人は4%にとどまりました。
新政権に優先的に取り組んでもらいたいテーマとしては半数以上の人が「景
気・雇用対策」を上げています。
解散・総選挙について、直ちに解散すべきと答えた人は1割程度で、過半数
の人がしばらく解散すべきではないと答えています。
また、鳩山総理の辞任については7割の人が「当然」と答え、小沢氏の辞任
については9割の人が「当然」としています。社民党の連立政権離脱を含め
今回の鳩山総理辞任の大きな引き金となった普天間基地の移設問題ですが、
移設先を「辺野古」と明記した日米両政府の合意について過半数の人が「評
価しない」としています。そして、この8か月の鳩山政権の実績についての評
価は6割の人が「評価できない」と答えました。
http://www.rkb.ne.jp/jnn_news/media/DT20100607_080002/4446470.html

画像



農水相に山田副大臣が昇格へ
6月7日22時29分配信 時事通信

農林水産相に山田正彦副大臣の昇格が7日、内定した。菅直人新首相は、
赤松広隆農水相が口蹄(こうてい)疫被害の拡大を受け、再任を望まない考
えを示したため、後任の人選を進めていた。副大臣として、宮崎県に設置し
た政府の現地対策本部長を務めるなど、口蹄疫問題に対応している山田氏
の昇格が適任と判断した。これにより、8日発足の菅新内閣の閣僚の顔触れ
が確定した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000144-jij-pol



「パチンコ屋擁護、国会質問」 山田正彦

--------------------------------------------------------------

パチンコ屋、焼肉屋、サラ金、三点セットは、パチンコ屋敷地内を見れば
頷ける。その中の一つ、サラ金は自民党が取り潰しにしたもの。
焼肉屋といっても、ブランドの牛肉から廃牛(ホルスタインの乳が出なくなった)
簡単に言えば、お年で役に立たないから「食肉」する類いのものまで、とっても
幅広いもの・・・、まぁこういったパチンコ系のところは、ほとんど「ブランド名」
など記載はない。そしてこの農水大臣の「パチンコ擁護の質問」では、何をか
いわんやである。

画像


それにしてもおかしな組閣ではある。
以下のように自分達で「信任」した議員を、横滑りさせずに入れ替えるとなると
「不信任決議」の否決は、なんだったのか。
議会無視の「政権」ってありなのか?。
そして「殺せ、殺せ」の種牛の「感染」がなければ、その勇ましい言葉も引っ込
めて「容認」とか・・・。
どの口が、「殺せ」から「やむなし」へと変更させたのか。

--------------------------------------------------------------
民主、国民新の与党などは31日夜の衆院本会議で、
宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で「初動の遅れが混乱を招いた」として、
野党が提出した赤松農相の不信任決議案を反対多数で否決した。

(2010年5月31日22時52分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100531-OYT1T01010.htm?from=top


画像


★宮崎の優良種牛5頭「異常なし」=国も延命容認−口蹄疫問題

宮崎県は6日、口蹄(こうてい)疫の発生後、国の特例措置で同県西都市
に避難・隔離していた県家畜改良事業団(高鍋町)の優良種牛5頭について、
精密な血液検査の結果、異常が見られなかったと発表した。5頭は5月22日
から2週間続けた毎日の遺伝子検査でも「陰性」が確認されており、国も殺処
分せず種牛として延命することを認めた。
宮崎県によると、優良5頭の種付け用精液は県内に流通する精液全体の約7
割を占める。
5頭の延命により、三重県の松阪牛などブランド和牛のもとになる子牛を供給
してきた宮崎県畜産業が壊滅的な打撃を受ける最悪の事態は回避された。
今後は、遺伝子検査を打ち切る一方、当初5頭とともに避難した「忠富士」(既
に殺処分)の感染に伴う移動制限が解除される予定の13日に向け、10日に
5頭の血液を採取、再度精密検査を行う。
5頭は当面、高鍋町に戻さず、県内での口蹄疫感染が終息するまで西都市で
飼育を続ける。精液の採取も終息後に再開する方針だ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010060600214
----------------------------------------------------------------
国は「殺処分」せず延命を認めた。
この認めるのは「農水大臣」のはずで、この大臣のハンコがなけりゃ、官僚は
返事しないだろう。何しろ「政治主導」という不味いシステムを使うから、こうまで
拡大し、素人衆だから「対策立てられず」のボンクラどもで、「殺せ」の大合唱から
一転するとは・・・。情けなくなる「言葉の軽さ」である。
そしてもっと情けなくなるのが、印象操作に邁進して「いい数字」を喧伝してしまう
テレビ・メディアのふしだらさ加減だ。
感染源への追求は、口が裂けても言わないけど、「同情らしきものは、放送する」
その姿勢は、とんと似非なジャーナリズムである。


関連エントリー 
http://hagane0522.at.webry.info/201005/article_14.html
「「キナ臭い」火消しに躍起になる政権」


2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
文藝春秋
佐々木 俊尚

ユーザレビュー:
おもしろい。著者、佐 ...
独自の視点のなさ先に ...
メディアプラットフォ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



新聞・TVが消える日 (集英社新書)
集英社
猪熊 建夫

ユーザレビュー:
本書で言われているこ ...
知識が増しました私は ...
特に得られるものがな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「赤松口蹄疫事件」の検証なしに、支持率が上がる不思議・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる