バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 品行・品性共に「下劣」なメディアが、上から目線で説く言に説得力なし

<<   作成日時 : 2018/04/30 00:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

審議拒否への批判が集まれば、「他人のせい」でかわそうとしたり、自分達に正義かある
を疑わない偏屈ぶりに、いくら何でも「国民からの支持」が集まるとする幻想は「無茶」
そのもの・・・。


画像


国会論議で「政治も沸騰」するものだが、そこを「街宣」で悦に入る姿勢は、政党の体を
なしていない「烏合の衆の集まり」統一した政治姿勢もなく、すべからく議論から逃げて、
「政策論議」よりは、疑惑だけを追いかけ回す。
それもメディアの知識を借りての「体たらく」なのだから、そんなものは検察に任せて、
「まっとうな政治活動」に励んで貰いたいものである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
立憲民主党は24日、東京・JR新橋駅前で「立憲大作戦」と題した緊急街頭演説を行った。

立民などの野党は、麻生太郎財務相の辞任や柳瀬唯夫・元総理秘書官の証人喚問を求めているが、
応じない安倍政権の姿勢を批判して、国会審議を欠席。
「明日の天気は変えられないが、明日の政治は変えられる。変える力を持っているのは、あなただ」と、
国民にも政権への怒りを持つよう呼び掛けた。
「野党が行政を監視しなければ、まっとうな政治はできない」とも訴えた。
その上で「国会でいいかげんな答弁をする、うそをつかれることに、国民が怒らず、誰が怒るのか」
「この国で権力を持っているのは、安倍総理ではなく国民だ。今こそ、思い出そう」と、「国民主権」を念
頭に訴えた。
また辻元清美国対委員長は、安倍晋三首相が一連の問題で「膿(うみ)をだし切る」と訴えていること
にかみつき、「膿はだれなのか。こういうのを『膿の親』というんです」と皮肉った。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201804240000801.html

画像



衆参両院の議院運営委員会は26日の理事会で、
政府が求めた麻生太郎副総理兼財務相の大型連休中のフィリピン訪問と小野寺五典防衛相のエス
トニアなど訪問の出張日程を了承しなかった。
立憲民主党や民進党など野党が前財務事務次官のセクハラ問題や自衛隊の日報問題など一連の
不祥事への対応を優先させるべきだと主張し反対した。
国会開会中の閣僚渡航は両院の議運委の許可を得るのが慣例だが、拘束力はない。
麻生、小野寺両氏は今月の訪米時も議運委の了承を得られないまま出張した。

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/180426/plt18042623590042-n1.html


画像



希望の党の玉木代表は、東京都内で、記者団に対し、「拉致問題への記述や言及が一切無かった
ことは遺憾で、他国のトップにお願いして解決してもらわざるを得ない現状は、甚だ問題だ。拉致問
題の解決に向けた安倍総理大臣の本気度を疑わざるを得ない。日朝交渉に向けた道筋を、わが国
が独自の外交として、しっかり築き上げていかないといけない」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180427/k10011421041000.html


画像


GWに突入した4月28日の朝、立憲民主党の蓮舫議員が「今日からゴールデンウィーク」「楽しい時間を!」
などとツイートし「既に長期休暇に入ってる野党議員が今更何を言っているのか」とばかりに多数の批判
を浴びています。
蓮舫議員は4月28日の早朝、このようにツイート。
蓮舫「おはようございます。今日からゴールデンウィーク、前半は晴れて平年より暑いとの予報。
渋滞の運転、遊園地等の長蛇の列、ぐずる子どもと根気よく付き合う長い1日。もうそんな必要のない今は、
小さい時の双子と過ごした長期休暇が懐かしいです。あっという間に育ちます。ママ、パパ、楽しい時間を!」
支持者からの「蓮舫さんもGW楽しんで下さい」といった反応もゼロではありませんが、圧倒的多数を占め
ているのが「ふざけるな」という怒りのリプライ。
4月28日午後の時点で500件近い返信が蓮舫議員に寄せられていますが、国会審議を拒否している関係
で19連休とも揶揄されている野党議員が上から目線で連休など取れない庶民に皮肉を垂れているのか、
とも言える受け止めが目立っています。
「あなた方より休暇の短い庶民への嫌味ですか?」「本当に国民をイラつかせるのが得意ですね」「庶民は
連休でも仕事ですよ。いいですね無責任野党はお気楽で」といった声が相次いでいる他、国会審議を拒否
する姿勢を継続している野党への怒りも蓮舫議員にぶつけられています。
「国会審議サボっても歳費もらえるあなた方と違って仕事しないとメシ食えないんですよ」「国会議員として
の職務果たして無いくせに何がGWだよ」「野党はとっくにGW入りしてたじゃないか今更何を言っているんだ」
など野党への批判は根強く、収まる見込みは全く立っていません。
一方で蓮舫議員の今回のツイートを別の意味で評価するという意見も見られています。「この状況でこうい
うツイートが出来る精神だけは見習ったほうがいい」「これだけ批判浴びても反省しないんだからある意味
凄いよ」という「有り難くない評価」に繋がっているのです。
月27日には同じ立憲民主党の阿部知子衆議院議員が「国民をこれだけ馬鹿にして」などと与党を批判する
ツイートを流して逆に批判が殺到したばかりですが(関連記事)、有権者の感情を逆撫でするズレた感覚が
改めて浮き彫りとなっています。

http://www.buzznews.jp/?p=2116489

画像



野党の大半が欠席したまま、政府・与党が衆院の本会議と厚生労働委員会で、働き方改革関連
法案の審議に入った。安倍首相の言う「丁寧な説明」とは正反対の振る舞いだ。一体、誰のため
の改革なのか。
首相は今国会を「働き方改革国会」と呼び、関連法案を最重要課題に位置づけてきた。何としても
成立させないと、政権の求心力が低下しかねない。そんな首相のメンツにこだわった、国民不在の
やり方ではないか。

(省略)

全文
(社説)働き方改革 国民不在の数の横暴
https://www.asahi.com/articles/DA3S13473321.html





昭和映画の名匠だった小津安二郎の言葉が、このところ胸に浮かぶ。

「人間は少しぐらい品行は悪くてもいいが、品性は良くなければいけないよ」
これは小津の生き方の芯であり、人を見る基本でもあったらしい。小津の求めた品性とは、いわば精神
のたたずまいであろう。「品行は直せても品性は直せない」としばしば口にしたそうだ。
言葉遊びのようにも聞こえるが、言われてみれば品行と品性のニュアンスは違う。二つの語を並べて
小津が示した人間像を、城山三郎さんの小説のタイトルを借りて表すなら「粗にして野だが卑ではない」
となるだろうか。
新幹線開業時の国鉄総裁だった石田礼助の生涯を描いた一冊である。私欲に迷わず、権力に媚(こ)び
ず、在任中に勲一等を贈ると言われて「山猿だから勲章は合わない」と固辞した人物だ。
城山さんは言い訳をしない人間を好んだと聞く。かつてお会いしたとき、流行語にもなった秀逸なタイトル
に話が及んだ。「見るからに卑のにじむ人がいますが、そういう人に限って美学とか矜持(きょうじ)とかい
う言葉を好んで口にしたがるようです」と苦笑していたのを思い出す。

     ◇

城山さんも小津も天上から嘆いているに違いない。この国の権力の中枢はいま、荒(すさ)んだ「卑」の景
色の中にある。
国民は自分たちの程度に見合う政府しか持てないと、往々言われる。「この国民にしてこの政府」という
きつい警句が議会制民主主義の本場英国には残る。
その言葉に照らして、いまの永田町と霞が関に目を向ければ、私たちはこのレベルなのかとげんなり
させられる。中枢を担う政治家や官僚から、これほど横柄で不誠実な「言い逃れ」を聞かされ続けた歳月
があっただろうかと思う。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL4R51YKL4RULZU014.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「まっとうな政治」を標榜する政党の代表の「独善」ぶりを見ていると、メディアの例えの文章が空しく
なってくる。
なにより批判するだけは一丁前だが、批判だけで終わり「今後」は五里霧中・・・。
これでは信頼を得られるとは、とうてい思えない。
まして「メディアの自分達の過去」を、すっかり忘れ去っての「相手批判」なんてのは、とてもではないが
「敬意や尊敬」の対象から、ずれすぎている。




その昔、こんな映画があった。
不信感から荒れる学校、そこに赴任したのが黒人教師、誠意を持って「品行方正」な知的な教師像
に生徒はいつしかの「教育問題」の解決にはなにがで、一丁前の「品性もなく、品行も悪いメディア」
が例えるとおりに、生徒から「敬意と親愛」を勝ち取る物語なのだが・・・。

こんな教師は、さて・・・。日本のメディアはそれとは違って「反面教師」としての立ち位置みたいで、
「ああはなりたくない」と、記事を見ていて「お前がいえる立場か」と毒づくしかない。


画像


渦巻くネットでの批判。
正義はどこかは、映画ではないが「誠実で信頼に足る」政党なり、メディアと国民が支持する
ところからなのに・・・。そんなところの努力はしているとは、とても思えないのだから監視からの
批判にも甘んじないと・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ストレート過ぎる視聴者の意見

視聴者
「自分の職責も果たさずに国会をサボっている野党6党は税金泥棒でいらない」

(略)

画像


▼ネット上のコメント

・6野党はいっそのこと、合体して「税金泥棒党」に党名変更すれば情弱なお爺ちゃんお婆ちゃんでも
分かると思うんだがなぁww

・さぼりの事実を認めようもしない議員が偉そうに言うなって感じだね。

・声を出して笑った。

・顔よ。だって政権取る気なんてハナから無いんだもん。ぐちゃぐちゃ難癖付けて安倍政権の邪魔したい
だけでやってるから反論も出来ませーん✌😁

・はい、その通りです。動画の最後のコニタンの顔がいいですね。

・これが生の声よ( ・ㅂ・)و ̑̑

・笑える(笑)

小西はもっと真面目に聞いた方が良い。

https://snjpn.net/archives/49700


政権は「審議拒否ならぬ審議虚偽」 立憲・福山幹事長

■福山哲郎・立憲民主党幹事長(発言録)

歴史的な南北首脳会談がまさに行われようとしている。拉致問題の進展、非核化の具体的かつ実効性
のある結果につながる会談になることを期待したい。会談が米朝首脳会談によいバトンが渡されるよう
な結果を望んでいる。
日本の国会は進展どころか停滞しまくっている。昨日の国会で、安倍総理は柳瀬元首相秘書官の問題
について「機会があれば知っていることを話して欲しい」と言われた。我々がずっと主張してきたのだから、
今すぐにでも証人喚問をできるはずだ。
早く証人喚問を決め、財務省の(改ざん前の)文書全文を提出し、財務省の調査結果を早く公表すること。
真相究明と丁寧な説明を尽くしていただきたい。
それをごまかすために何でもかんでも強行に国会を動かし、野党が審議拒否をしているように見せている
ことは、非常に誠意のない対応だ。審議拒否でなく審議虚偽を続けてきたのは安倍政権です。

https://www.asahi.com/articles/ASL4W3HYVL4WUTFK00F.html

管理人
ネットの反応
名無し
とはいえ出てないのは確かだし
名無し
おま何言ってんの…?
名無し
何でそれを国会に出て言わないの?
名無し
そう見えていることは認めるんだなww
名無し
また斜め上の自己擁護出てきたな
こんなんギャグだろ
名無し
チンさん、それ無理です
名無し
立憲ニート「俺が働いてないのが悪いじゃない!」
立憲ニート「社会が悪い!」
名無し
どうなってんだろうな
頭のなか
名無し
そしてソースは、やっぱり朝日・・・
マスゴミがまるで、税金泥棒野党を正義のように報道する
これをどうにかしないと、クズ行為をやるクズが、延々と当選するスパイラル
名無し
なんでも人のせいだなw

http://anonymous-post.com/archives/22861
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
反発して出た言葉が「他人のせい」では、メディアのそれと同じなって・・・。
以下のような「うんざり感」が国民の間に蔓延するだけ・・・。


画像




大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実 (SB新書)
SBクリエイティブ
高橋 洋一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実 (SB新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
品行・品性共に「下劣」なメディアが、上から目線で説く言に説得力なし バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる