バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 至極真っ当な「肉親の情」と、犠牲を喜ぶかのクズっぷりが見事な人達・・・。

<<   作成日時 : 2015/01/26 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イスラム国の横暴に対しての反応には、日本の平和ボケも手伝って
なんともな人々の炙り出しが出来たようで・・・。

画像


あの唖然とする肉親がいる中で、犠牲になった肉親は情のあり方として
さすがだと思える・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
湯川さん父「心を痛めている」「とうとう来てしまった」

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が人質としていた日本人2人のうち、
湯川遥(はる)菜(な)さん(42)が殺害されたとする映像がインターネット上で
確認されたことを受け、湯川さんの父、正一さん(74)が25日午前、報道各社
の代表取材に応じ、「このような事態が起きないでほしいと願っていたが、心を
痛めている。非常に残念な思いでいっぱい」などと心境を語った。
正一さんによると、映像の情報が入ったのは25日午前0時ごろ。外務省から
「(殺害の)確認は取れていないが、ご承知置き願いたい」とする連絡が入った
ことで把握。映像については、テレビのニュースで確認したといい、「とうとう来
てしまった。気持ちとしてはすべてが真っ白というか、残念という気持ち。
言葉にしてでるものはなかった」と語った。
今回の事件について、「みなさまにはご心配、ご迷惑をおかけして申し訳あり
ません」と謝罪。「政府や関係者の方々のご尽力に深く感謝します」と話す一方、
イスラム国に対しては「早く戦争をやめ、早く平和な時が来ることをお願いした
いと切に願っている」と話した。
後藤さんについては、「息子から誠実で優しい方だと聞いていた。
『兄貴のようだ』と話していた」といい、「息子を心配して命懸けで現地入りした。
心苦しい。できるだけ早く解放され、日本に帰って活動してもらいたい」と気遣った。
取材には終始硬い表情で、時折声を震わせながら対応した正一さん。
報道陣が、映像が湯川さん本人と断定されたわけではないと話した際には
「はい、それだけは強く思っている」と語気強く応えた。

http://www.sankei.com/affairs/news/150125/afr1501250024-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
親族でも偉い違いがあるもので、こちらは犠牲になった「トンデモさん」と、
真っ当な意識の肉親・・・。

画像


石堂順子まとめ
後藤家に3歳の健二さんを置いて離婚し旧姓石堂に戻る。
親権は父親、健二さんを育てたのは再婚した義母で、健二さんにとってはその
義母こそが母親。
(石堂順子が嫁と会ったこともなく、孫が生まれたことも知らなかったのはこのため。)
会見をとめようとした親族は健二さんの実父。
(突然母親面して会見とか許せないのは当然。)
石堂順子は健二さんと交流はあるが数年に一度会う程度。
健二さんが攫われたことをテレビで知り、アカ繋がりのジャーナリスト田中稔(社会党
村山の元秘書)と組んで会見を開くことに成功。
健二さんを心配したのではなく、9条と反原発を世界に訴えることが目的。
(会見後の達成感に満ち溢れた笑顔はこういう理由。)
親族がとめようとしたのもそれが理由。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「アベ、お前がハルナ殺した」

インターネット上に投稿されたのは、オレンジ色の服を着用した後藤さんが、
殺害されたかのようにみえる湯川遥菜さんの写真を両手で持っている約2分
50秒の静止画像で、後藤さん自身のものとみられる音声も含まれていた。
前を向いて写真を持つ後藤さんの両手は、鎖がついた手錠のようなもので
つながれていた。

私は後藤健二だ。あなた方が見たのは、私と同じように拘束され、イスラム・
カリフ国の土地で殺された(湯川)遥菜はるなの写真だ。あなた方は警告された。
期限を与えられていた。だから、私を拘束する人たちは、自分たちの言葉通りに
行動した。
安倍(首相)、あなたが遥菜を殺した。あなたは、私の拘束者による脅しを真剣に
受け止めず、72時間以内に行動しなかった。
いとしい妻よ、愛している。2人の娘が恋しい。安倍(首相)が私に同じことをしな
いようにしてほしい。あきらめないでほしい。私の家族、友人、「インデペンデント・
プレス」の同僚とともに、政府に圧力をかけ続けなければならない。
要求はより簡単なものになった。彼らは公正だ。彼らはもう金銭を要求していない。
だから、テロリストに資金提供するという心配をする必要はない。
彼らはただ、捕らわれている仲間のサジダ・リシャウィの釈放を求めている。簡単
なことだ。サジダを彼らに渡せば、私は解放される。今なら、それは可能に思える。
我々の政府はすぐ近くにいる。どうすればいいのか。皮肉にも我々の政府(日本)
の代表はヨルダンにいて、サジダはそこでヨルダン政府に収監されている。
もう一度強調するが、私の命を救うのは簡単だ。あなた方がサジダをヨルダン政府
から彼らに返せば、私はすぐに解放される。私と彼女(サジダ)の交換だ。
妻よ、これは私にとってこの世で最後の時間になるかもしれない。私は死ぬかもし
れない。これを私の最後の言葉にしないでほしい。
安倍(首相)に私まで殺させないでほしい。

http://www.sankei.com/affairs/news/150125/afr1501250018-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
言わされているのは重々分かるものだが、それでもなにかしら、胡散臭さも
漂う利用度のある「捕虜」、すると桁違いな「ポンコツぶり」をかざす人々が
わらわら出てきて・・・。

画像


単に人質を利用しての「政権批判」をしたい人たちは、自分の頓珍漢ぶりも
自覚なく・・・。恥ずかしさも微塵もなくポンコツ振りを披露していては、国民の
意識も「内向きばかり」のポンコツを見捨ててしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イスラム国殺害脅迫 小沢氏「支援表明は宣戦布告」と発言 「人道」を「後方」
と混同も…

産経新聞1月25日(日)21時45分

「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表は25日放映のNHK番組で、
政府によるイスラム国対策の2億ドル支援について「日本も敵だと捉えられても仕
方ない。(支援表明は)イスラム国には宣戦布告とも言える」と述べた。
政府が避難民への人道支援と強調していることについても「人道支援の名前で言
おうが、後方支援、補給が戦争そのものだ。曖昧なごまかしの話はやめるべきだ」
と指摘し、「政府はあたふたしているだけだ」と非難した。非軍事的な人道支援と軍
事的な後方支援を混同した発言といえそうだ。番組は24日に収録された。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0125/san_150125_0041112652.html

画像


共産党の池内沙織衆院議員が、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」
に拘束された湯川遥菜(はるな)さんとみられる男性の画像がインターネット
上に公開された後、短文投稿サイトのツイッターに「こんなにも許せないと心
の底から思った政権はない」と、安倍晋三首相を批判する投稿をしていたこ
とが25日、分かった。
池内氏は首相が「テロ行為は言語道断であり、許し難い暴挙だ」と述べたこ
とを念頭に「『ゴンゴドウダン』などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、
国の内外で命を軽んじ ける安倍政権」と書き込んだ。
そのうえで「安倍政権の存続こそ、言語道断。本当に悲しく、やりきれない夜。
眠れない」と続けた。イスラム国への批判はなかった。
その後、投稿は池内氏のアカウント上では閲覧できなくなった。池内氏が削
除したとみられるが、ツイッター上では削除理由を明らかにしていない。

http://www.sankei.com/politics/news/150125/plt1501250025-n1.html

画像


民主党の大野元裕参院議員は24日のテレビ番組で、イスラム教スンニ派過
激組織「イスラム国」が日本人2人を殺害すると脅迫した事件に関し、「人道支
援はやるべきだが、やり方、言い方は、悪意で待っている人たちにいい口実を
与えた」と語った。安倍晋三首相が事件前の17日にエジプトでイスラム国対策
として中東諸国に2億ドルの支援を表明した演説内容やタイミングを問題視し
た形だ。
自民党の佐藤正久参院議員は同じ番組で「多くのイスラム国家は親日で変わ
らないが、イスラム国といわれる疑似国家だけが異質だ。ここを間違ってはい
けない」と強調した。

http://www.sankei.com/politics/news/150124/plt1501240010-n1.html

画像


画像投稿に衝撃=政府・与党−民主、政府対応を追及へ

過激組織「イスラム国」に拘束された湯川遥菜さんが殺害されたとみられる画像
がインターネット上に投稿されたことを受け、政府は事実関係の確認に追われた。
急転直下の展開に政府・与党は衝撃を受けている。
岸田文雄外相は25日未明、急きょ外務省に登庁。記者団に対し「いろんな情報が
あることは承知している。確認してから発言する」と述べ、情報収集を急ぐ考えを強
調した。中谷元防衛相は首相官邸で「これから事実を確認する」と記者団に語り、足
早に関係閣僚会議が開かれる部屋に向かった。
自民党幹部は「怒って当然だ。決して許されない」と強調。政府関係者は「何とか解
放されないかと願っていたが、言葉にならない」と言葉を詰まらせた。
一方、民主党参院中堅議員は「この間、政府は一体何をやっていたのか」と述べ、
26日召集の通常国会で、政府の対応を追及する考えを強調。同党若手議員は
「何らかの交渉が進展しているとの期待もあった。情報が確かなら、どういう経緯で
殺害されたか、国会審議を通じて国民に明らかにしてほしい」と述べた。
(2015/01/25-04:46)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015012500030

画像



@aritayoshifu ISISによるテロに加担した民主党・有田芳生には『テロ資金凍結法』
が適用されるべきだよな? ISISの日本人殺害も北朝鮮による日本人拉致も非人
道的なテロ行為だ。テロ行為に加担する政治家などあり得んだろ。
pic.twitter.com/UzU7u5WV6B

— にこち湯 (@toki2959) 2015, 1月 25

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
難民支援を勘違いとか、朝鮮系日本人らしい「なんでも日本が悪い」に帰着する
行動様式とか、ポンコツぶりは見事だが、囚われた人以外にも海外で活躍してい
る人にとって、側面的安全配慮には、援助による見方の変化が重要なのに・・・。

画像


18 匿名 (15/01/26(月)10:36:25 ID:Rq6/Slgco) 〆返信
海外での軍事プレゼンスを持たない日本が、現地で働く邦人を守るために出来る
ことは限られている。
難民を救援することで、貧困から若者がイスラム国に流れていくのを止めることが
出来る。その事でイラクに展開する日本企業や現地邦人の安全を、軍事プレゼン
スを行使しなくても、間接的にだが、少なからず図ることが出来る。阿部は現状日
本が出来ることをやろうとしてるだけだろ。  
こいつらあの2人が解放されれば、他の現地邦人がこの先どうなっても構わない
ってのか?

単に内向きの「政権批判に利用」するだけの人々の醜悪さは、救い難い痛さ
加減である。
政党助成金欲しさのポンコツなど、論外ではあるけれど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
至極真っ当な「肉親の情」と、犠牲を喜ぶかのクズっぷりが見事な人達・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる