テーマ:社会

言論駆使してもフェイク臭が漂えば、いつものせせら笑いされるメディアの哀れ

さすがにこれまでの捏造・偏向ぶりが周知されてしまったメデ ィアの凋落ぶりは、自業自得なのだが、そこがおこなった過ち に、今後も国民は苦しめられるとしたら・・・。 こんな画像の批判も頷けるメディアは、今更ながらに「信頼」 から一番遠い存在として、今日も今日とて「相変わらずな 言い分をまき散らす」。 匿名だから誰だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「虚栄心」を「プライド」とか、クレーマーに付き纏う事大主義の事なかれがつけ上がらせる。

クレーマーの典型的言動を見せてくれる「反面教師役」を演じ る「かの国」について、誰でもうんざりさせられるしつこさだ けは、ある程度参考にする薬味の貴重さはあるかも・・・。 ただし「つけあがる精神」がない日本ならではあるが・・・。 一つの騒動を見るだけで、さすがに政治でもスポーツでも「クレ ーマー」の元祖、本家は「か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「内心の自由」を謳歌すれば、「要らないものは、要らない」

要るか、要らないかとなれば、圧倒的に「ある種のクレーマー」 なぞ、誰でも「要らない」となるが、それではならじの「勢力」 がとち狂ったように「ヘイト」と泣き叫べは、国民は「どん引 き」して、ますます「要らないものは、要らない」になる。 一年前の出来事を「忘れるものではない」はずだが、都合良く 「加害者側にたつと」忘却…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自国の目線を持たぬ「元祖火付けメディア」、一丁前の文句垂れだが国民は「馬耳東風」

「表現の自由」が脅かされるとかの「戯れ言」を延々垂れ流す メディアの言も、今では鼻でせせら笑われる「品格のなさ」は、 偏狭な人々には受けるが、それ以外にはまさに・・・。 「芸術ウンタラ」とか抜かすのなら、この画像のようなもの なら、それなりの鑑賞の価値はありそうだが、無理矢理名付 けた「流用作品」を、まっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「公金使用の不適切展示」表現の自由の乱用は自国ヘイトとなり・・・。

ちょいと頭のおかしい人々にとっては、共通の思惑があるらし い「ポーズ」を作ってご満悦で写真に収まって、批判が高まれ ば、脱兎のごとく被害者面で遁走・・・。 記念の集合写真を見ていると、「公金を自分達の思惑通り使え た」満足そうな顔が並んでいて、批判集中の「中止」も公金 ウンタラのため「身銭を切るのが嫌」「立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一部のものだけ擁護してしまう、究極の「日本へのヘイト」を行ったメディアの醜悪加減

鬱陶しいという語句が、ぴたりと当てはまる人々は、妄想と 自己中でだけ言論を駆使するから、世界から孤立が世界が 我々から孤立という迷走のロジックが繰り広げられて・・・。 軍事転用も可能な素材の厳密な貿易厳格化が、いつしか 官製デモでもって、単に書類の提出そのものが、国を挙げ ての「騒動に転嫁」させて、有耶無耶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偏狭のナショナリズム発揮の「かの国」に国内メディアの腐れごと

優遇措置の撤廃に舵を切るにも、そもそもの原因があるのだが、 脳髄反射しかない人にとっては、言葉の理解が足らないらしい。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ (サ)貨物の需要者の当該貨物の調達実績及び最終製品の生産状況 に係る資料 様式6に従い、貨物の需要者(又は予定される需要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっちにこびへつらい忖度するメディアの醜悪さ、軽減税率適用は妥当か?

日本のメディアであれば、日本国民の安全保障の観点に立てば、 あらゆる外圧に対して、その真贋を見抜ける力くらい持ってい そうだが、それらもない「ボンクラ」だからこそ、国民の信頼 も低下して影響力も比例して落ちていく・・・。 輸出管理の厳格化を落ち出す政府に対して、どこぞに忖度して それが「国民の安全・安寧」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なによりな独り「チキンレース」、よそからは「笑いの渦」となり・・・。

優遇制度を見直して、精度の高い転用できる資材やらの悪用阻止 を目指した厳格化も、さすがにファンタジィー脳のネガティブさ は、絶対に認めようとしない偏狭な心持ちだもの・・・。 それこそ「蚊帳の外」やら「孤立」やらと罵詈雑言で、いつしか 画像の理想的立場に、自分から入り込んだのだから、傍から見て いれば独り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全方位被害者面を訴える厚かましさは、見上げた人外ぶり

一度被害者としての「旨み」を味わうと、何につけ「被害者面」でいないと精神が崩壊でも してしまうかの言動に、今更ながらに「自立」とかの語句がむなしく・・・。 何よりの「自国のため」に戦った人々に対して、被害を受けたとかの訴訟を起こす神経は、人外と 思える蛮行ではないのか・・・。 「被害」とはいえ、戦争の渦中であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女衒と売春、後の慰安婦に「かの国」愛国メディアが仕立て上げてくれる。

いにしえの商売も文化として見れば、「その成り立ちも理解されて、突然変異など あり得ないのだが・・・。 以下のような報道に接すれば、継承された文化は「突然変異」でもなく、脈々と続いていて、 それを継承するのも、やはり「罪の意識」は全くなく公然と行われていて、それが当たり前だった を、物語っている。 それがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーマー、ストーカーその五

クレーマー、ストーカー なんでも起源を主張する「かの国」は、これらも起源を しても違和感がない。いやむしろあっていると皆が納得・・・。 それらの羅列を・・・。 北朝鮮が洋上で物資を積み替える、いわゆる「瀬取り」への警戒監視活動に、フランス軍の艦艇や航空 機が初めて参加することになり、岩屋防衛大臣は、北朝鮮の非核化の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーマー、ストーカーその四

クレーマー、ストーカー なんでも起源を主張する「かの国」は、これらも起源を しても違和感がない。いやむしろあっていると皆が納得・・・。 それらの羅列を・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ シリアで武装勢力「ヌスラ戦線」(現タハリールアルシャーム機構)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーマー、ストーカーその三

クレーマー、ストーカー なんでも起源を主張する「かの国」は、これらも起源を しても違和感がない。いやむしろあっていると皆が納得・・・。 それらの羅列を・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「日帝強制占領期間痛い経験、全世界と共有する ▲カン・ギョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーマー、ストーカーその二

クレーマー、ストーカー なんでも起源を主張する「かの国」は、これらも起源を しても違和感がない。いやむしろあっていると皆が納得・・・。 それらの羅列を・・・。 (朝鮮日報日本語版) ルノーサムスンの「ドル箱」日産ローグ、来年9月に韓国生産中止 12/1(土) 10:01配信 朝鮮日報日本語版 ルノーサムス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーマー、ストーカー その一

クレーマー、ストーカー なんでも起源を主張する「かの国」は、これらも起源を しても違和感がない。いやむしろあっていると皆が納得・・・。 それらの羅列を・・・。 A. 他人の動機を悪意のあるものと解釈するといった、広範な不信と疑い深さが成人早期までに始まり、 種々の状況で明らかになる。以下の4つ(またはそれ以上)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和」を騙っての「国民平穏」を乱す労働組合という組織

その昔「順法闘争」なるデモが頻発して、それこそ利用者から「いい加減にしろ」と罵られ 理解されることもなく、「労働組合のデモ」に暗い陰を被い理解されることなく先鋭化し、 その生き残りみたいのが、「連帯」とかで他国の組合と意気投合とか、何かの冗談か・・・。 そんなだから組合の意味も、労働者に理解されることなく脱退者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「なりすまし」に厳しいネットと、偏狭メディアのしょぼい擁護

権力と戦うとかの売り文句の実態が、なんともなクレーマーのそれと違わない質問攻め の「メディアの底辺」を、なんとか持ち上げようとした人の背景が丸わかりになれば、 なっ、なんと「法的措置」と、なんともなのどこぞでのブーメランと変わらず、平和な 話ではある。 記者会見での「是正」を申し出られた記者の擁護が、少女のそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農作物でさへ模倣、それ以外も独創はなし、人気も机上の・・・。

人気だ、人気だ、売れてる、売れてるの連呼が、胡散臭く「商売至上主義」のみっともなさ が「農作物」の模倣にも適用とかをしると、「歴史ウンタラ」の戯れ言が、うすら寒くなる。 こんな画像の騒動を起こした「音楽」でも、独自の旋律があるでなし、どこかで聴いたものの焼き回し では、「宣伝上手」でもいずれは「飽きられる」から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたすら国民に贖罪意識を強制する「軽減税率」の私企業

今更ながらに、過去の「被害を最大」にしてきた日本のメディアの欺瞞が、回り回って 日本へと降りかかれば、自分達の「陰鬱な手法」を隠して、日本国民への贖罪意識 強要に必死になる「軽減税率・私企業」とは、一体どこぞの企業なのだろう・・・。 「火のないところに、火をともし」炎上商法に長けたメディアは、国民の怨嗟に「変態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庇貸しての例えの通りの事象、得意の差別へと展開

どの世界でも「上に上り詰める」のに、特有のやり方で上り詰めれば、後は 自分の天下と相成り、理不尽な言動がまかり通る・・・。 しかしそんな権力は、いつしか不満の鬱積がたまれば、一気に雪崩を起こす。 そんな顛末を見せた「スポーツ」の中でも、行動様式が「匂い立つ体質」が、 露になって「やっぱりなぁ」と再認識・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

供養も加味した「盆踊り」も、どこぞが加わると変貌するようで・・・。

夏の真っ盛りには、どこでも「夏祭り」として「盆踊り」が華やかに執り行われる。 盆踊りには「死者の供養」という意味合いもありとなれば、災害の犠牲者も・・・。 こういったイラストから想像できるのは、「暑いさなかでの和気藹々」なのだが、どこぞが加わった ところでは、なんともな雰囲気になってしまって、偏狭な思想の人のみ楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現場で奮闘する人々」には頭が下がるが、遠くで批判には反吐が出る。

災害時の初動に対する批判もあるだろうし、その後の復旧に対しても要望がある のだが、これに乗じての「批判のみの集団」というのは、なんとも醜いものである。 検証をしてみれば、「こうしておけば、被害も少なく」という、タラレバもあるのだが、先を見通せない 人々が暮らす地では、先の予測を見通して「警鐘」をならす税金の使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和の特効薬、no9

報道で知る「デザイン模倣」みたいなものを見ると、その主義主張も胡散臭く思える のだが、それでも運動をする人にとっては、誇らしいデザインなのか・・・。 このデザインのものだが、国内的にはぎりセーフとしても、どこからかの流用だったら、その他の人 は「パクリ・デザイン」として認識してしまうかもだが・・・。 そこらはメデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かつて耐震偽造で逮捕された人がいて、倒産した会社があった。そこには異常なメディアの存在が・・・。

危険を指摘されたのに、なんら対策を怠れば、行政の怠慢であり責任問題として 刑事罰も視野にした施行業者と行政の検証は必須のものと・・・。 何よりの「写真」の存在が、建築基準法違反であれば、発注者・施工業者の追求は必須ものだが、 それを回避したいのか、地元選出の国会議員は追及に言及でなく「与野党関係なくウンタラ」っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歪みきった権利意識、理不尽さが反撃に遭い、社会が正されていく

戦争を美化する日の丸や君が代を肯定するな!中韓を批判するな!在日韓国人やマイノリティの 人権を守れ!「デジタル似非同和」がポリティカル・コレクトネスの「選民意識」を誇示すれば、 いつしか大衆から拒否されて、「嫌われ○○と、同じ運命」と相成って、最後は自業自得と・・・。 ネットでの活動は、流石に一つうまくいったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供を虐待する人、利用する人・・・、どちらも○○の気質か

選挙態勢によっては、違反行為であってもやってしまうことに、年端のいかない 子供の利用があるようで・・・、方や虐待や殺されるされる子供も・・・。 拉致被害の多かった地方で、変態が辞職して選挙が行われたが、そこに応援に入った人は、 その地方の経済やらは、全く興味もなく「中央政権の誹謗・中傷」に傾注して、まして年端もいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「老害」ジャーナリストの性根が女性に伝播した結果、無謀な突破力という活動家並みの操作加担

メディアの劣化加減が「簡単に印象操作やらフェイク」と即座にバレてしまい、その上 「老害」と化している高齢者の「昔取った杵柄」でのみの発言の様は、公器としての役割 を自ら放棄しているとしか思えない。 この画像は「日本放送協会」の番組キャラのものだが、ここでも「あからさまなインチキ」を 堂々披露して、即座に「嘘八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定野党は、どこを向いて政治を行っているのだろう

折角の「メディアの忖度」にも関わらず,特定野党の支持も上がらず、 内閣支持率が上がってきてと、思惑外れの特定野党の焦りの表れのような 街頭パフォーマンスも、まして恫喝の国会質疑では、国民の見る目は厳しさを 増すことはあれ、賛同を示す行動様式は一部の特定アジアににじり寄る人々 位のものである。 メディアの「報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアと野党のコラボ、見窄らしさ問題提議に国民うんざり

メディアの忖度加減が、国民も広く知れ渡って、どんどん信頼度が落ちいている。 ただ「空気読めず」のメディアの頑迷さは、「何でもないこと」を殊更声高に叫ぶも、 国民から冷笑される一方という「痛い存在」に成り下がった・・・。 特定の小規模団体の行動様式を大々的に広めても、その根底のものが簡単にネットに晒されて、 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more