寄生先も、映画どころでないというのに・・・。

パニックに陥り、「自分の言動」があやふやなのを自覚してい
ないらしい「人々」は、つい先日までの「運動の目的」すら
忘れてしまい、「報復に躍起」で醜態をさらすと・・・。
哀れを通り越して、「人間として付き合い」出来ぬと悟る。

001a hanzai02.jpg

「運動」も尻つぼみで、「いつでも怒っている」とかでは、
いくら日本のメディアが「唾を飛ばして非難」しても、日本の
読者にすれば、「何言ってんだか」のせせら笑いしか起きない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
また、安倍首相が唐突に打ち上げた。5日、中国と韓国からの
入国者全員を指定の場所に2週間待機させる方針を表明した。
運用は9日から月末まで。現地に滞在する日本人も対象になる。
入国者を全員2週間も隔離するのは、異例の措置だ。事実上の
「入国拒否」である。
「寝耳に水」だった韓国は、さすがにカンカンになっている。
韓国大統領府の政策室長は5日夜 「過激な措置だ。失望して
いる」と表明、在韓日本大使に厳重に抗議するという。
中国の感染者は8万人、韓国の感染者も5700人と世界1、
2位だ。
しかし、日本もすでに感染者が1000人を突破し、毎日、
新たに感染者が出ている。
いずれ中国と韓国から“報復”されるだけでなく、世界中か
ら入国を拒否される恐れがある。
安倍首相は「諸外国で感染が拡大する中、いまが正念場だ。
水際作戦でも積極、果断な措置を講じる」と説明している。
しかし、2週間の隔離政策が、どこまで効果を発揮するか
は不明だ。
すでに日本政府は、感染者が多い中国の湖北省や、韓国の
大邱市からの入国を拒否しているからだ。
どうせ実施するなら、もっと早くやるべきだったのではな
いか。そもそも、いまわざわざ日本に来る中国人と韓国人
は少ない。
このタイミングで安倍首相が中国、韓国からの入国に制限
をかけた狙いはなにか。
立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)はこう言う。
「突然、全国一律の“学校休校”を要請したのと狙いは同じ
でしょう。コロナ対策が後手後手となり、 安倍政権は支
持率が下落していた。支持率をアップさせるために慌てて
“やっている感”を出そうとしたのでしょう。
中国と韓国に打撃を与えると安倍支持者が喜ぶという計算
もあったはず。中国の習近平国家主席の国賓来日が延期に
なったことも大きかったのだと思う。
気を使わなくてよくなったと判断したのでしょう。
それと、緊急事態だという空気を広げることで、 国民が
“改憲”と“緊急事態法”の導入を受け入れやすくする狙いも
あるのだと思います」
本当に国民の健康と命だけを考えた措置なのか。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270056

001a a kisei22.jpg

社説)中韓入国制限 説明なき転換、またも
2020/3/7 5:00

またも唐突な方針転換である。その必要性や効果について、
納得のいく説明もない。「国民の不安感の解消」を目的に掲
げながら、これではかえって混乱を助長しかねない。
新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、安倍首相が中
国と韓国からの入国を大幅に制限する新たな措置を表明した。
発行済みのビザの効力を停止するほか、両国からの入国者全
員に指定場所での2週間の待機を要請する。
政府はこれまで、中国については感染源となった武漢市を含
む湖北省など、韓国では集団感染が発生した大邱やその周辺
などに限って、入国を拒否してきた。中国では武漢以外での
感染拡大の勢いが弱まり、韓国は全土に感染が広がっている
状況とはいえない。
にもかかわらず、いま両国の全域を一律に対象とすることに、
どれほどの意味があるのだろうか。感染者が急増しているイ
タリアやイランの扱いとも整合性がとれない。
政府が先月下旬に定めた基本方針では、水際対策から国内の
感染拡大防止策に重点を移す方向性が示された。今回の措置
はこれに逆行していないか。水際対策の拡大で、検疫官ら医
療関係者が対応に追われることになれば、国内対策に人やモ
ノを集中できなくなる恐れもある。
それでも、首相が事前に専門家会議の意見を聞いた形跡はない。
科学的な根拠に基づかない「政治判断」は、大規模イベント
自粛や全国一斉休校の要請に続くものだ。
ただでさえ激減している中韓からの訪日客が途絶え、ビジネ
スでの人の往来も滞れば、経済や社会に対するさらなる打撃
は避けられない。
首相は政府の対策本部で「積極果断な措置を講じることとし
た」と前置きして、入国制限強化を打ち出した。国内的にも、
対外的にも、思い切った対策をとっているという強い姿勢を
示す狙いがあるのかもしれない。
また、首相の支持基盤である保守層からは、「中国全土から
の入国拒否」を強く求め、首相の対応を「中国に甘い」と批
判する声もでていた。中国の習近平(シーチンピン)国家主
席の訪日延期を発表した直後というタイミングでの、支持層
を意識したアピールだとしたら、不見識である。
新型コロナウイルスを対象に加える新型インフルエンザ等対
策特別措置法の改正案が成立すれば、人権の制限を伴う措置
が可能となる緊急事態宣言を首相ができるようになる。
しかし、合理的な根拠と透明性に著しく欠ける意思決定を重
ねる首相に、その判断を委ねるのは危ういと思わざるを得ない。

全土に広がっていない韓国↓
韓国】 新型コロナ感染者が7000人超え(7日16時)
★2(現在:死者48名)
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1583574806/

https://www.asahi.com/articles/DA3S14393335.html

001a bukan08.jpg

新型コロナ、入国制限強化を批判 「論理的整合性ない」と野党
国民民主党の舟山康江参院国対委員長(無所属)は6日の記者会
見で、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、政府による中国、
韓国からの入国制限強化を批判した。「水際対策は初期こそ有
効であり、なぜこのタイミングでいきなり厳しい措置を取るのか。
論理的整合性がなく、唐突だ」と述べた。
共産党の田村智子政策委員長も会見で「いきなりの発表で、韓国
政府から遺憾の声が上がっている」と指摘。「水際対策から新た
なフェーズに入っていると言われている。政府の判断がどうだっ
たのか問われなければならない」と強調した。

https://this.kiji.is/608565001140896865

001a asahi damare.jpg

青瓦台・韓国外交部は6日、日本政府が5日に韓国からの入国者
の2週間隔離と韓国人への査証(ビザ)取り消し方針を発表した
ことに対して激高した反応を見せた。そして、日本の措置に対
抗する措置も発表した。しかし、韓国からの入国者に対して2週
間の隔離措置を先に取った中国については「日本とは違う」と
しか話さなかった。日本では「安倍晋三首相の韓中両国からの
入国者に対する入国制限措置は省庁との十分な協議を経ずして
行われた」と批判の声が上がっている。

■日本には「相互措置」、中国には「…」

 青瓦台は同日午前10時、国家安全保障会議(NSC)常任委員
会会議を開き、日本に対し、「相互主義に立脚した措置を含め
必要な対応策を検討する」と明らかにした。そして午後3時には
康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が直接、冨田浩司駐韓
日本大使を呼び出して、「今回の措置は非友好的であるだけで
なく、非科学的だ」と言った。康京和長官は腰を曲げてあいさ
つした冨田大使と握手もしなかった。日本の措置が発表されて
から一昼夜たった同日夜7時45分、韓国外交部は日本に対する
ノービザ措置の無効化など「日本に対する相互措置」を発表した。
だが、世界102カ国が韓国からの旅行者の入国を禁止・制限し
ている中、韓国政府は日本に対してだけ「過剰対応」している
という指摘もある。中国は先月25日から事前協議なしに地域別
の2週間隔離措置を実施しているが、韓国政府は、「相互措置」
を取っていない。
これについて韓国外交部当局者は「(日本が)取ったのは非友
好的・非科学的措置」だからだと説明している。
「非友好的・非科学的措置というのは中国には適用されないの
か」という質問が出ると、この当局者は言葉に詰まった。
しばらく静寂が流れた後、この当局者は「中国の状況について
は答えがはっきりしないのでオフレコに(報道しないよう要請)
する」と言った。「(中国の措置についての)答えは外交的で
ないので」報道してはならないということだ。
日本を非難した韓国政府が中国を擁護「防疫能力がないので韓国
人を隔離」

朝鮮日報日本語版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00080011-chosun-kr&p=1

001a bukan07.jpg

日本の入国制限「理解できる」 中国外務省

北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は6日の記者会見で、
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため日本政府が中国から
の入国制限強化を決めたことについて「各国が自国と外国の国
民の生命と安全を守るため、科学的・専門的で適切な措置を取
ることは理解できる」と述べた。 

時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000170-jij-cn
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

論調が「かの国」の異常性を、とくと際立たせる処置に対する
論調と、なんと冷静に分析してしまう「かの国メディア」とか
中国の対応とかを見れば、日本の一部メディアの「狂気乱舞」
ぶりや日本野党の「残念すぎる発言」の様は、どこの国の人?
不可解さばかり浮き彫りになる。
さすれば以下のようなツィートも頷けてしまう。

ぴよ丸さんのツイート
コロナが教えてくれた事
・手洗いうがいの大切さ
・中国がもたらす世界への影響力
(色んな意味で)
・国産である事の重要性
・パニックを喜ぶ奴らがいること
・集団心理の怖さ
・メディアと野党は
日本人の味方ではないこと
・学校のありがたさ

・平凡こそが幸せということ
https://snjpn.net/archives/184201

すると戦争時の「こんな楽曲」の歌詞も「狂気やら残虐や残
酷さ」の伝えられる蛮行を誰が行ったのかと疑問になる。



ここで描かれている庶民の心情は、「より近い人の安否」の
ために「我慢をしている」や「心ここにあらず」の元でも
潔さだけは持ち合わせていた先人の悲哀が滲んで見える。

さて折角の「映画賞」を貰った「かの国の実情」を鮮明に
描いた「寄生物語」も、残念ながら「武漢ウィルス」に駆逐
されて「取らぬ狸の皮算用」になりそうで、ご愁傷様ではある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
非英語作品としては史上初となる米アカデミー賞作品賞受
賞の衝撃から3週間あまり。映画「パラサイト 半地下の
家族」は興行ランキングで公開6週目にして首位に輝くと
3週連続で1位をキープ。国内での興収は37億円を突破
し、韓国映画歴代トップ「私の頭の中の消しゴム」(20
04年、30億円)を超えた。
この間、テレビなど大手メディアは「アジア映画として初
の快挙だ」とまるで我が事のように歓喜したが、何のこと
はない。政府自ら嫌韓をあおり、バカにしている間に隣国
に追い抜かれただけのことだ。映画批評家の前田有一氏も、
そうした風潮を厳しく批判する。
「祝福ムードに水を差すようですが、今回のオスカー受賞
で韓国に先を越されたことで、アジアでは韓国映画こそが
トップだと完全に序列がついてしまった。黒沢や小津ら偉
大な先人が築いた評判にあぐらをかき、到底世界には通用
しない安直な国内ヒット狙いの内向きな企画ばかり量産し
てきたのが原因でしょう。昨年の年間トップ50作品をみ
ても、原作モノでない完全オリジナルの邦画実写は『記憶
にございません!』のたった1本だけ。ヒット路線でなく
とも意欲的な企画には積極的に助成して世に送り出す韓国
映画とは根本的に発想が違う」
実際、韓国は年間約2600億円と、日本の倍以上の文化
予算をつぎ込み(日本の文化予算は約1000億円)、官
民挙げて映画文化を育ててきた。年間観客動員数も毎年2
億人を超え、映画人口(国民1人当たりの年間観賞回数)
は日本の3倍だ。
「日本と違って観客動員数をリアルタイムで公開するので、
大手の作品だろうが失敗作は一目でわかり、マスコミから
大コケと痛烈にこき下ろされる。そんな情報公開と批評の
目にさらされているので競争力も付く。一方、忖度文化の
日本では、テレビ局が製作に加わった大手作品に対しては、
表立った批判や批評すらはばかられる空気です」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/269882

001a paraside.jpg

今のような状況ではアベンジャーズが押しかけてきても観
客は入らないでしょう」――。新型コロナウイルスの感染
が拡大している韓国のある映画関係者の嘆きだ。
同ウイルス感染拡大の影響で、韓国内の映画館は事実上の
開店休業状態になっている。映画振興委員会の集計による
と、3日の全観客数は5万9895人で6万人を割り込み、
16年ぶりの低水準となった。
配給会社は2~3月に予定していた新作の公開を相次いで
延期したが、焦りの色を隠せずにいる。
新型コロナウイルスの猛威がいつ収まるのか見当がつかな
い状況で公開日を決めることも、公開をひたすら先延ばし
することもできないためだ。
3~4月の公開を目標としていたが、いまだに公開日が確
定していない作品は50本を超える。既に公開を延期した
作品も含まれる。今年の下半期または来年上半期の公開を
検討している配給会社もある。
ある配給会社関係者は、今の状況で作品を公開しても損益
分岐点を超えることができないことは明白だが、繁忙期の
5~10月に延期することもできないと話す。
通常、閑散期の3~4月に公開される映画は相対的に規模
が小さく、繁忙期に公開される大作との競争は容易ではな
いという。
こうした見方は、新型コロナウイルスの感染拡大が収まっ
ても、観客数が以前の水準に戻るまでには時間がかかると
の見通しも反映されている。2015年の中東呼吸器症候
群(MERS)流行時には、政府の終息宣言後も映画館の
営業が正常化するまでに2カ月を要した。
新作映画の撮影日程にも支障が出ている。ある製作会社の
関係者は「万一、撮影期間中に新型コロナウイルスの感染
者が発生したときは撮影自体が中止になる。撮影を控えた
映画の場合、状況を注視しながらクランクインを延期する
という状況に置かれている」と説明した。
このため、来年上半期に韓国映画の「新作空白期」が訪れ
る可能性もあるとの見方も出ている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/04/2020030480114.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



001a bukan06.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント