自然エネルギー謳歌の危険性、人家を奪い自然破壊をしてしまうおぞましさ

自然の猛威に人はなすすべもなく・・・、だがちょっと待って欲しい、治水や行政対応の不備も
あろうが、そこに人災という過誤もありそうで・・・。

画像


甚大な水害に見舞われた「常総市」の場合、鬼怒川の越水したのは・・・。


画像


決壊以前に低い土地に流れた水は、堤防の内側から浸食されれば、決壊するのはどこでも
同じとなりそうで、そこにも根本原因がありそう・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
越水「人災だ」住民反対押し切りソーラーパネル設置
2015年9月12日9時23分、日刊スポーツ

画像


濁流が流れ込むきっかけになったと住民が訴えるソーラーパネル(撮影・三須一紀)雨

鬼怒川から大規模な水害が発生した茨城県常総市で11日、住民の逆井(さかさい)正夫さん(67)
が「これは人災だ」と訴えた。同市若宮戸地区では、昨年3月ごろから大規模太陽光発電所(メガソ
ーラー)が建設されたことがきっかけで自然堤防が削り取られた。豪雨による濁流はその場所から
越水し、住宅地をのみ込んだとみられる。
近隣住民で最後までメガソーラーの建設に反対していたのは逆井さんだった。昨年3月ごろから常
総市、国土交通省の担当者らに鬼怒川氾濫の恐れを訴えた。今回の水害では同市三坂地区の堤
防が決壊し、若宮戸地区で越水が発生した。
建設場所は私有地だったが、「生命や財産を失う不安があった。それらを守る権利が国民にはある」
と声を上げ続けた。しかし、同年5月には、同市石下庁舎の職員に「何かあれば自己責任で逃げてく
ださい」と切り捨てられた。「鼻つまみ者にされたんだ」。役所に味方にされず、逆井さんは地域で孤
立していった。
高さ2~3メートルの自然堤防が約150メートルにわたって切り崩された。メガソーラー建設地に自
宅が面している遠藤玲子さん(59)は「自然堤防と生い茂った木々のおかげで、2階からでも昔は
鬼怒川は見えなかった」という。
逆井さんは「本当に悔しいよ」と憤る。13年11月に病気で亡くした妻幸子さん(享年60)の遺骨は
今も自宅にあった。がれきにまみれた幸子さんの車いすを手に「女房を守るためにも堤防を削るな
とずっと戦ってきたんだ」と涙が噴き出た。自宅には濁流が流れ込み、妻が大好きだったバラや家
庭菜園も全て流された。
近隣住民の50代女性は建設業者に脅されたという。「危ないから山を崩さないでと言ったら『あんま
り騒ぐと、ここに住めなくなるよ。いいんですか』とすごまれた」と振り返る。自宅が壊滅的被害を受け
た20代女性は「住民一体となって市なり、国なり訴えたい」と怒りをあらわにした。
削られた自然堤防の代わりには土のうが積み上げられただけだった。逆井さんは「危惧していたこと
が実際に起こった。こうなってからじゃないと、みんな分からねえんだ」と悔やんでも悔やみきれな
かった。

http://www.nikkansports.com/general/news/1536943.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんな記事に接すると、越水した水は下流へと流れ、堤防機能をうちから弱めてしまう。
何よりな自然エネルギー獲得のための施設が、自然災害の因となると「ヒューマン・エラー」として、
設置した人なりには、ある程度責任がありそう・・・。

画像


電気施設としての危険性も語られぬままだから、より拙速に施設を増設していくには、より慎重な
判断が政治に求められていたのではないのか。
そこに「利権のための施策」の臭いが漂うのは、以下のような「ヤカラ」の暗躍出来る下地があった
からだとすれば、余計に厳しい規制も考慮しなければ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://blog.takarajima.tkj.jp/archives/1857735.html
日本最大の暴力団「山口組」の機関紙が復活!その真相とは・・・
2013年08月30日16:24、宝島
(一部抜粋)
また現在のシノギに関して、組員Cは、 「シノギの最新トレンドは詐欺。太陽光発電やFXあたり
が熱いな。正業を持つヤクザがとにかく増えた。…」

画像


http://www.sankei.com/west/news/150910/wst1509100038-n1.html
工藤会系組幹部を逮捕 太陽光パネル盗んだ疑い 福岡県警
2015.9.10 11:06更新、産経新聞

福岡県警は10日までに、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設現場から太陽光パネル千
枚が盗まれた事件に関与したとして、窃盗の疑いで特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)系
組幹部金光一容疑者(52)を逮捕した。一連の事件の逮捕者は計17人となった。捜査3課によ
ると、金容疑者はグループのリーダー格とみられる。
逮捕容疑は昨年10月下旬、工藤会系組員らと共謀し、福岡県宗像市の建設現場からパネル千
枚(約3千万円相当)を盗んだ疑い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これも「ボンクラ政権」の置き土産のおぞましさ。

画像


再生エネルギーとしても「コスト」はさて・・・。

画像


何よりの工作物ウンタラで建築確認申請なしの「ナンチャツテ施工」が罷り通るとなれば、手抜きも
罷り通る。
さすれば川だけでなく、山だって・・・。

画像


それが基本計画もなく、単なる規制なき工作物のために保水能力をなくす山の形容も変わって
いたるところで同じ災害発生と相成る。

画像


それだけに一概に自然エネルギー謳歌なんてのは幻想であり、そこに売電の魅力よりは自然災害の
危険性を増大させるなんてのでは、本末転倒な政策となりそう・・・。
必要とする個人のエネルギー確保のためなら小規模で、それが原因の災害も小規模だが・・・。

そして行政のミスも、この常総市には合ったようだが、そこの市長さんの危機意識はやはりというか
以下のような運動に頭が一杯で、あの「なにぶんにも初めての経験でして・・・」というトンデモな元
総理の思想と似通っているから、指示も出せずで施政者として失格の烙印・・・。

画像


脱原発で自然エネルギーとして「太陽光」、それが自然災害の一因となったら、さて施政者としては、
そんな運動する前に、あの自衛官の「現場判断」を磨かないと、同じ公務員としての格差は国民・市民
にとってどちらが有用かで、信頼を失う・・・。

山間の保水能力を削ぐのは「開発してゴルフ場造成」も一因であり、それが集中しているのが、
上流の栃木県、そして防災意識は「脱原発」だけのリーダーを配する市町村となれば、どこかに
「金のためには、国民の安心・安全」は無視されるという拝金主義の蔓延が、これからも自然の冒涜
を続けて、温暖化やらのせいとして「自然破壊」が続いて行き、中国同様の腐海へと転げ落ちていくか・・・。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック