バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS カジノは「他人のお金を巻き上げ、何も生み出さない」として、公益性が全くないとの認識不健全

<<   作成日時 : 2016/12/02 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

急いで法案を通したとかの「カジノ法案」とかだが、一斉に反対論が吹き出ていて、
その根拠が「依存・中毒」うんたらとかなのだが、それでは今までの「私営賭博場」は
さて・・・。

画像


反対するのが押しなべて「中毒やら公益性」なのに、これまでの賭博場規制」に何も言わない
姿勢では、大多数の国民に賛同を得られないのでは・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート(IR)推進法案について
「断固反対だ」と強調した。
理由に関しては、収益を福祉事業などに活用している競馬や競輪など公営ギャンブルとは「質が異な
る」と指摘。
民営のカジノは「他人のお金を巻き上げ、何も生み出さない」として、公益性が全くないとの認識を示した。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120100562&g=pol

画像


人の不幸を踏み台にするのか

カジノの合法化は、多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは、
国会の責任放棄だ。

統合型リゾート(IR)の整備を推進する法案(カジノ解禁法案)が、衆院内閣委員会で審議入りした。
法案は議員提案で、カジノ、ホテル、商業施設などが一体となったIRを促進するものだ。
政府に推進本部を設置し、1年をめどに実施法を制定するという。
自民党や日本維新の会が今国会で法案を成立させるため、2日の委員会採決を求めていることに
は驚かされる。
審議入りからわずか2日であり、公明、民進両党は慎重な審議を主張している。
法案は2013年12月に提出され、14年11月の衆院解散で廃案になった。15年4月に再提出され
た後、審議されない状況が続いてきた。
自民党などは、今国会を逃すと成立が大幅に遅れかねない、というが、あまりに乱暴である。
自民党は、観光や地域経済の振興といったカジノ解禁の効用を強調している。
しかし、海外でも、カジノが一時的なブームに終わったり、周辺の商業が衰退したりするなど、地域
振興策としては失敗した例が少なくない。
そもそもカジノは、賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客ら
の“散財”に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161201-OYT1T50136.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民営のカジノは「他人のお金を巻き上げ、何も生み出さない」として、公益性が全くない

共産党の申し出はもっともなものだが、システム自体が「税金に換わる財源」なら、民間ウンタラも
簡単な規制で済む。

画像


それよりは「今ある既得権益」に切り込んで、一定地点に集める拠点作りなら、一定中毒者と
依存症の拠点作りに有用かも・・・。
何しろ今までの「私営賭博場」の日本各地の様よりは、格段に利用が制限される。

画像


こんな言い分に分がある「私営賭博場」問題の解決の方が急務であり、特区でも作った「カジノ」
の権益が限定的になりそうだ。
古くから「私営賭博場」問題は騒がれていたのだから、こちらを解決しない限り依存症も減らない。
その方法としての「カジノ」での、利用者減が起これば「自然淘汰」の移行で済む。
何しろ「私営賭博場」には問題が満載だった。

その一端を他サイトより引用。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「パチンコ」が巻き起こす弱者糾弾、この際廃止が国民の安寧を取り戻す手段
2013年03月19日 | 時事・社会問題


画像



更新が滞り、なんと九ヶ月余りと長かった分、世の中は変動して政権も様変わり
して、私営賭博場に対する世間の見方も、厳しい眼差しになったのはいいことである。


画像



そこに生活弱者救済としての国民相互扶助の「生活保護」問題が浮かび上がり、
それと私営賭博場問題がリンクすれば、擁護やらも盛んになり「エセ人権」が大手を振って
自由うんたらを叫ぶが、もともと依存性が強いギャンブルなのである。
以下のような施策も理解出来るが、ここはいっそ廃止へ向けた世論を高める方が、医療費の
高騰も抑制出来、内需拡大にも寄与しそうである。
友好な「生活保護の使い道」として、日本国民がより「幸福になる施策」は廃止が最良であろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
生活保護や児童扶養手当をパチンコやギャンブルなどの遊興に使って
生活が立ち行かなくなっている人に気づいたら、役所に一報を──。

市民にそんなことを義務づける兵庫県小野市の「福祉給付制度適正化条例」案
に対し、全国で賛否の声が噴出している。 「市民が相互に監視する社会を作り
たいのか」、「個人生活の侵害だ」といった批判から、「受給者に生活費の散財
を禁じるのは当たり 前」と支持するものまで、条例案が明らか になった 2月下
旬から3月15日までに、 全国 から同市に届いた意見は千件を超える。約7割
が賛成だ。
「知り合いに『ちょっ と困っているんや』と言われて3万円貸したとしますよね。
2時間後にその人がパチン コ店から出 て来るのを見たらどう思います?
『それはないだろう』 と言うんとちゃい ますか」条例案の 狙いについて
尋ねると、蓬莱(ほうらい)務市長(66) はこう話し 始めた。
生活保護費は、 国が4分の3を、市区町村が4分の1を負担する。 今回の条 例
案からすると、小野市も さぞ、受給者数や不正受給の増加に頭を痛めているか
と 思い きや、 そうではないと蓬 莱氏は言う。 「生活保護の受給率は、全国平
均が1.67%ですが、小野市は 0.29%。 県内では41市町で 2番目の低さです。
不正受給だって決し て多いとは思っていません。 市の財政も健全で、基金残高
は過去最高レベルの約85億 円です。生活保護費を削る ことが 条例 の目的と
は違うんです」 蓬莱氏の発想の根底 にあるのは、自立や生活維 持のための生
活保護費 をパチンコやギャンブルにつぎ込 むのは、税金の「目的外使用」 という
信念だ。 さらにその背後 には、ギャンブルは 簡単に生計の基盤を脅かすとの認
識 がある。 「私もかつていろんなギャンブ ルをや って大負けした経験があるから、
ギャンブ ルの恐ろ しさがわかるんです。身近なパチ ンコ だって、今はすぐに 2万
円も5万円もすっ てしまう。
パチンコを『娯楽』と言っ て生存権にから めて語るのは、現実を知らない議論です。
ギャンブルにお金をつぎ込 む人は依存症だから情報提 供に意味はない、と言う人
もいま すが、 依存症だと思っ たら一緒に病院に行ってあげたらいいん ですよ。
受給者は医療費 が無料なん ですから。

http://dot.asahi.com/aera/2013031900002.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

依存症だけでなく、犯罪をしてでもという嗜好性は「異常である」

画像


それでなくとも「内部での意識の低さ」は、正常な商業意識よりは「博打」の
>それだからこそ、「納税意識も、排他主義」も罷り通ってしまう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鹿児島県遊技業協同組合はこのほど、鹿児島の県紙「南日本新聞」に連載された記事
「ギャンブル王国かごしま」に対し、組合としてどのような対応を取るべきか、協議を行っている。

10日に開催された鹿児島市遊技事業組合定例会において、同記事が「遊技業界の一面のみを
取り上げた内容となっており、業界に悪いイメージを与えているので県組合として
何らかの対応をすべきではないか」との意見が提出されたことを受けたもの。協議は、
理事・幹事、各支部長、青年部会長を中心にすすめられており、抗議文や質問状の
作成が検討され、県遊協事務局が中心となって意見をとりまとめる。
記事「ギャンブル王国かごしま」では、「パチンコ 競争の構図」として「最大の娯楽」
としてのパチンコ、「生き残り策」として低貸営業の拡大、「規制強化」を報告
(10月1日付、3日付、4日付)。その後、6日付から13日付まで8日連続で、副題を
「依存症と闘う」として、主にパチンコ依存症を取り上げる連載を掲載した。そこでは、
依存症が惹き起こす多重債務や家庭崩壊、犯罪などが記述された。

http://www.vsearch.co.jp/news/news02/pg322.html

画像


<所得隠し>大手パチンコ店が40億円 東京国税局
毎日新聞 7月9日(月)12時50分配信

大手パチンコチェーンの「ガイア」(東京都中央区)とそのグループ企業約20社が、
東京国税局の税務調査を受け、ことが分かった。
重加算税を含む追徴税額は約10億円とみられる。
関係者によると、ガイアとそのグループは、従業員の給与を水増
ししたり、役員の個人的な支払いを経費として処理するなどしていたという。
国税局は、仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと判断したとみられる。
ガイアは「担当者が不在で、現時点では答えられない」としている。
同社のホームページによると、同社は全国に190店舗以上のパチンコ
ホールを展開し、12年5月期の売り上げは4130億円。
【飯田和樹】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下のような画像を見れば、私営賭博場の廃止は急務である。

画像



日本の可処分所得からの「娯楽費」の中から私営賭博場分を他に回せば、
そして「弱者救済」の建前の「生活保護」からの支出が減れば、税金の回収の速度も
上がるというものである。

見えざる声
http://blog.goo.ne.jp/hazama0515/e/af745838ecdfea650210743222924580
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「やり過ぎてしまって・・・」の後悔は先にたたずで、以下のような歌で慰めるか・・・。



こちらは「麻薬中毒」の後悔だが、その軽いタッチなら、何の依存症も同病憐れむってな・・・。


「カジノ法」の真意 「IR」が観光立国と地方創生を推進する
KADOKAWA
2016-10-03
岩屋 毅

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「カジノ法」の真意 「IR」が観光立国と地方創生を推進する の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カジノは「他人のお金を巻き上げ、何も生み出さない」として、公益性が全くないとの認識不健全 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる