バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「嗚呼哀れ、練習不足だってのに銀河点だと・・・。

<<   作成日時 : 2012/12/10 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

採点競技に付き物の「審判の公正性」に、いつも疑問が出るのがスケート
競技で、そこのところに付いた名が「銀河点」という採点基準にない「配慮」
らしいが・・・、懸命に打ち込む選手に対して失礼では・・・。

画像


グランプリ・ファイナルでの浅田選手の「復活優勝」に喜びもつかの間、なんと
同時開催だったローカル大会の優勝者を伝えるメディアの意図はなんとした
ものだろう。そこらに日本のメディアの「汚染度」が現れていて、国民のテレビ
離れの根拠が丸わかりだが、この「銀河点」はオリンピックで改善されていく
のか厳しく見ていかなければ、採点競技の魅力を失いかねない・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フィギュアスケートのNRW杯は9日、ドイツのドルトムントで女子フリーが行われ、
1年8カ月ぶりに復帰した2010年バンクーバー五輪金メダリストの金妍児(韓国)
が今季世界最高を上回る合計201.61点で優勝した。ショートプログラム(SP)
に続き、フリーでも129.34点で1位だった。NRW杯は国際スケート連盟(ISU)の
公認大会。
金妍児は冒頭でルッツ、トーループの連続3回転ジャンプを鮮やかに決め、演
技構成点でも高得点を得た。
今季の世界最高はグランプリ(GP)ファイナルで浅田真央(中京大)がマークし
た196.80点だった。
村元小月(関大)がフリー2位で総合5位だった。
金妍児は昨年4月の世界選手権以降、競技から離れていたが、14年ソチ五輪
を目指し、7月に復帰を表明していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000024-jij-spo

画像


フィギュアスケートのNRW杯は10日、ドイツのドルトムントで女子フリーを行い、
バンクーバー冬季五輪金メダリストのキム・ヨナが今季世界最高の総合201.61
点で優勝した。
フリーは129.34点、前日のショートプログラムは72.27点だった。
1年8カ月ぶりに実戦復帰したキム・ヨナが優勝したことで、韓国メディアは「フィ
ギュア女王の帰還」、「完璧な復帰」、「対抗馬なし」、「世紀の才能」、「本当にブ
ランクあった?」、「軽く優勝」など絶賛表現の“オンパレード状態”になった。
韓国の俳優やタレントらも、自身のツイッターを通じてキム・ヨナの優勝を祝福した。
お笑い芸人のキム・ヨンチョルは「やっぱりキム・ヨナ。200点を超えるとは。
とてもすてきな夜になった」とツイート。
KBSアナウンサーのハン・ソクジュンは「現時点でこの程度なんだから体力も
付ければほかの選手たちは戦意喪失だな」と述べた。
作曲家キム・ゴンスは「1年8カ月ぶりに復帰したキム・ヨナに記録を破られた
浅田真央がちょっとかわいそうになった」などとつぶやいた。
小説家のイ・ウェスは、「キム・ヨナは私たちにとって永遠の希望。誇りです」と
短く絶賛のコメントを寄せた。
韓国では、浅田真央の成績と比較したり、日本各紙の報じ方や日本のインタ
ーネットユーザーたちの反応など、キム・ヨナの快挙と日本の様子を併せて伝
えるメディアが多く見られた。
「キム・ヨナをまねるにはDNAから違う」とまで言い切るメディアもあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000029-scn-spo
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ランキングとか数値には異常な興味を持つらしい「かの国」の人々は、その
数値が公正か否かの「厳正な目」を持ち合わせていないらしいのに、哀れさを
感じる。
以下の動画を見る限り、練習不足の「太り気味」の後半の演技で「銀河点」
が出るのだから・・・。



音声を消して見た方が良いと思います。
そうやって見てみれば、後半のヘロヘロさ加減に「練習不足」という選手として
致命的な怠慢を見て取れる。だけに本人が一番そこを知っているし、採点の
異常性にも気付いている・・・。同じ競技の選手にすれば「審判不信」に繋がる
危惧がそこにある。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「嗚呼哀れ、練習不足だってのに銀河点だと・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる