バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 候補者の下半身事情、選挙に影響するか?

<<   作成日時 : 2016/07/21 22:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

過去の「スキャンダル」があふれ出せば、イメージが総崩れとなって、燻ぶる不満が
一気に破裂する。

画像


それを止める手立てが「告訴」で、説明責任は果す気なしでは、自分の自称ジャーナリストの気概
も「勘頼り」って、もう候補者の品格もあったものではない。
それに輪をなして、一押しの野党統一候補という野合を画策した人は、政治に大切な清廉性に疑問
を投げるような保身発言してしまうから、有権者からは見放されてしまう。
それでなくとも熱心な支持者が存在した候補者を下ろしてまでのこの体たらく候補者では、その政党
運営能力のなさを露呈しているのに「陰謀説」って、流石日本の行く末なんて想像だに出来ない政党
は国民から見放される訳である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都知事選に立候補している、ジャーナリスト鳥越俊太郎氏(76)が21日、都内で取材に応じ、
同日発売の「週刊文春」で過去の女性問題を報じられたことについて「まったく事実無根」と反論した。
都内で演説後に取材対応。取材陣の質問は週刊文春の記事の件に集中した。鳥越氏は事実無根で
あることを強調した上で「法的代理人の弁護士の方が東京地検に告訴状を提出致しましたので、一任
しております。それ以上のことを申し上げるつもりはございません」と、具体的な弁明を控えた。
午前中には都内で、民進党都連の選挙対策会議に出席。その場では、選挙期間中に記事が掲載さ
れたことについて「何か政治的な力が働いているのではと思う」と、対立勢力の妨害工作を匂わす発
言もあった。
その真意を問われると、「理由は何もありません。僕の勘です」と回答。「51年間この仕事をしてきて、
直感を働かせてきました。直感で、あるかもしれないなと」と述べた。
政治家を志す立場としての「説明責任」を追及する質問も出たが、「法的代理人のところからきちっと
」と答えたのみ。都民に対しては「きちっと法的措置を取ったったと言うことで、不安は解消していただ
きたい」と話した。

デイリースポーツ 7月21日(木)19時1分配信
鳥越氏、文春報道に「事実無根」…対立勢力の圧力匂わせ「僕の直感」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000086-dal-ent

画像


民進党・岡田代表、鳥越氏への“文春砲”に苦言「この時期に出るというのは…」
スポーツ報知 7月21日(木)15時46分配信

 民進党の岡田克也代表(63)が21日、東京・永田町の党本部で行われた定例会見で、
東京都知事選(31日投開票)に野党統一候補として出馬しているジャーナリストの
鳥越俊太郎氏(76)について語った。
きょう発売の「週刊文春」では、鳥越氏の十数年前の女子大生に対する淫行疑惑が
報じられているが「事実を明言することがない、一種の臆測記事がこの時期に出るというのは、
問題が大きいと思う」と苦言。「中身を確認しておらず、推測で物を言うことができないが…」と
した上で「(選挙戦最中の)この時期に出るのは不自然と考えている」と何らかの力が
働いている可能性があることを示唆した。
また、鳥越氏の街頭演説の回数が、他候補と比べて著しく少ないことに関しては
「私も(20日の)品川での演説を聴いたが、いい演説だった」と内容については評価。
「数を多くこなした方がいいのか、それとも時間を使ってしっかり話した方がいいのか、
いろいろ考え方はあると思う。そもそも、街頭演説だけで(選挙戦を)考えるべきなのかと
いうのもある」とし、「すべてを含めて、有権者が判断してくれればいい」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000116-sph-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「(選挙戦最中の)この時期に出るのは不自然と考えている」
首都のリーダー選びに、その人の資質は大変重要で「陰謀云々」なんてのは、ジャーナリストとして
リンク管理の範疇であろう。
正にその昔の批判動画から、一ミリも成長しない政党らしいコメントではある。



メディアで作るイメージ戦略が功を奏して「変化」に期待を持たせて、それを見事に裏切って信頼を
失ってもなお、これだもの・・・。
そして折角動員に応えて集まった熱心な支持者も怒り出す候補者では、押した責任者は「粛清」
の対象だろう。

画像


執拗なジャーナリストのリンチにあった人は、こんな人でなしには怒り心頭になるだろう。
何しろ他人を批判して禄を食む人なのに、その覚悟もなく「手柄は自分のもの、ミスは他人のせい」
なんてでは、報道にもまして政治にもない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
橋下徹@t_ishin
鳥越さん あれだけ報道の自由を叫んでいたのに自分のことになったらちょっとケツの穴が小さく
ないか?
一方的な証言だけで僕の出自を差別的に取り上げた週刊誌に対して、鳥越さんは「連載を打ち切
るな、覚悟を持って報道しろ」のように言っていた。
今回の文春なんてチョロい記事。ちゃんと釈明しなさい
https://twitter.com/t_ishin/status/755924194265751552

高橋洋一(嘉悦大)@YoichiTakahashi
ジャーナリストの常。他人に厳しく自分に甘い
https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/755928684406550532

橋下徹@t_ishin
政治家に対しては差別報道・人格攻撃を除いて、とことん報道するのが民主主義。
鳥越さん、訴える前に、いつも政治家に言っていた説明責任を果たしなさい
RT @YoichiTakahashi: ジャーナリストの常。他人に厳しく自分に甘い
https://twitter.com/t_ishin/status/755929875257569280
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつも政治家に言っていた説明責任を果たしなさい
自分が立候補しているのが「政治と認識」していないなら、これも「馬の耳に念仏」の類い
痴呆症なら仕方なしだが、これまでの批判・追及をしてきた者が、自分に降りかかった火の粉を
他人に頼むみっともなさは、いかがなものか・・・。



寡黙な行動で真摯な態度を示せば、わかって貰えるのは「生き様」であって、人を導く上に立つ
人は疑念を抱かれたら、それを払拭するに言論を駆使するのは当然で、支持を集めたいなら、
これまで以上に自分の「政策理念」を訴える真っ当な候補者たる態度をとらなけれゃ、「沈黙は金」
は「猫に小判、ブタに真珠」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
候補者の下半身事情、選挙に影響するか? バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる